サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

「お金を頂くというのはその人の人生の時間を頂くという事」?

前にネット上で「お金を頂くというのはその人の人生の時間を頂くという事」という様な書き込みを見ました。その時のツイートをまとめてみました。

 

昔の自分なら納得したかもしれませんが、少し違和感を覚えました。

 

お客さん自身が選んで時間を消費しただけで、頂いたのはお金を払ってでも「あなたの演奏を聴きたいですよ、楽しみにしてますよ」っていう応援の気持ちなのかなと僕は思いました。

 

Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」はこちら

 

 

せっかく時間を割いて聴きに来てくれたのだからより良い演奏を!

演奏する側としてもお客さんが来てくれると嬉しいですし、もっと良い演奏をしたいなと僕も思います。(来てくれなかったら良い演奏しないという訳ではありません)

 

入場料・チャージ取ってるのだから良い演奏を!

これも悪いという事ではないのですが、義務感というかどこか強制される感じが。入場料を取るから良い演奏をするのでしょうか?

例えば演奏中にミスをしたとして、入場料を取っていたら落ち込んで、取っ手いなかったらあまり落ち込まなかったとしたら、お金の捉え方に何かしらの誤解があるのかもしれません。

 

お金のプレッシャーより感謝の気持ちを

そんな事より、自分の演奏を、物語を聴いて欲しいなんて思う方がより気持ちを込められる気がしますし、より音楽的になれるような気がしました。

お金のプレッシャーよりも感謝の気持ちを込めたいですね。

 

 

 

 

Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」

https://www.facebook.com/trumpet.alexander.tokuya/

 

tokuya-tp.hatenablog.com

 

tokuya-tp.hatenablog.com