サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

ブレスと指揮が合わない・・・この方法でアインザッツ合わせてみませんか?

吹奏楽から室内楽、オーケストラと指揮者、またはリーダーに合わせてブレスを取るのが一般的のようですが、少し違和感を覚えるので違う方法を提案します。

 

アインザッツを合わせるには呼吸を合わせる必要が本当にあるのだろうか。

 

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

 

 

指揮棒が振り上がる瞬間にどれだけ吸えていますか?

一番気になるのはここです。

みなさん、たいして吸えていないんじゃないんでしょうか?

 

一気に吸おうとして固まる

息の音が聞こえるから吸えていると錯覚する

最初のフレーズが辛い

色々不具合が起きていそうです

 

もちろん上手に吸えている人もいますが、もっと楽な吸い方があると思います。

 

 

指揮棒が振り上がる前から吸っておく

これだけです。

 

指揮棒が上がるその一瞬に吸いきろうと思わず、その前からゆっくり吸い始めるんです。その方が力まないしたっぷり吸えます。演奏前から肺の中を空っぽにしていればその一瞬で吸えるかもしれませんが、わざわざやる必要もないかなと。

 

 

それだと呼吸が合わないからアインザッツが合わない?呼吸が合ってても合うとは限らないですし、合わせたいのは呼吸ではなく音だと思うのですが、どうでしょう。

 

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

 

指揮棒に合わせられない?2つの提案

指揮棒に合わせて吸っていた人に提案すると指揮棒に合わせられないと言われます。そこで2つ提案があります。

 

1つは吸い終わったら息を止めて待つのです。

 

指揮者が構えて、演奏者の顔を見渡して、振り下ろす。

であれば、指揮者が構えてからゆっくり吸い始める、見渡している時間が長い指揮者ならその間に吸う。

 

そうすれば指揮棒が振り下ろされるまで1,2秒、そのくらいなら息を止めて待っていられると思います。よく「力むから息を吸ったら止めずにすぐ吹きなさい」って指示がありますが、アレクサンダー・テクニーク的に見ると一瞬で吸いこむ方が力んでる事が多いです、特にブレスが浅い人達。

 

アンサンブルなら目配せをした後に各々が吸い、リーダーが楽器を少し振り上げ降ろす。降ろした時が1拍目になるようにすれば問題ありません。

 

 

もう1つは指揮者に小さく振ってもらう

4拍子の曲なら3拍分ちいさく振ってもらい、その間に吸う。最後の4拍目で振り上げ頭で入る。これならいつ入るかが指揮者も演奏者も共有出来ているのでさきほどのアイディアよりも確実です。

 

アンサンブルの時は足でタップするなり奏者に聴こえるくらいの声量でダブルカウントを取れば良いと思います。「わーん・つーー・ワン、ツー・(スリー、フォーで吸う)/1拍目」

 

ビッグバンドだとドラムがダブルカウント取ってくれるので自由にブレスが取れます。もし緊張して吸えないなら最初に吐いておいて、カウントが始まったら自分の好きなタイミングで吸い始めます。

 

 

音楽的にスタートする

ブレスを合わせるのが大事!って聞きますけど、呼吸よりもリズムを共有出来ていたほうがアインザッツは合うんじゃないでしょうか。

 

指揮棒を振り上げるのって一瞬じゃないですか、その一瞬でリズムやテンポを読みとるよう身構えるよりも、ダブルカウントでメンバーとテンポを共有して入る方が音楽的じゃないですか?

 

もしかしたら凄く変な事言ってるかもしれませんが・・・つっこみお待ちしてます。正直指揮ありの演奏した事ないので。

 

指揮棒に合わせてブレスを取るのが当たり前、と強く思い込み過ぎて苦しくなるのは勿体ないですね。ぜひ色々試してみてください。

 

 

最近ブログを書いていると補足説明的な記事が欲しいなと思って書き始める事が多く、この記事も補足説明を目的に書き始めたのですが1時間ぐらいで書きあげてしまいました。ブログ書くのに時間かけちゃうので珍しいなーと個人メモ。

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

www.reservestock.j最近メルマガ配信してませんが、ごくごくごくごくたまにお得情報が行きます。