サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

トランペットで倍音を含んだ音を出すためのアイディア

トランペットの高音は魅力的ですが、一生懸命頑張って出しても細くて他の管に消されてしまうようなハイノートでは勿体ないですよね。

 

はじめの頃は、出そうとして唇を横に引いたり、過剰なプレスをする等無理やり出しては結果細くなったり音量が出ない・・・なんて事も多いです。

慣れてくればこの症状は減っていきますが、形になっているのに耳に細く突き刺さるようなハイノートになってしまう事も少なくありません。

 

ハイノートを太くするには色々言われていますが、その中に倍音を多く含ませる」というものがあります。・・・正直、倍音を含ませなきゃと思って練習してきた事が無かったのですが、先日のレッスンで1つアイディアを見つけたのでご紹介します。

 

アレクサンダー・テクニークのレッスンで僕がトランペットを吹いているとクラスメイト(声楽、ピアノ講師)さんから「歌の場合は息への意識は口までで、口から出たら関与しないという考えなんだけど、楽器の場合は息についてどう考えてるの?」と質問されました。

※関与しないという表現だったかどうかはうろ覚えなのですが、大きな声・音を出そうと口の外に出た空気までコントロールしようとする事がありますが、それらを必要以上にやってしまうと身体が緊張してしまう事があるため、このような言い回しをアレクサンダー・テクニークのレッスンでは使います。楽器でいうと楽器に息を吹きこもう!と意識しすぎて口先で演奏してしまうような状態を生んでしまいます。

 

トランペットや吹奏楽器も同じで、吹きこもうとは思わずに息の流れは下から上という事を思って吹いていました。ただ、楽器を自分に含めてはいなかったなと思い直し次のアイディアを試してみました。

 

1、頭が動けて、身体全部がついてきて

2、トランペットのベルの先まで自分の身体だと思いながら

3、それでも息は下から上へ流れ続けるので

4、演奏する事ができる。

 

これをやった瞬間に倍音の成分が増え、太くより華やかでトランペットらしい音になりました。

身体も楽器の一部とはよく言われますが、逆も大事ですね。身体の事勉強してるとどうも身体ばかりに意識がいってしまいますが、大事な楽器の事を意識に含めるのが甘かったようです。もちろん頭が動ける事も忘れずに思ってくださいね。

 

金管はピストンを押して延長した管も含めて、木管は全長だけでなく抑えているトーンホールの位置も意識すると良さそうです。

 

 

以前レッスンで「プリパーソナルスペース」についての話があったのを思い出しました。人は持ったモノを自分の身体の一部だと認識するんだそうです。傘をさしてもぶつからずに感覚を保って人ごみの中を歩けるのはこのプリパーソナルスペースを認識しているおかげなんだそうです。

 

傘の場合は、ぶつからないように傘の大きさを無意識に意識化においていた(言い回しは変ですが)から認識できていたが、今回吹いていた時は腹直筋の動きがどうなっているのか?音に変化があるか?について特に考えていたので楽器の事を忘れてしまっていたようです。

 

こんな簡単に倍音を増やせるのには驚きました、ぜひ試してみてください。