サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

pBoneのススメ、トランペット吹きこそ買うべき?

トランペット吹きこそpBoneを買うべきなのでは?と思うようになったので書いてみます。

 

アンブシュア、ブレス、スタミナの改善・向上にピッタリかと。でも一般的には勧められていないと思いますし、これを読む多くの人が反対するかもしれません。

 

tokuya-tp.hatenablog.com

 

  目次

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

  

アンブシュアを気にせずに吹ける

トランペットとの大きな違いはマウスピースのサイズです。

 

トランペットのマウスピースって吹くの難しいですよね。それに小さいので上に寄ってるとか右に寄ってるとか、マウスピースの位置を気にしてしまいがちです。

 

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

でもトロンボーンのマウスピースなら大きいので唇もすっぽり収まり、トランペットの様にマウスピースの位置で気にする事はほぼ無いです。(もちろん多少の個人差あります)

 

何より唇を振動させやすいので自然な振動に近付きます。唇に力を入れてトランペットを吹いてる人は余分な力みを取るのに役立ちます

 

プレスのせいと言われてきた事も、唇を絞めて吹いていたからってケースが多いです。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

もしトロンボーンを吹いた後にトランペットが凄く吹きにくいと感じたら、トランペットを吹く時に唇に余分な力を入れてしまっているのかもしれません。(あくまでも個人の意見です、もちろん多少の吹きにくさはあります)

 

ここでトロンボーンを無理やり吹いたら、いわゆるトロンボーンアンブシュアになってしまうと思います。そうではなく金管楽器アンブシュア(どの金管にも対応できる柔軟性)を目指すと良いのかなと思います。

 

慣れないうちは低い音を小さい音で吹くのが良いでしょう。

別に曲を吹ける必要まではないと現時点では思います。

 

 

深いブレスになる

トロンボーンはマウスピースが大きく管自体も太いので、トランペットよりも鳴らすのに息が必要になります。(それでも大量に必要という訳ではないと思いますが)

 

トランペットはトロンボーンほど息はいらないのでは?と思うかもしれませんが、トランペットは細いからこそ少ない息で吹けてしまう、音になってしまうデメリットがあります。メリットでもあるのですけどね・・・

 

細いので口先だけで吹けてしまう、でもそうするとすぐ唇がバテてしまいます。なので深いブレスで吹く必要があるのですが、先述の通りトランペットは浅いブレスでもある程度は吹けてしまいます。

 

浅いブレスではトランペットの様にトロンボーンは吹けないので、自然とブレスが育ち深くなります。そのブレスのままトランペットを吹けばかなり吹きやすくなります。

 

トロンボーン吹きでもブレスが浅い人はいますが・・・個人的にチューバ吹きが最強ではないかと。上手なチューバ吹きは身体全体でブレスを取り演奏しているのでトランペットを吹かせたら凄い事になると思います。

力むことなく楽に高音が吹けてしまうかも。 

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

おすすめはペダルC(実音B♭)で息がなくなるまでロングトーンですが、難しければLow Cや吹ける再低音で良いと思います。ブレスがスピロメーターを吹いている時に似ているので、個人的にピンポン玉を浮かすより楽しく練習できます。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

口輪筋の強化

f:id:tokuya-tp:20170808002659j:plain

口輪筋は必要ないと言う考えもありますが、僕はやっぱり必要だと思う様になりました。吹ける人は無意識か自然に育っているだけなんだと。

単純に閉じる力が強いと良いのか、閉じた状態をキープする力があれば良いのか、力はそこそこに正しい方向に働けば良いのかは分かりませんが。

 

ただし、コントロールが難しいので初心者〜中級者には伝えない方が良いとは思います。トロンボーンを吹けば勝手に育つと感じました。

 

 

トランペットのマウスピースは小さく口輪筋が働かずともプレスをすれば唇を閉じてくれるので、ある程度楽ができます。唇自身で閉じる動きをしなくて良いのでバテにくく、高音も出しやすいです。

 

これは唇を突っ張らせて吹く人、自然な振動で吹けている人の両方に当てはまると感じています。前者はバテ易く、後者はプレスをしてもバテにくい。

 

自然な振動で吹けているのなら良いのですが、それでも使えるマウスピースに制限があるように感じます。個人的に1つのマウスピースしか吹けないと言うのは不自由であり凝り固まった吹き方ではないかと思っています。

 

なので、いろんなマウスピースが吹ける様にもリムに頼りきらない、口輪筋でも唇を閉じて吹く吹き方が必要だと感じています。

 

前置きが長くなりましたが、トロンボーンのマウスピースではリムに頼ることができないので、自然と口輪筋を使って唇を閉じて吹く練習になります。ペダルトーンとハイノートで特に感じます。でも高音は上手くやらないと唇を絞めるだけになるので低音やペダルトーンをおススメします。

 

 

口輪筋はペダルトーンにも関係してくるのではないかと思っています。

筋力なのか一定の使い方を身に付けるためなのかは分かりませんが、おそらく後者。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

唇を突っ張らせて力む吹き方では言うまでもなく口輪筋の良い使い方が出来ないので、やはりトロンボーンで矯正すると良いかなと思います。

 

トランペットだけで気付けるなら良いのですが(もしくは定期的にレッスンに通う)、他の道具を使って習慣を切り離すのはとても有効なので勧めています。

 

 

ノンプレスに近付く?

これは自分だけ、もしくはたまたまかもしれませんが、ブレスやペダルトーンの練習をしていくとトロンボーンで徐々にプレスが必要なくなってくるように感じました。

 

もちろん、自身が出せる限界の高音域ではプレスしてしまいますし、中低音も本家の方のように曲中で演奏に使えるとは言えませんが、中音域ではほとんどプレスをしていないように感じます。トランペットに比べたら本当にプレス必要無いように感じます。

 

また、高音域でもプレスが減りました。昔は大きなマウスピースの跡が付いていたのですが今はそれがありません。ブレスが育ったからなのか、口輪筋が育ったからなのか、両方だとは思いますが、自分の事を思い返すと後者の影響が大きい気がします。

 

トランペットのプレスへの影響は・・・まだ分かりません。僕は昔とあまり変わっていないように感じます。ブレス(と口輪筋?)が育つとどんなにプレスしても痛く感じません、なのでトランペットにも良い影響が出そうな気はします。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

音程をより意識するようになる

トランペットなどピストンを操作する事で音程を変える楽器の場合、ついつい指を変えれば音が変わると思って音程がおざなりになりがち。(耳が痛い)

 

トロンボーンは大体のスライドの位置は決まっていますが、ちゃんと耳を使わないと半音~1音もズレる事だってあり得るでしょう。

 

今でも気を抜くと低音は半音低くなってたりします・・・トレーニング用としか吹いてないので曲吹けば良いんですけどね。

 

 

これは別の話かもしれませんが、初めてpBoneを購入した頃は付属のプラスチックマウスピースじゃ音程が低くなるのでチューニング管はほぼ入れた状態で吹いていました。

 

そして真鍮製のものを使用したら適度な抜きしろでやっと合ったので付属のマウスピースは良くないなと思っていたのですが、今では付属のものでも低くなる事はなくなりました。

 

耳が良くなったのか、吹き方に問題があったのかは分かりませんが(おそらく後者)。

 

 

 

というわけで、pBoneおすすめです。

pBoneを吹いた直後はトランペットでペダルCが開放でスムーズに吹けたり、翌日はトランペットの調子がすこぶる良かったりします。

 

楽器屋でぜひ吹いてみてください。遠方の方はトロンボーン吹きに楽器を一時的に借りるか、下のリンク先からえいや!と買っていただけると嬉しいです(笑)

 

pBone mini(ミニ)はE♭管なので気軽に楽しみたい方は購入しないように!

 

tokuya-tp.hatenablog.com 

tokuya-tp.hatenablog.com  

tokuya-tp.hatenablog.com 

tokuya-tp.hatenablog.com 

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

 

tokuya-tp.hatenablog.com

www.reservestock.j最近メルマガ配信してませんが、ごくごくごくごくたまにお得情報が行きます。