サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

タンギングに必要な事だけをする

タンギングが苦手で上手くいかないという方へ。

 

タンギングが上手くいかない時、何かが足りていない場合もあると思いますが、不必要な事をしてしまい邪魔をしてしまっている事が多い気がします。

 

タンギングをいくつかに分けて練習すると、自分がしている不必要な事が見えてくると思います。

もしかしたら足りない部分もあるかもしれませんが、タンギングに必要なスキルを分けて考えて段階的に練習して行きたいと思います。

 

Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」はこちら

 

1、マウスピースを密着させる

これは金管楽器の基本、最も大事な動きです。

木管楽器の場合は加える事でしょうか。

 

この時、多少の動きはあると思いますが基本唇は何もしない。

横や縦にギュッとしてアンブシュアを作る必要はありません。

 

必要なのはマウスピースを唇に密着させる事です。

 

 

2、息を流す

音の立ち上がり、粒立ち、舌の動きなど色々試したくなりますが、まずは息が流れていないとそれらは働きません。

 

ここではタンギングをせず、ただ息を流して音にします。

エアタンギングですが、おススメは最初から強く吹かずに優しく息を流す事です。

自然に振動する息の流れはどんなものか、振動を作るのではなく振動と息の関係性に着目します。

 

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

 

3、舌を動かす

息が流れ音になりましたが、まだタンギングはしません。

息は流さず、舌を前後に動かします。

 

舌先より1,2センチ後ろ(or舌先)で上(or下)前歯の付け根あたりに触れます。

触れて、離す。この前後(or上下)の動きだけをシンプルに行います。

 

 

4、Na(La)タンギング

今度は「息を流す」と「舌を動かす」を組み合わせます。

この時「Ta」といったTのタンギングは行わず、軽く触れるだけの「Na(La)」タンギングをします。

 

Tの発音は舌に圧をかけ破裂させる、はじけさせる(語弊があるかもしれませんが)必要があるのですが、「息を流す」と「舌を動かす」動きに「圧をかける」も加えると「力み」もセットでタンギングしてしまう人がいます。

 

なので、まずは「息を流す」と「舌を動かす」の2つだけで練習します。

Naのタンギングは息を区切るだけで音は区切れませんが、音を出しつつ舌を動かす練習になります。

 

好みによってNaやLaを使い分けてみてください。

 

 

5、NaからTaタンギングに切り替える

まだTaタンギングではなく、Naタンギングからスタートします。

ゆっくり「ナーナーナーナー」とタンギングをして、途中で「ナーナーターター」とTタンギングをします。

 

ポイントは息を流し続けている事と、舌に息圧を少しかけて舌を離す。

舌と上前歯の付け根の密着度を高める、も良いと思います。

 

 

6、最初からTタンギング

最後は今までのを1つにまとめます。

最初から1つにして行うと原因が分からず上手くいかない事が多いですが、今まではタンギングをシンプルに分けて行っていたので、力みを伴う事なく練習できていました。

 

不必要な事をせず「息を流す」「舌を動かす」「舌に圧をかける」「上前歯の付け根に密着させる」を練習してきたので、最後にこれらの動きを1度に行います。

 

人によってはシンプルに「舌の裏に息圧をかけて、舌を離すだけ」という人もいらっしゃるかもしれませんが、無意識に何をしているのか?に気付くにはこういった作業も役に立ってくると思います。

 

 

ドラムの人が一度に両手両足を駆使して演奏しているのを見ると凄いなと思うのですが、管楽器も一度にたくさんの事をしているんですよね。

 

 

 

ダブル・トリプルタンギング

続きの記事です。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 1つ前の記事はこちら

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com

 

Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」

https://www.facebook.com/trumpet.alexander.tokuya/

 

tokuya-tp.hatenablog.com