サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

演奏中に力んでしまうのはなぜ?←力が足りないからです。

アレクサンダー・テクニークを知っている人からすれば??かもしれませんが、最後まで読めば理解して頂けるかと思います。僕はこれでえらい苦労しました・・・。

もちろん余計な事をしている、というのもありますが。

 

 

高い音を、大きな音を吹くとつい力んでしまう

すると高い音が出ない、大きな音が出てもすぐ疲れてしまう。

 

だから力まないようにしたい。

脱力の方法を知りたい、教えてください。

という悩み、ご質問を頂きます。

 

もし僕が効果的な脱力の方法を知っていたとして、それを教えてあなたが脱力できたとしても、高い音は出ないし大きな音は出せないと思います。

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

 

 

なぜ力むのか?

金管吹きに取ってハイノート、迫力のある大音量を求められる場面はたくさんあります。

 

トランペット、ホルンなら高音、ユーフォニアムやチューバなら低音。ビッグバンドならトロンボーンだってハイD辺りはフォルテッシモで吹く事もありますよね。

 

必ずつきまとってくる悩みが力みなんですが、なぜ力むんでしょうか?タイトルにも書いてもあるが力が足りないからです。気合いとか根性とかの話ではなく・・・。正確に言うと高音や大きい音に必要な筋肉が必要な方向に働いていないから、です。

 

 

お腹が働かないから力む

息を吐く筋肉で強いのは腹筋群です。前だけじゃなくて横も後ろも。他にもあるでしょうがここでは腹筋群を例に上げます。

 

息をしっかり吹くために腹筋を使います。でも腹筋をただ固めてるだけで息を吐く事に使えていない人は満足に息を吐き出す事ができません。

 

なのでろっ骨を閉じたり、腕で押しだして息を吐き出そうとします。この方法が悪い訳ではないのですが使いどころや限界があると思います。これも必要な方向で必要な範囲内であれば良いと思います。

 

しかしお腹を使わずにいると次第にお腹を使わない浅いブレスで演奏する習慣が付きます。もっと大きな音・高い音を吹く必要がある場合これでは全然足りません。でも普段からお腹を使って吹いていないのにいきなりお腹を使って吹けなんて言われても・・・多分できません。

 

お腹は使えない使い方が分からない。高音は出ないし音は小さい・・・じゃあもっと腕を使ってろっ骨を閉じて吹こう!ってなります。でもろっ骨を閉じる、腕を引き込む吹き方は既にやっている、でもそれ以外の吹き方を知らない。なので必要以上に力む、もしくは関係無い筋肉を力ませてしまうんです。

 

それで出れば良いのですがその時点で少し力んでいると思います。出ないともっと力を入れます、次第に腕だけじゃなく肩や首まわりまで力ませてしまいます。もしかすると腹筋や背筋だって変な方向に力が入っているかもしれません。お腹を使えば解決したかもしれないのに・・・。

 

 

脱力しても高音も音量も出ません

力いっぱい吹いているのになぜ出ないのか、なんとなく伝わりましたでしょうか。いくら力を込めて吹いても、それを全部うまく脱力出来たとしても高音やフォルテに必要な筋肉が必要な方向に働いていない限り吹けないんです。

 

なかには脱力しただけで(例えばアレクサンダー・テクニークのレッスンを受けただけで)今まで出なかった高音が出るようになる事もあります。その場合は今まで力みながらも必要な筋肉を働かせていたからです。辛いながらも練習を頑張って来た人達です。

 

そして、力むから高音が吹けないのではないんです。プロの人を見れば分かりますが、力んでいても素晴らしい演奏をする人はたくさんいます。力んでいても必要な筋肉が働いているから吹けているんです。

 

でも不必要な筋肉をセットで働かせている(=力み)ので疲れてしまう。ある程度吹けていてもどこかで壁にブツかりその時になって初めて効率良く吹く意識が生まれます。もしくはそのままパワープレイヤーの道を突き進むか・・・。

 

 

金管楽器と末長く健康的に付き合いたいのなら、演奏する筋肉だけを働かせて吹くのが良いんです。皆さん思っている事だと思いますが。

 

初心者は力まない様に吹く意識を、既にガチガチの人はうまくその習慣を抑える。必要な事を不必要な事の習慣を切り離す。アレクサンダー・テクニークも選択肢に入ってきます、注意して欲しいんですけどね。日常生活に必要な動きと金管演奏に必要な動きは違いますから。。。強いて言えばクラシックとジャズも違う?

 

 

高音に限って言えば、力は無くとも出る

少し矛盾するようですが・・・出すだけなら実は高音に力はそんなにいらないと思います。

 

力よりも必要な方向に働いているかどうか。全体のバランスが大事ですね。唇、舌、マウスピースと楽器、息、その他見えない何か。条件がそろえば少ない力でも高音は吹けます

 

出せます、ジャズやポップス曲で使えるかは知りません

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

扱いきれない音量を要求し過ぎ

これもある気がします。

 

ビッグバンドでは顕著ですが、吹奏楽も凄いんじゃないかなぁと。吹奏楽なんてトランペット5,6人いるのにもっと音量上げてなんて言うのは変な気がします。それにダイナミクスを付けたいなら小さい音も練習すればいいんじゃないんでしょうか。

 

学生の頃はドッカンドッカン吹いてたんですけど、最高音は実音ハイFまでだったんです。周りもハイFが限界って人多かった気がします、ハイGの壁があるって。でも壁を作ってるのは自分なんですよね。ハイC辺りから無理してるのかも

tokuya-tp.hatenablog.com

 

深いブレスが出来て、息を吐く時も身体全部総動員させて吹ければ良いのですが、まだスキルアップ途中の学生に扱えない音域、音量を要求したって吹けません、吹けてもそりゃ無理してますから力みますよ。

 

上手な学校は良い音を知ってるので無理に吹く事は無い印象ですが、そうでない場合。特に学バンは高い早いデカいの世界な気がします(音域が高い、テンポが速い、音量がデカい)。僕もそうでしたが。でもプロの演奏聞いてみてください、特に海外のバンド。キメ所以外はスマートに吹かれてると思いませんか?

 

マーチングは開けた場所で演奏するのでオーバーブロウに注意して良い吹き方が身に付いている気がします。歩きながらですから座奏とは違い歩きつつ身体全部で吹けているんだと思います。

 

 

脱力だけでなく必要な筋肉も働かせる

これは僕が陥った落とし穴です。

 

でもブログに書こうかなあ・・・どうしようか。

保留にします。

 

6/25の「金管何でも相談室」では聞かれれば話そうと思います。

詳細はメルマガのバックナンバーにて。メールかDMでもお答えします。

 

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com

www.reservestock.j最近メルマガ配信してませんが、ごくごくごくごくたまにお得情報が行きます。