サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

「肩を上げるな!」「お腹に息を入れろ!」「たくさん息を吸え」「チェストアップ」について

呼吸する時に「肩を上げるな」というのは、無理に吸いこもうとして緊張した結果肩も上げてしまっているから。 息が入り自然に肩が上がってしまうのはOK

 

「お腹に空気を入れろ」は誤り。肺に空気がたくさん入ると胸腔内の圧力が高まり横隔膜ごと押し下げるので、腹腔内の圧力も高まる。その結果圧力の逃げ場が無いのでお腹が自然に出るだけ。

 自分からお腹を前に出す必要は無いし、この時お腹が緩んでいないと空気は少ししか入らないので前に出ない。脱力できていない人を見て「お腹を出せ!」と言われるようになったのだと思います。吸う時はお腹をゆるめても良いんだなと思う。肺のそこから息を吸いましょう(入れていきましょう)とか言われる事もあります。

背中周りにも意識をやると、背中がゆるみそこにも息が入る感覚がします。

 

逆に吐く時はお腹を絞るようにお腹周りの筋肉を使う、するとウエストは細くなる。

トランペットの場合ハイF(実音)あたりから腕を使い胸郭の圧力を高めるが、吐く時はまずお腹に圧力をかけてから、最後に腕を使う。でないと風船の出口を先に塞ぐようなもので上手くいかない。この時に骨盤底筋を用いて下から支えれば圧力は上に行く。

この時同時に胸郭を押し下げてしまうと体内積が減ってしまうので、いくらお腹で圧力を下からかけても高音に必要な圧力にならない。チェストアップが推奨されている理由の一つだと思われる。

また、チェストアップを保ちながら息を吐き続ければ胸腔内が真空に近付くので、吐くのをやめれば息が大量に入ってくる。(紙パックを息の力だけで吸うと空気を引きこみ元の形に戻ろうとふくらむが、つぶしながら飲むとパックの形は戻らない。)

チェストアップは背骨のカーブが保たれていて、息を吐いた後に息が入ってくれば自然となります。無理に胸を持ち上げたりすると、胸椎のカーブが減少し苦しくなる。アレクサンダー・テクニークを用いて演奏していれば自然とチェストアップになると思います。広い胸、広い背中です。

思うにチェストアップと言われるのは、現代人は頭を押し下げ背骨もグシャっと押し潰している人達が多いためだと思います。出来ている人がさらにやろうとしているケースもあります。

「たくさん息を吸え!」と言われますが既に肺の中にある空気の事を忘れている人が多いです。長いフレーズを吹き切った後と、何小節か休みがあり呼吸が整っている時とでは吸える量が違います。

長いフレーズが控えている場合、直前まで息を吐いておくと残り1小節、1拍で自然にたくさん吸えます。

 

トランペットで高音を吹く動きは全体的に身体(腕やろっ骨)を押し下げる傾向があると思います。それに負けないくらい軸を保ち、前へ上への意識を持つと良いと思います。

メイナード・ファーガソンダブルハイCを吹いた瞬間に身体全体を下へ押し下げる動きをします。しかし、軸はそのままで徐々に身体全体が上へ起きあがってくるのが見られます。この時下半身(骨盤底)からズンと上へ向かうのが見られます。

この時、股関節と骨盤(仙骨)が動けると思うと良いと思います。腰が前にいくというよりは肛門が位置的に前に行くイメージです。