サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

なんでも相談室2【感想4】「ハイGの壁」

第二回、金管なんでも相談室を開催しました。

 

その時の様子をシェアしてきましたが、今回で最後です。

今回の内容は少し踏み込んでる内容です、でも意識する事は中低音も同じ。

 

第1回の様子はこちら

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

 

  目次

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

 

 

ハイG、Aの壁

ビッグバンドなどで活動されているTさん、詳しくお聞きしなかったのですが学校(中学?高校?)で指導もされているそうです。

 

ソまでなら問題無く出るんですがラがほとんで出ない壁があるみたいに音が出ない。」「余裕を持って出せるようになりたい」

 

僕もこの辺りの音域をウロウロしています。

なのでまずは自分の体験談をお伝えしました。

 

簡単に書くと

・僕も昔ハイA(実音G)から上が全然出なかった

・今のやり方じゃ無理だと思い、吹き方を変えた

・ハイAのツボは狭いので先にダブルハイCを目指す

 

特にハイAに壁を感じている方は、今の吹き方を見直す、手放す、新しい吹き方を採用する必要があります。ごく稀にそのまま上がれるようになる人達もいますが。

 

 

どの音域にも対応できる息

ブレスについて実演・説明しつつ、ローCから上のGまで、1オクターブ半のリップスラーを吹いてもらいました。

 

僕も昔は実音ハイFまでが限界だったのですが、吹き方を変え上達していくと今まで狭い範囲でしか身体を使えていなかった事に気付きました。

 

高い音ばかり吹いていると急に低音は吹けないとか、低音から急な高音への跳躍が苦手だとか・・・そういう話を良く聞きます。今吹いている音とそれに近い音域にしか対応できない息の使い方。

 

そうではなく、常にどの音域にも対応できる息で吹く必要がある。身体全部を使って吹く吹き方。吹き方を変えようと思ってからは、これを意識して身につけて行きました。リップスラーはそれを観察するのに便利なので吹いてもらっただけで、練習は何をするにしても必要な事は同じような気がします。

 

息の使い方も説明しつつ、試しに実演して吹いてみたらこの時はダブルハイEまで出ました。うーん、緊張しました(^^;)こういう時にATは助けてくれますね。

 

 

f:id:tokuya-tp:20170817030518j:image

ダブルハイC吹けちゃった

今度はTさんにリップスラーをして頂き、そのままハイノートにチャレンジしてもらう事に。

 

結果、コンスタントに吹けるハイGまで(一瞬ハイA)まで吹かれました。時間が来たのでそこで終了。

 

終了後に何名か質問を頂き、呼吸についてや「自分に合っているマウスピースが欲しい」なんて話になったので「せっかくならマウスピース試奏しつつお話しましょう」と楽器屋へ。

 

試奏していたらなんとTさんがダブルハイCまで吹けてしまっていました!

 

これには驚きました・・・。講習会でコツを掴まれたのでしょうかね!久しぶりに上級者の方にレッスンさせて頂いたのですが、少しでもお役に立てたようで良かったです。

 

講習会中、Tさんが楽器を吹いた時間は参加者の中で一番短く、僕の話の方が長かったと思います。ですが、もしかすると参加者の中で一番、たくさんの事を学ばれていたのかもしれません。

 

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

Tさんの感想、アンケート

部活動顧問 男性(40代)

トランペット 楽器歴30年

ビッグバンド

 

普段の悩みとして「特に吹けなくて困っているとか、バテて吹けなくなるといった事はないですが、音域的にも体力的にも、もっと余裕を持って最後まで吹ききれるようにする為に、スキルアップをしたいと思っています。」

 

今回参加して学んだ事

「hiGからdouble hiCに上がる息の勢いの付け方。

息の吸い方などは知ってはいたけど、普段無意識にやっていて、最近はそこまで意識していなかったので、再確認ができたのは良かった。

マウスピースを当てている角度と歯並びは、気にした事がなかったが、実際に歯に当てて確認してみると、たしかにその通りになっているなーと思いました。」

 

普段の悩みについては「直後に楽器屋で試奏しながら吹いてみたら、いつもはhiGから上はほぼ全く上がらないのに、意外と簡単に上がれた事にびっくりしました。

コツを覚えるまでMFのマウスピースでじっくりやっていこうと思います。」

 

「学生など、身近にちゃんと教えられる人がいないせいで奏法に問題を抱えている子っていると思うので、そういう子には特にオススメしたいですね!」

 

サトウトクヤってどんな人でした?

吹奏楽関係の講師など、奏法を感覚だけでしか伝えられない講師が、特に日本は多い気がするので、奏法で苦労する学生が多いのかなと思っています。

ですので、技術的な部分を体験談も踏まえてちゃんと掘り下げて説明されていて、日々色々と試行錯誤されつつトランペットと向きあってるんだなと感じました。」

 

 

参加された皆さんにはお伝えしましたが、高音への息の勢いの付け方は、慣れてくると普通に吹けるようになるので最終的に必要なくなります。

 

息の吸い方などについては他の方のレッスン中に説明しましたが、グループレッスンでは他の方のレッスンからも学べるので良いですね!サトウトクヤのグループレッスンを受けられるのはここだけ!(ご依頼いただければどこへでも・・・!)

 

歯並びとマウスピースの位置・角度の内容はこれです。歯並びが関係ないなら皆マウスピースを真ん中に当てて吹けるはずですが、そうではないですよね。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

Tさんはここのブログ記事を幾つか参考にして下さっていて(ありがとうございます!)、MFのマウスピースも試されていました。リップスラータンギングでの練習でまた学びがあると思います。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

なぜ吹けなくなったのか?から始まり、色々試行錯誤しているので感覚だけではなく掘り下げて説明出来る様になってきたと自分でも思います。ただ、一度噛み砕いて理解した事柄に限ります。新しい事は自分の言葉にするのに時間がかかってしましますね。

 

あと、最近色々実験し過ぎて変なところで不調に陥ります・・・(笑)

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com

www.reservestock.j最近メルマガ配信してませんが、ごくごくごくごくたまにお得情報が行きます。

実はメルマガ割なんてのもありました。