サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

トランペット志望の新入生の皆さんへ

トランペット初心者の皆さんへ アンブシュア

中学、高校、大学(さらには社会人でトランペット1年生?になられる皆さま)とご入学おめでとうございます。トランペットを希望される事を、同じトランペット吹きとして嬉しく思います。

これから部活動等でトランペットを始めるにあたり色々あると思いますが、恐らく最初にある試練(?)は希望する楽器になれるかどうか?なのかな、と思いました。


部員数が少なかったり大学の音楽サークルであれば希望通りの楽器になれると思いますが、強豪校などではいわゆる選別テストがあるそうですね。

聞くところによると唇が薄い、歯が小さい、歯並びが良いというだけで木管志望でもトランペット、ホルンにさせられ、次いでトロンボーン等大きいマウスピースの楽器になる。残った人はそんな理由で他の楽器に決められてしまう・・・なんて事もあるとか??


真偽のほどはさておき、これを読んで「トランペットになれるかな?」と心配された方、ご安心ください。トランペットは向き不向きなく、誰もが楽しく演奏できる楽器です。

 

Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」はこちら

無料メルマガはこちらから(レッスン割引のご案内などさせて頂く予定です。)



「でも皆が唇薄くて歯並びの良い人じゃないと向いてないって言うし・・・」

そんな事ないんです!


僕が実際にお聞きし、体験した出来事なんですが

「唇が厚い人はトランペットに向いている」
僕のトランペット歴は7年ほどしかありません。技術も知識もそれ相応でしかなく発展途上で、昔は薄くて小さな歯の持ち主がトランペットに向いていると信じて疑いませんでした。なので蒲田にある行きつけの楽器屋の店員さんに言われたこの一言が衝撃的でなりませんでした。

「厚い唇は豊かに響くし、良いクッションになる」
楽器だけでなく人生の大先輩が仰るからには間違いは無い・・・・本当に??とても信じられなかったのですが、アドバイスに従い後輩のマウスピースを変えたところ激変!巷で見る「厚い唇の人に向いている」なんてマウスピースの説明文はウソっぱちだ!・・・それまでの固定観念が崩れさりました。

だからといって薄い唇が向かないと決め付ける訳でもありません。一度、定義を保留してみましょう。考えるのは世間的に言われている事、向き不向きetc...ではなくあなたがトランペットを楽しめるかどうか、という事です。


あなたが楽器を吹くのであって、先生や先輩、友達のために吹く訳ではありません。もし最初のテストで希望楽器になれなかったら入部を一旦やめて、練習をして吹けるようになってから入部しても良いんです。


Facebookデビュー?の最初の記事はシンキング系になりました、少なからずある「世の中の常識」にとらわれず、楽しめたら良いなーと思います。

よろしければ今後ともよろしくお願いします。


次回は「初心者こそ最初から楽器を吹かせてもらおう」という記事を書きたいと思います。

 

 

www.reservestock.jp