サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

なんでも相談室3【感想?】質問の嵐!

第三回、金管なんでも相談室を開催しました。

 

1,2回とはまた違った雰囲気でとても良かったです!

3名の方にご参加頂いたのですが、3名とも女性でバックの5Cをお使いだったので面白かったですね笑

 

今回は当日の様子を軽くご紹介。

 

第1、2回の様子はこちら 

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

 

  目次

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

 

マウスピース選び

講習会のあとは自然と楽器屋さんに足を運びマウスピースを吹くという流れになるのですが、今回は開催時間が遅かったので難しいと思っていました。

 

でも「マウスピースが合っているのかが分からない、見て欲しい」という希望がありましたので、お二人のマウスピース試奏にお付き合いする事に。

 

7Cは吹けない!

一人目の方は中学校から楽器を始められ、途中ホルンからトランペットに移行された方でした。一般楽団で演奏されているとの事。

 

使用されているのはバックの5Cでしたが「顧問の先生が5Cが好きだったので皆5Cだったんです。」との事。顧問が生徒のマウスピースを制限してしまう事がよくありますが、時に好ましくない結果になる事が多いです。

 

まずリムサイズが合っているのか確認するため、バックの3C、6C、7C、10-1/2Cを型番を見せずに吹いてもらう事に。凄く面白かったのですが、7Cを口に当てた瞬間シブい顔をされて、吹いている最終も不満気な様子・・・(笑)10-1/2Cの音は良いけど少し小さい、6Cは吹きずらい、7Cは無理~という感じに。

 

これ7Cなんですよとお伝えすると「昔は7Cを使用していたのですが『トランペットのマウスピースはなんでこんなに痛いんだろう』ってずっと思っていたんです!」「学校の備品に7Cしかなくて、本番直前だったのですが5Cを吹いたら痛くなかったので7Cでなければ何でも良いと思って変えました!」との事。

 

好みや相性もあるんでしょうが、初心者向けマウスピースの称号は10-1/2C、5C、3C辺りに付けてあげたいです。 

tokuya-tp.hatenablog.com

 

3Cが吹きやすいという事になり(僕が聞いても一番吹きやすそうでした)リムサイズは3Cに決まりました。次に3Cサイズの中でいくつか出して頂くとシャイアーズの3Cが気になるという事に。

 

僕も吹いてみましたがバックの3Cは「ここに吹いてください」と要求される・ガイドが付いている感じなのに対し、シャイアーズは凄く自由度の高いマウスピースでした。ある意味上級者向けなのかもしれません。色々悩みましたがリムサイズを変更したばかりという事もあり、まずは普通のバック3Cに決まりました。

 

何名かの方のマウスピース試奏におじゃますると皆さんシャイアーズのマウスピースが良いってなるんですよね。10-1/2Cサイズも出してほしいなあ。

 

 

小さいマウスピースが合っていた

二人目の方は大学生の方で、吹奏楽とビッグバンドサークルに所属されています。

 

吹奏楽では5C、ビッグバンドではリード向けのマウスピース(リムサイズは7C相当)を使用しているが、どうなのだろう?という事でした。その使い分けはとても良いと思いました、リムサイズも極端に違わないのでスムーズだと思われます。

 

気になったのは唇に対してマウスピースの位置が低いという事。僕もそうなのですが、このタイプの方は小さいマウスピースが合っていたりするんです。力強い音が吹ける人が多いと言われています。

 

例のごとく3C~10-1/2Cまで吹いてもらうと思った通り、10-1/2Cが好印象でした。

10-1/2Cサイズで幾つか出すとフラットリムよりラウンド気味のリムが好きな印象。今度また機会があればジョイブラスに行く事になりました。

 

まずは吹奏楽、ビッグバンド関係なく小さめのマウスピースに慣れて、慣れてきたら吹奏楽を吹くときに少し大きくしたり深くしたり、必要に応じて変えても良いかなと思います。

 

 

講習会の様子

f:id:tokuya-tp:20170910220355j:image

実は今までの感想は録音を聞きつつ、当日の状況をなるべく正確にお伝えしようと書いていました。今回は時日にちが開いたしやる気出ないので記憶を頼りに。

 

まず、みなさんがバックの5Cを使っていたという事に笑いが起こり、3人目の方も「私も見て欲しかったです!」と。レッスンや講習会の前後でタイミングが合えばいつでもどうぞ!

 

前回、前々回は一人ずつミニレッスン形式でしたが、今回は質問の内容が共通していたのもあり解説の時間が多かったです。さらに1人の方の質問が凄く、今までのレッスンで一番語ったかもしれません。このくらい吸収するぞ!学びたいぞ!って姿勢は嬉しいですね。

 

 

2017/09/17追記

この参加者さんは楽器演奏をすると頭が痛くなる!とお悩みでしたが、後日「頭が痛くなる事もなくなりました」とメッセージをいただきました^^

 

 

また、練習におけるモチベーションやメンタルの話もしました。

 

 

次回のお知らせ

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

Tさんの感想、アンケート

一般団体所属 女性(20代)

トランペット 楽器歴10年以上

吹奏楽

 

普段の悩みとして

「音域が狭いためなのか、自分が出来るパートが少ないので、もっと色々と出来るようになりたい。 1曲吹き切れるようなスタミナがほしい。 音が当たらなくて焦りを感じてしまう。

 

今回参加して学んだ事

「レッスンを受けてみて、息で楽器を鳴らすということを改めて理解した。
音が出なくて焦ることもあるけど、まずはきちんとした呼吸をすることを心がけることで楽に吹けるようになるのではないかと感じた。」

 

普段の悩みについては「体を固くしないように気を付けられるようになった。 息を吐くときのお腹の動き方を意識できるようになった。

 

このレッスンを「気負わず楽しく楽器を吹きたい人に勧めたい。」

 

サトウトクヤってどんな人でした?

「些細なことも含めて、どんな悩みでも気さくに聞いてくださる方だった。」

 

Oさんの感想、アンケート

大学サークル 女性(10代)

トランペット 楽器歴8年

吹奏楽・ビッグバンド

 

普段の悩みとして

「安定しない あがり症 吹奏楽とビッグバンドの両立は可能か?」などがありました。

 

今回参加して学んだ事

息を吸ったり吐いたりする時の筋肉の使い方がわかってよかった。お腹の横から吐き、最後背中で吐ききることを意識したら自然に息が入ってきて今まで吐ききれていないと感じた。

色々な大きさのマッピを吹いて自分の合うサイズがわかったと共になぜ今までのが微妙に合わなかったのかがわかった。(大きすぎて息が漏れる、それを直そうと無理やり吹く)

 

普段の悩みについては

まだ変化を感じとれていないです...。でも今日の本番でいつもよりも息を吸える回数は増えました。

体の使い方に意識を向けることで緊張の軽減できたり、具体的にイメージ出来るかなと思いました。

マッピ選びの方は合うリム内径がわかったので楽器屋さんに行く時役立つと思いました。

 

このレッスンを「友達や先輩 学指揮やコンマス 昔の自分」に勧めたいです。

 

サトウトクヤってどんな人でした?

「とても接しやすかったです。また、私からも多く質問したのですがトクヤさんからも多く質問してくださり余計接しやすかったです。

ツイッターやブログとの差はそこまでなかったと思います。

 

アンケートを読むと、まだまだ伝え方に改善の余地があるなぁと、ありすぎるなぁと思いました。

解説が多くなったので、ホワイトボードに大事なポイントを書いたのですが、やはり身体の使い方、筋肉の使い方に目がいってしまうようです。

 

身体は意識するだけです、意識すれば変わります。腹筋や背筋はその結果「使えていると」いう実感がわきます。使おうと思って使うものではありません。(慣れてくれば使おうと思って使えると思いますが)

 

 

たくさんお話しましたが知識はたくさんあっても、知恵として身に付けるには考えることと時間が必要ですね。今回に限らず普段のレッスンにおいてもそうです。知識をどうすれば知恵として落とし込めるか。考える必要があります。時間も実用ですね。

 

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

 

tokuya-tp.hatenablog.com

www.reservestock.j最近メルマガ配信してませんが、ごくごくごくごくたまにお得情報が行きます。

実はメルマガ割なんてのもありました。