サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

タンギングが苦手になる習慣

前回の記事ではタンギングが上手くいかない理由について書きました。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 
今回はなぜそれが起きるかを幾つか書いていきます。
これらが絶対ではないので正しくは「タンギングが苦手になる可能性のある習慣」ですね。
 

 

1、ブレスでアンブシュアが崩れる

よくトランペットやホルンといった小さいマウスピースの場合、慣れていないとブレスと同時にアンブシュアが崩れ、半開きのままマウスピースを当て吹いてしまう方がいます。
 
この場合息圧が下がらないように唇を自ら閉じるのですが、この閉じ具合の調節が上手くいかず閉じ過ぎて唇の反応を悪くしてしまってる事が多いです。
 
対策としてはマウスピースの再セットのスキルを上げる。マウスピースを当てたまま唇の端で吸えるようにする。余裕があれば鼻で吸う吸ってからマウスピースを当てる。などがあります。
 
唇を半開きにしたアンブシュアが悪いわけではありません、閉じ加減を上手く調節出来てさえいれば大丈夫です。唇が厚い人は逆に崩すと良い場合もあります。
 
 

2、マウスピースプレスが足りない

バテる原因になるからとプレスを避ける方が多いですが、ハードプレスよりもプレスをしないように吹く事の方が上手くいかない事が多いと感じています。
 
マウスピースを唇に触れただけの状態でただ息を吹いてみてください。唇は振動せず音は出ません。次にある程度プレスさせてから息を吹いてみてください。反応の良い唇であれば「息を流すだけ」で振動がスタートします
 
もう一度マウスピースを触れただけの状態でまずは息をただ流して、そのまま音を出そうとして下さい。何をしたら音が出ましたか?唇を固めた時ですよね。
 
つまり、プレスをしなければしないほど唇を固める必要が出てくるのでタンギングに影響が出て、バテやすくもなるのです。
 
プレスすると音が出ないと言う人は、唇を閉じ過ぎています。
 
 

3、アンブシュアを作っている

今では少なくなってきたものの、唇を横に引くとか唇をギュっと固めて吹くといったアンブシュアを作る指導がまだまだあります。
慣れないうちはそのようにして吹いてしまうのも仕方ありませんが、これが習慣になると力みとなってタンギングどころか上達の邪魔をしてしまいます。
 
アンブシュアは作る物ではなく作られるものです。
アンブシュアを作らないと音が出ないという人はプレスが足りません。
 
 

4、その音に必要な息圧が足りてない

タンギングのための息圧というよりも、音そのものに必要な息圧が足りていない場合で2ケースあります。
 
1つは単純にその音を出す圧に達していないケース。
息は流せているのですが、その音に必要な息圧に達していないため、脳が無意識に圧を補おうと唇を固くしてタンギングをします。
 
もう1つは音にする瞬間に息が口まで届いていないケースです。
息が届いていない(息圧が生まれていない)のにタンギングで舌の動きや振動を起こす動きを先行させてしまうと、その音に必要な圧が足りて無いので唇を閉じ過ぎて圧をつろうとします。
 
すると後からやってきた息が唇をこじ開けるようにしてタンギングをしてしまうのです。
 
対策としては、裏拍で吹く事です。
(ン)ター
とイメージ(発音)して吹くと、ンの時に息が口元、舌までやってくるのであとは舌の動きだけで自然にタンギングする事が出来ます。
表で始まるフレーズも頭の中で裏をイメージしてから吹いてみてください。
 
 

5、リップorマウスピースのバズィングを楽器でもしている

ここではバズィングの賛否両論は置いておきます。
ウォーミングアップの時にバズィングを採用されている方の中には、なぜそれをやるのか明確になっていない方が多くいらっしゃいます。
 
僕はほとんどバズィングをしないので詳しくは分かりませんが、もし唇をほぐすとか柔らかくしているとしたら逆効果なのではと感じています。なぜならバズィングをするには楽器を吹く時よりも唇を固くしなくてはいけないからです。
 
真ん中のソを吹きながらマウスピースを引く抜くと息の音だけになり、マウスピースで息の音を鳴らしながら楽器に挿し込むと音になります。
息の音だけの状態でバズィングをするには、ギュっと唇に何らかの操作をしなくてはいけません。そしてそのまま楽器に挿し込むと響かなかったり汚い音や大きな音になったりします。
 
バズィング時と楽器演奏時の振動は違うもので、それをそのまま持ち込んでも良い結果は得られにくいと思います。唇を活性化させるためにウォームアップでマウスピースバズィングをされている方は、それを知っているので吹き方を変えたり、バズィング後は必ず5~10分休んでから楽器を吹く方もいます。
逆に、本当の意味でマウスピースバズィングの良い所を知っている方は正しく理解し、適切な指導の下行っています
 
メリット・デメリットを知らずに「プロの方がやっていたから、進めていたから」と見様見真似でバズィングをして、そのバズィングで楽器を吹くモノだと勘違いしていたら唇の反応が悪くなりタンギングが上手くいかないのも無理ないと思います。
 
 

6、粘膜奏法

唇が裏返っている、リムからハミ出ているアンブシュアの事です。

粘膜奏法 - Google 検索

こちらも賛否両論は置いておきます、個人的には改善を勧めています。
吹奏楽部員に多いのですが、入部して1,2カ月である程度吹かなくてはいけない環境が問題なのかもしれません。
 
この場合、リムに唇を閉じてもらえないので、自分で唇を閉じる作業が必要になります。1番の「アンブシュアが崩れる」のと同じで、閉じるスキルが必要になります。
しかし高音になるにつれかなりの精度を要求されるように感じるので、本当に自分が何をしているのか気付ける人でないと、自由な演奏は難しいように感じます。
 
個人で解決するには観察力と良い耳が必要になってきます、先生についても根気が必要だと思います。ちなみに大きいマウスピースを使えば改善出来るというのは少し違うと思っています。
 
 
 
タンギングが苦手になる習慣について書きました。
次回は「タンギングに必要な事は何か」について書きます。

 

続き

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 
 
 
 

tokuya-tp.hatenablog.com

 

Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」

https://www.facebook.com/trumpet.alexander.tokuya/

 

tokuya-tp.hatenablog.com