サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

初心者向けのマウスピース。トランペットビギナーはこれから選べ!

真夜中に書いたので深夜のテンションで、少しアレなブログっぽいタイトルにしてみました。

 

もちろんこの通りにする必要はないのですが、やっぱり中高生のマウスピース選びって顧問なり外部指導者なりの、古い伝統や考えに囚われすぎているような気がするので書いてみます。

 

安いのでとりあえずヤマハとバックから選びました。

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

 

 

ヤマハは○○B4を選べ

国内最大手の楽器メーカーであるヤマハ

学校の備品は基本ヤマハの楽器、マウスピースである事が多いです。古い奴ではヤマハ11とか11Bなんてのもあるかも?でもあまり覚えてないので触れません。

 

マウスピースにはそれぞれモデル名が刻印されていますが、個人的に勧めたいのは「○○B4」の刻印のあるマウスピースです。

 

○○は数値でリムサイズ、内径なので好きなのを。Bカップはやや浅めのカップブレスが育っていない初心者の助けになります。4リムはフラット気味のリムで口当たりも良く、唇が痛くなるのを和らげます

 

具体的には

7B4、11B4、13B4、14B4、15B4

 

 

唇の厚いor歯が大きい、出ている人には大きいマウスピースが良いと言われていますが、大き過ぎると唇をだらしなく使ってしまうクセがついて逆に良くないと思います。リップコントロールを養うためにもこの辺りのサイズを使うのをおススメします。大きい方が音が出し易いですし粘膜奏法回避に良いとも言われていますが、なる人はどのマウスピースでも粘膜奏法になります。

 

どうしても使えないのなら15B4を。可能性を狭める事は書きたくないのですが、それでも17B4は初心者には大きい気がします。7B4は他のに比べスロートが1サイズ太いですが支障はないでしょう(7B4は#26相当、他のは#27相当)。

 

あまりいないと思いますが、7B4でも大きいと感じる場合は・・・浅いですが6A4aという選択肢もあります。ただ、流石に吹奏楽の指導者に嫌な顔をされそうのでバックの10-1/2Cを試してみてください。6B4があれば良いのですけどね。

 

 

日本はどうも一部ヤマハよりバックが凄いっていう考えがあり「11B4は初心者用だからバックのマウスピースに変えたい!」ってイメージだけで変えたがる人もいますが正直愚行だと思います。学校によっては「バックの7C、5C、3Cしか認めない」学校もあるようです・・・。もちろん吹き易ければ問題はありませんが。個人的に14B4は良く出来ているマウスピースだと思います。

 

 

バックはこの4種類をまず吹け

アメリカの老舗メーカー、トランペット=バックとまで言われていますね。

ヤマハのマウスピース同様、安価で普及率も高く学校の楽器ケースの中に良くあります。

 

おススメはこの4種類。

3C、5C、6C、10-1/2C

 

 

特に10-1/2Cはイチオシです。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

何度かレッスンを受けてくれていた生徒さんに「初心者には10-1/2Cも選択肢に入れてあげて欲しい」と話していたのですが、生徒さんの生徒さん(中学生かな?)にもその話をしてくれたそうです。

後日、その学生さんがマウスピースを選ぶ時に10-1/2Cも候補に入れていたようで、一通り吹いた結果10-1/2Cを購入したんだそうです。この話がなければ選択肢にすら入らなかったかもしれませんね。

 

歯並び、唇的に合うなら5C、3Cも良いですね。マウスピース選びは3Cに始まり3Cに終わるなんて言いますし。とあるマイスターは昔「バックの5Cが吹け無かったらその人はトランペットに・・・」いや、何でもないです。

 

千葉県の京成酒々井駅にあるマール・ミュージックさんでは吹奏楽部の中学生、高校生が 最初に使うマウスピースはこれで!」とバック7Cでなくバック5Cを勧めています。近くなのにまだお邪魔した事はないのですが、楽天ショップやブログを読む限り凄く良いお店だなというのが伝わってきます。一度行ってみたいですね。

www.rakuten.co.jp

 

 

6Cも良いのですが取り扱っているお店が少ないのと他の3本に比べやや深いので、5Cと10-1/2Cが合わない場合はヤマハの11B4を選ぶと良いかもしれません。でもアメリカでは5Cより6Cの方がメジャーなんだそうです。ボブ・リーブスのクラシカルラインに5Cが無く6Cがあるのはそういう理由からなんです。

 

3Cでも小さい場合は2Cか1-1/4Cでしょうか、でも頑張って3C吹いて欲しいです。逆に10-1/2Cも大きく感じるなら12Cですけどまずいないと思います。

 

 

ヤマハ○○C4は?バックの○Bのマウスピースは?

f:id:tokuya-tp:20170615041525j:plain

吹奏楽ではヤマハの14C4やバックの5B、3Bといったやや深めのマウスピースを使っている人も多いです。

 

カップが深い方が深みのある音になりますからね。でもその良い音でどの音域も均一に吹けますか?合奏や演奏会でバテても吹き切れますか?

 

良くあるのが試奏室でほんの少ししか吹かずに「良い音だ」と大きく深いマウスピースを選びor選定されるケース。高い音になると窮屈な音になったり、練習で1時間もしないうちに良い音で吹けなくなる。音域は狭まり苦しくなり、過剰なプレス地獄。

 

もちろん初心者のうちから深いマウスピースを選ぶ人は少ないと思いますが、2年目、3年目でも早い様な気がします。最後までバテずに音質も損なわず楽しく演奏出来た方が良いと思うのですがどうでしょうか。

 

 

なんで7Cが初心者向けマウスピースなの?

個人的に初心者には吹かせたくないマウスピースです。個人的にですよ。

バック7Cヤマハ11や11B4と並ぶ初心者向け、初心者用マウスピースとして有名です。でも僕はそう思えません。

 

バテ易い、唇や歯がすぐ痛くなるって人バックの7C使ってませんか?

(アルティザン7Cは吹いた事ありませんが、これは良いのかも?)

 

 

まずリムが鋭すぎます。

口に突き刺さるような口当たりです。普通に吹いただけで違和感があります。初心者は良いプレス加減を知りませんからついついマウスピースを押しつけ過ぎて吹いてしまう事が多いです。ですが7Cのリムだと適切なプレス加減でも痛く感じる場合があります。すると今度はプレスが足りなくなり、逆に演奏が困難になります。

 

カップも深めなのでブレスの育ってない初心者には扱いにくいと思います。長時間吹かされると身体がバテてきますからすぐに唇を締めたりプレスして演奏し始めます。すると上に書いたようにリムが痛いので大変です。

 

久しぶりに吹いてみましたが、11B4の方が良いと思います。個人的にですよ。もちろん口当たりが良いとか、何回吹いても他のマウスピースより吹き易ければいいと思います!

 

これ、昔書いた記事なんですがほとんど同じ事が書いてあります。面白いなぁ。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

確かにバックの7番サイズ初心者に勧めやすいサイズ感です。

 

(ここからは昔ネットやら雑誌で読んだ情報を元に書きます。)

大昔は付属のマウスピースといったら10番か7番くらいだったそうです。でもバックのトランペットには付属のマウスピースなんてものは無く、購入者が好きなマウスピースをその場で選んで買って行っていたそうです。

 

そのうち大量生産されるようになり、昔から選ばれていた7番サイズのマウスピースをとりあえず付けるようになったそうな。それがたまたまバックでは7Cだっただけで、7C=初心者用と言う訳では無い様な気がします。でも未だにバックの付属は7Cですね、10-1/2Cか5Cを付ければ良いのに。

 

もちろん、7Cが良いという可能性もあるので試奏時に一緒に出してもいいかもしれませんし、今後考えが変わるかもしれません、

 

 

バックの1-1/2Cは?

オーケストラで吹くんじゃないのだから、初心者にこんなバカでかいマウスピースを吹かせる事自体疑問です。(こういう理由があって吹かせてますってのあれば教えてください。)登山用の靴で100mダッシュさせるようなものでは。

 

(これもネットの情報ですが)

オーケストラの1st=バック1-1/2Cというのも、昔来日したハーセスが使っていたから「オーケストラの1stは大音量で吹くために大きいマウスピースが良いんだ!」と誤解し広まった考えだそうです。

 

でもハーセス本来のサイズは7番くらいで、事故で唇を怪我したから傷に触れない大きいマウスピースを吹いていただけなんだとか。もちろん1番リムで深さの違うマウスピースを数種類持っていたという情報もありますが、曲によって7番サイズのマウスピースもしようしていたそうです。吹奏楽は色んなジャンルを演奏するのですから、使い分けしても良いと思います。

 

個人的に3Cよりも大きいマウスピースじゃないと吹けないというのは何か違う気がします。この記事は浅さについてですが、リムサイズにも言えると思います。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

 

初心者はマウスピースを実際に吹かないと分からないと思うので、買うなら楽器屋に行ってちゃんと試奏して買ってくださいね。アレン・ヴィズッティは「可能な限り小さいマウスピースを」と言っていますし。

 

 

僕、楽器屋巡りが好きなので、マウスピース選びで迷ってる方はご一緒しましょ。

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com

www.reservestock.j最近メルマガ配信してませんが、ごくごくごくごくたまにお得情報が行きます。

※現在「2017年6/25金管何でも相談会」のお知らせ中(バックナンバーにて)残り2名様。