サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

スランプの時、昔の感覚を頼っても上手くいかない理由

スランプの時って皆さんどんな事をされていますか?

 

僕が昔音が出ずスランプになった時に良くやっていたのは

ブレスが不十分だからだ、もっと吸おう!」

「沢山吸えた時はろっ骨が拡がって胸が持ち上がっていたから、あの時みたいに拡げて持ち上げよう!」

「音が鳴っている時は背筋が収縮するのを感じられた、それぐらい使おう!」

骨盤はかなり前傾していた、もっと傾けよう!」

などなど・・・色々やっていました。

 

でもこれらをやっても全然改善しないんですよね。それどころかこんなにやってるのに成果が出ないなんて、昔は出来たのに・・・と自暴自棄になったりもしました。

最近になってやっと気付いたのですが、これらは全て上手くいった後に体感した事で、それを吹く前から再現しようとしていたんです。

 

 

感覚を再現しようとしても出来ない

調子良い時は「空気は肺に入る、ろっ骨は拡がり胸が持ち上がる」くらいにしか思っていなかったのに、スランプになった途端あの時はどれくらい持ち上げてたっけ??今調子良くないからきっと全然足りないんだあの時ろっ骨はもっと拡がってた。」と余計な事を考えはじめていました。

 

ろっ骨が自然に拡がり心地良くブレス出来るのは身体がリラックスしているからなのに、その時の感覚を無理に再現しようとして逆に身体が緊張してしまう。頼りにしているのはあいまいな感覚なのにあの感覚が来ないから足りないんだと悪循環に陥っていました。

 

そもそも、感覚というのは何かをやり終えた後にやってくる「結果」なので、演奏前からその感覚を再現するのも無理なんです。

 

 

上手く出来た!もう一度!は上手くいきにくい

同じようについさっきやった事を感覚を頼りにもう一度やるのも難しいとおもいます。何気無く吹いた時の音がとてもよく響いていたり、高い音がするっと出た、もう一度やろうとしても上手くいかないなんて事良くありますよね。

なぜ上手くいかないかというと、これも無理に再現しようと余計な事を考え、手探り状態で身体に変な指令を出したからなんです。

 

アレクサンダー・テクニーク(教師向け)のレッスンを受けていると良く「感覚的評価はあてにならない」と言われる事があります。何かをする過程において感覚に頼って同じように行動するのはとても難しい事なんですね。

 

 

身体は勝手に上手くやってくれる、思考を1割変えるだけでいい

海外のアレクサンダー・テクニーク教師ヴィヴィアンが「人間の行動の90%は無意識下で行われている」という話をしてくれました。人間は意識しなくても歩く、走るといった行動を自然に行う事ができるのに、残りの10%で余計な事(再現しよう、上手くやろう、または失敗が怖い等)を考えたばかりに上手くいかなくなる事が多々あるんです。

意識下におけるのはたった10%なのにそれで上手くやろうとするのは大変そうです。

 

なので、アレクサンダー・テクニークでは90%の方に上手く働いてくれるように10%で出来る事をする、頭を動けるようにしてあげるんですね。現在来日している海外教師のキャシーは頭が動ける事を「お願いする」という表現を良く使っています。

 

頭を動けるようにしてあげると思う事で、余計な事を考えず邪魔する動き(緊張やクセ)をやめて、やりたい事をする。よりシンプルにする事でスランプから脱するヒントが得られるかもしれません。

 

 

Facebookページ

「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」

https://www.facebook.com/trumpet.alexander.tokuya/

 

tokuya-tp.hatenablog.com