サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

ウォーミングアップは唇をほぐす為じゃない、日常生活から出来る

先日のレッスン中に生徒さんと話した内容が印象に残ったのでシェアします。

 
「ウォーミングアップはただ単に口周りの話じゃなくて、身体の状態を使える状態に持って行くのがウォーミングアップなんじゃないの?と思いました。」
 
僕も演奏に必要な自由さがある状態に持って行くのが目的だと思います。
そしてウォーミングアップは楽器を吹いていない時にも出来ます
 

ウォーミングアップは身体全体のため

楽器演奏されている方に多いのは、普段の姿勢時に少し不自由さがあるのですが、楽器を構えた瞬間に自然にスっと伸びて自由になる人。そして吹けば吹くほど自由になっていく方が多いです。
 
恐らく楽器の鳴りや音色など自分なりのチェック項目があって、それをクリアしていく度に自然に身体が動ける状態になっていく。感覚的に良い音を吹ける状態がこういうものだと気付いているんだと思います。
 
「ウォーミングアップしていないと、最初は良い音出るんだけど段々辛くなってくる」という方は最初は唇が自由な状態なのである程度吹ける(無理出来る)んですが、唇の柔軟さが無くなると身体も動ける状態じゃないので辛くなるんです。
ウォーミングアップを唇をほぐすためのものと考えている人もこうなり易い気がします。
 
 

楽器無しでのウォーミングアップ

楽器を構えると自然な状態になる方は楽器・音を指標にウォーミングアップをされていますが、みんながみんなそうではありません。


そこで普段からアレクサンダー・テクニークを用いてみるとどうでしょう。

普段身体に自由さの少ない人が、例えば楽器が無くとも「頭が動けて身体全部がついてくるのでデスクワークが出来る」と日常生活から身体全体が動ける意識を持っていればウォーミングアップがそこまで必要がなかったりします

 
(逆に普段ガチガチでもウォーミングアップいらないよって方は、そのガチガチの状態のまま演奏スキルを積み重ねているので、アップが無くてもある程度安定するのでは?と思います)
 
 

唇の状態=息の流れ=身体の状態

ここまで来たらあとは逆に唇が振動するかどうかの次元になってくるのではないでしょうか。
 
ATを知らない人には、ウォーミングアップは唇をほぐすためじゃなくて身体全体が大事なんだよ、って伝えれば良いと思います。
そしてATをご存知の方には、日常生活において常にウォーミングアップをされているので、逆にここまできたらあとは唇ぐらいかな?ぐらいの考えでも良さそうです。
 
そしてプロの方は身体(呼吸)についてはもちろん、楽器がなくとも気が付けばフラッタリングやバジングをされたりしているので、音出しが出来ない現場でもすぐに対応出来ているのかもしれませんね。
 
 

調子が悪い=唇の状態が悪い、だけじゃない

どうしてもアレクサンダー・テクニークなど知らない方からすれば、調子が悪いと「唇の状態が・・・」なんて思い易いですが、身体がついてきてないんですね。
 
唇の状態は息によって左右されます、その音に必要な息が流れていなければ唇が頑張らなくてはいけないので振動し難くなる。そして息が流れてないという事は身体に自由さがないんです。
 
生徒さんからも「唇調子悪いなぁって時は、身体の事を考えた方がいいかもしれませんね。」「大きな発見だ、今まで気にしていなかった。」と感想を頂きました。
 
 
 
そして、例え音出しの時間が取れなかったとしても、合奏中に吹きながら丁寧に観察していけば身体は自由に動ける状態へ向かって行きます。
ウォーミングアップなんていらないという人は普段から意識されていたり、合奏中無意識にこれをされているのかもしれません。
 
なので、ウォーミングアップと練習を分ける必要もなく、1つの音楽、演奏だと思うのが良いんですね。