サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

ATと体の事WS2015 体験レッスン2「前歯を揃えようとアゴを前に突き出すと痛くなるので直しています。」

ワークショップでの体験レッスンその2

ATを共に学び、吹奏楽部で顧問をされているオノレイさんとのレッスン。

rapparapa.at.webry.info

 

前歯を揃えようとしてアゴが痛くなっていたのを直している。楽器の角度も気になる。

前に楽器の角度を「こうやったら上手くいくな」って感覚があったんですが、ある日バジルさんに「逆の角度でやってみたら?」と言われたら上手く行った事があったんです。

アゴの辺りの動きが自分の中で習慣化されているなって感じているところがあります。

 

トランペットのレッスンでアゴの話を言われた時に、無意識に前歯を揃えるためにアゴを相当前に出していると指摘を受けました。

間接がミシミシ言い初めて、奥歯も噛み絞められなくなって・・・

それを今直してるんですが、直しつつ楽器の角度が分からなくなってしまったので、その辺りを見て欲しいです。

 

 

アゴと角度ですね。では試しに何か吹いてもらっていいですか?

(2オクターブほど吹いてもらいました)

 

構える時に何か考えていた事ありますか?アゴについてとか。

 「アゴを前に出さないように、アゴ痛くならないようにとは考えていました。」

 

僕も良くあるのですが、「~~しないように」という指示を自分に出している時は、たいてい上手く行かなかったりするんですよね(^^;)

 

 

試しに、マウスピースのプレスの方向を右斜め前から左後ろに向けてかけるとどうでしょう?

当てる時はいつも通り真っすぐ構えるんですけど、プレスの方向のイメージだけ右斜めで、吹いてみてください。

 

音が太く、音量も増して吹けてしまいました。

 

 

凄い違う、今までと違う、違う(笑)、違う感覚だけど、下唇にあまり負担がかかっていないなって感じです。ただ感覚が違い過ぎてコントロール出来ない感じも。」

 

見た目の違いとしては、上下にバランス良くプレスされているように見えましたよ

 

アレクサンダー・テクニークのレッスンを受けると、普段の習慣やクセが起きにくくなるのですが、その習慣やクセに含まれる力みや安定感といった感覚も得られなくなる事があります。

するとその力みが無いので「今凄くフワフワ、フラフラしてる。違和感がある、不安定だ!」といった評価をしてしまうのですが、普段からやり過ぎている事が多いんですね。

 

 

1回目は下唇メインにプレスされているように見受けられたのですが、何か思う点はありますか?

下メインは無意識の時に起こる現象ですね。ずっと吹いてると下唇がヒリヒリして下からバテる感じです。」

 

一回目はアゴを意識されていたのか下メインで当てられていました。

下は良いのですけど、上唇が、特に左奥への密着が足りてなくて吹き始められたように見えました

なので先ほどのアドバイスでしたが、僕には安定してるように見えましたよ。

 

 

 

ちなみにアゴを前に出す出さないの意識はありましたか?

今はあまり考えていませんでした

 「自分の中では下(唇)が浮いてるように感じます(笑)」

 

(もしかすると、下アゴを前に出さないようにという意識から、無意識に下唇は引っ込んでいるから下へのプレスを強めようと思い、逆に上唇の密着が弱くなってしまったのかもしれませんね。)

 

必要な事を意識するとアゴの位置や楽器の角度は気にならなくなってしまうんですねー。

 

 

 

引き続きレッスン

構える時に右ヒジがもっと前に行くイメージで吹いてみるとどうでしょう?

 

音に広がりが生まれ、先ほどよりもハイB♭がハッキリと鳴ってくれました。

「吹き易くなった気がします」

本人は「気がする」レベルでしたが、隣の方は大きく頷いていました。

 

 構える時に若干右腕を引き込みつつ構えていた様に見えました。

腕は長い状態のまま、ただヒジ関節で曲がってくれるだけで良いんですね。

 

 

腕を引き込みつつ構えると腕がろっ骨の動きを制限し、呼吸にも影響を与えてしまうので意識して見ると良いと思います。

 

 

 

オノレイさんが書いてくださったワークショップのアンケート

普段の悩みとして「高音がつまる、あごの使い方に悩み、指が回らないなど」がありました。

 

今回WSに参加して「ボディチャンスでの授業の1年分の総復習が出来ました。参加者自身の気付きを大切に、進められているのが勉強になりました。」

 

普段の悩みについては「下唇だけで吹いていたのだなという事がよく分かり、今後の練習の指針が出来ました。」

 

アンブシュアや音域で悩んでいる人、体の痛みを感じている人」にトクヤさんのワークショップ、レッスンを勧めたいです。

 

今後は「いろいろありますが、生徒の悩みなども相談させて頂けたらと思います。」

 

 

 

 

 

ちなみに、年明けの1/11(月・祝)にオノレイさんが横浜で吹奏楽お悩み相談室」を開催されるそうです。現在、申し込み受付中だそうです!

↓↓

1/11(月・祝)、吹奏楽お悩み相談室開催!:とあるラッパ吹きのつぶやき

 

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com