サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

低音で下唇が出そうになります→出してみたら?

先日レッスン中にトランペットの生徒さんから相談されました。

 

「下のドやその下を吹いているとマウスピースから下唇が出そうになるんです。」

 

金管において下唇は支えとか、振動はしないけど共鳴していると言いますよね。最初から下唇がハミ出ているなら別として、ダブルペダルの超低音域ではマウスピースから出るかもしれませんがローCで出るのは早すぎる気もします。

 

 

 Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」はこちら

無料メルマガはこちらから(レッスン割引のご案内などさせて頂く予定です。)

 

必要な動きかどうかをアレクサンダー・テクニークで判断

ですが個人差もあるだろうと考え「試しに下唇が出てもいいと思って吹いてみたら?」と提案しました。

 

すると!音が安定しませんでした…

より不安定になりました。

 

とりあえずその時は手で触れてアレクサンダー・テクニークを使ってもらったところ、下唇がはみ出そうになる事はありませんでした。

 

この事から、この生徒さんにとってローCの段階でマウスピースから下唇がはみ出るのは必要ない。という事が分かりました。

 

 

ブレス時はアンブシュアをリセットする

後日、レッスンでその事について尋ねてみると頻度は減ったがたまに起きるとの事。

 

レッスン中、何回か低音を吹いてもらうも下唇がはみ出そうな感覚にはならないとの事。その後も注意深く観察していると、ブレス時に唇と鼻の間に一瞬線が入ったように感じました。シワが出来たとかではなく、光の線がチラッと走ったような…

 

そしたらその直後に「マウスピースから唇がはみ出そうになりました」と生徒さん。

 

唇と鼻の間から頰っぺたにかけて光の線のようなものが見えたんだよね〜と伝えると「最近は唇よりも鼻の間から頬にかけて疲れるんですよ」との事。

 

何かあるなと思い「試しに唇周りの筋肉が前に行っても良い」と思いながら吹いてもらいました。すると響きが増えはみ出そうになる事はなくなりました。

 

こちらの記事に詳しく書いてあります

tokuya-tp.hatenablog.com

 

音域によって楽器の角度が変わっても良い

「最近は下唇がはみ出そうになったり、ドッペルになり易いんですよ」「アゴが動けると思うと改善されるんですが、なる時はなります」との事。

 

そこで何階か音階を吹いてもらうと、音域に合わせてアゴは動いているんですが楽器が動かず、首で楽器との角度を調節していました。

 

前回のように手でガイドしてアレクサンダー・テクニークを使ってもらおうと思ったのですが、今日は「頭が動けて体全部が付いてくるので、楽器が動いても良いので吹く」と思いながら吹いてみて、と言葉でガイドする事に。

 

 

すると!倍音が増え明るく音が太くなりました!!

 

さらに、レッスンの前半に音階を吹いてもらった時は音にバラツキがあったのですが、均一になりました。そしてマウスピースから下唇が出そうになる事もなくなりました

 

 

必要な動きが無いと唇で何かしてしまう

「楽器が動いても良い」は音域によって楽器の角度が変わる事を狙って言いました。

音域によってアゴの開きが変わるので、これによって唇のハリもその音に合うハリ具合になっているのではと考えます。

 

「ブレス時に唇を前に出す(アンブシュアをリセットする)」も唇の緊張をやめてもらう事でどの音にも対応できる柔軟性を得る為です。

 

どちらもその音に必要な唇のハリになるための下準備です。ですが、もし出したい音に必要な動き、今回の場合唇のハリの状態が得られなかったらどうなるか。

 

そのハリを得ようと唇が頑張ってしまい、不必要な動作をしてしまう。その結果唇が力んでしまったり、ドッペルトーン(ダブルバズ)になったり、下唇が出てしまうなんて事になってしまうのではないか、と。

 

あくまで今回のレッスンを元に考えた事なので全員に当てはまるとは限りませんが、試してみる価値はありそうです。

 

 

 

今週末、残り1枠です!

tokuya-tp.hatenablog.com

 

現在メルマガ登録者限定でレッスンキャンペーンのご案内をしています。

www.reservestock.jp