サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

圧を、振動を作りに行けば高音が出せる??

いつぞやのつぶやきのまとめ。

 

調子が良いとのびのびと呼吸が出来て、自覚は無いけど自然と圧も生まれる。唇も楽器と一体化したかのよう、振動や唇自体の感覚も(少)なくなる。

圧も振動も実際には生まれてるけど作りに行く(doingする)と固まる。 作りに行くとやった気になるけどツボにハマらないし、バテ易くなる気がする。

 

吹き込み過ぎると楽器の許容量を超えて跳ね返りで辛いって聞きますが、音を鳴らさず思いっきり吹きこんでもどんどん息入りますよね?

 つまり振動体である唇 に自分で何かしてしまっていると思うんですよ。振動を作ろうと唇を絞め、圧を高めようと身体を緊張させて門を閉ざしている。

 

呼吸筋も大事ですけど、一番はのびのび呼吸が出来れば後は振動も圧もついてくるのでは?と思いました。自然に吸って風船がしぼむ様に吐く。

身体が自然に吸うには過呼吸みたいに「ひゅっ!」って吸うのでなく息を吐くところから、息が入ってきたら圧は自然と身体が作ってくれる。

 

と今日の練習で思いました。ひねり出すダブルCは上下の唇が当たる感触が伝わる=アパチュア狭い、舌もこれ以上上がらないので「あ、息だ」と気付く。ツボ にハマるダブルCはのびのび呼吸によって必要な状態が出来あがってるので楽、余裕をもって舌と股関節への意識が出来る。あと立った方が楽(笑)