サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

プレスをしても大丈夫な人、マウスピースを押し付けると痛くなる人

マウスピースの押しつけ・プレスについて。

 

プレスは必要だ、という意見は多いですが人によって程度は違います。

勘違いしたら唇が痛くなるくらいまでプレスしてしまう人もいそうですし、痛みを恐れてプレスをしなさ過ぎて逆にバテている人もいます。

 

プレスの力加減については実際に見ないと分かりませんが、タイトルの通りマウスピースを押しつけても大丈夫?な人と、痛くなる人向けの記事を書いてみます。

 

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

 

 

歯並びが良い人はプレスしても大丈夫?

マウスピースを押し付けても、プレスしても大丈夫な人はどんな人でしょう?

 

まず思い付くのは比較的歯並びが良い人が挙げられます。ただ、歯並びが良いと言ってもブレスが伴わないと流石に痛くなります。人によってはどんなに押しつけても痛くならない人もいるかもしれませんが。

 

僕の歯並びが良い方です、歯のサイズは中くらい、大きくもなく小さくもなく。トランペットを始めた頃は高音で押しつけて痛くなっていました。でもトランペット2年目辺りからある程度ブレスが育ってきたのもあり、プレス強めでも痛くならず、どんなにプレスしてもバテませんでした。もしかするとブレスだけでなく歯並びのお陰もあるかもしれません。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

バテるのは緊張して息が吸えなかった時だけでした。そしてライブの最初にバテて音が出なくなっても、途中で緊張しなくなると(音楽に集中し始めると)バテ※は回復していつも通り吹けるようになってました。このバテは唇の中心のバテ、良くないバテの方です。

 

でも「プレスしても大丈夫」というのはあまり良くなかったかもしれません。口輪筋が育たないので。

 

プレスをしても大丈夫な人(どんな人にも?)はこれも役に立つと思います。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

マウスピースが真ん中か、やや下めの人も大丈夫?

これは僕が感じている事ですが、マウスピースの上下の位置が真ん中辺りに当たる人はプレスしても大丈夫な気がします。

 

いわゆる中高位置タイプ、低位置タイプのアンブシュアの人です。大丈夫と言っても人によってはやり過ぎればバテると思いますし、位置が上めに当たってる人も大丈夫なのかも。

 

僕も中高位置タイプで、マウスピースの上下の位置は大体真ん中かやや下め、左右の位置は真ん中より左に当ります。(でもトロンボーンだと面白くて、唇に対しかなり上めに当たります。)

 

このマウスピースが下めに当たるタイプの人は高音に行くにつれてマウスピースと唇が下に移動するのですが、プレスによって上唇のテンションを高めているからかもしれません。このプレスが必要なのか、練習によってやらなくても良くなるのかはまだ分かりませんが、プレスしてもバテにくく、逆にスタミナはもつようになると思います。

 

その代わりマウスピースのリムには気を使います。(フラットなリムは合わないかも?)斜め下後ろ方向に上唇をプレスしても大丈夫なマウスピースに出会えればまずバテずに吹けると思います。そしてただプレスすれば良い訳ではないのですが、ブレスが育てば育つほどバテなくなる音域が広がります。

 

 

しかし、これは上唇自身の自然な収縮によるハリ・支えではなく、マウスピースのリムに頼ったものなのかもしれません。つまりプレスに頼って吹いてしまっている状態。本来、アンブシュア動作としてはマウスピースがただ下方向に移動するだけなのに、それに合わせて上唇にプレスをして高音を出しに行ってしまっていたのかもしれません。

 

tokuya-tp.hatenablog.com

これでバテる人はブレスが育っていない他に、リムが合っていない、マウスピースのえぐりが少ないなどがありそうです。それらをクリアすれば口輪筋の代わりにプレスで唇のハリやアパチュアを支えられるのでまずバテないのでは?と思います。実際、昔の自分がそうでした。

 

 

中低音でも痛くなる人はまずこれらを確認

マウスピースを押し付けると歯に当たって痛くなる人もいると思います。

 

可能性として思いつくのは

マウスピースの位置が歯並びに合っていない

(真ん中に当てようとしている、わざと上唇または下唇に多く当てようとしている)

ブレスが弱いので高音域でプレスに頼り痛くなる人。

・本当に歯並びが原因の人。

 

未だにマウスピースを真ん中に当てなくてはいけないと思っている人が多過ぎます。大半は最新の情報を得られない中高生。そして最新の情報を得ようとしない指導者、久しぶりに楽器を再開する人。

 

好きなプロ5、6人あげてその人のアンブシュアみてください。マウスピースを真ん中に当ててる人何人いますか?1人いるかいないかではないですか?真ん中でなくても良いんです。

 

 

ブレスがしっかりしてない人も高音で唇が痛くなりがちです。

息を吹き込むと唇のある部分は前方に押し出されます。その結果唇にハリが生まれマウスピースの押し付け、プレスに対抗出来るようになります。いわゆるパッカーアンブシュアの考えですが、唇全てが前方向ではない気がします。すぼめる意識もいらないと思います。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

ブレスによるパッカーが身に付くと浅いマウスピースも前より吹けるようになると思います。

tokuya-tp.hatenablog.com

また、最近になってようやく息だけでなく口輪筋の支えも大事だと気付きました。吹ける人は自然に無理なく口輪筋が育って使えていますが、初心者に「口輪筋は必要ない」と言うと本当に使わなくなります。僕がそうでした。良い唇のバテは唇の中心ではなく周りなんですね。

 

 

本当に歯並びが原因で痛くなる人もなかにはいると思います。先ほども書きましたが、まず中低音で痛くならない場所を探す。中低音で痛くならないなら基本大丈夫だと思います。高音で痛くなるならブレスを鍛える。それでもダメならノンプレスで吹く練習、もしくは歯列矯正でしょうか。

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

まとめ?

もちろん歯列矯正をしても痛くならないとは限りません。多少改善されるかもしれませんが、ブレスが足りなければどのみち痛くなると思います。

 

まずは当てる位置を見直す。

ブレスを育てる(ある程度時間をかける)

それでもダメならノンプレス気味に吹く

更にそれでもダメなら・・・歯列矯正、最後の手段ですね。

 

個人的に気になるので、歯列矯正をしてマウスピースの当たる場所が変わったという人がいたら教えてください!

 

 

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

 

tokuya-tp.hatenablog.com

www.reservestock.j最近メルマガ配信してませんが、ごくごくごくごくたまにお得情報が行きます。