サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

プレスのメリットとデメリット マウスピースの押し付けについて

この記事では世間一般的に言われているマウスピースの押し付け、プレスのデメリットの誤解を解いてきました(つもりです)。

tokuya-tp.hatenablog.com

f:id:tokuya-tp:20170726170832p:plain

頭ごなしにプレスを否定するのは良く無いですが、じゃあ本当のメリットは何なのか?また、その上でデメリットはあるのか?

 

思ってる事を書いてみます。

 

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

 

 

マウスピースをプレスする事でのメリット

今度はメリットを書いてみます。

 

マウスピースを押し付けないようにと思って演奏すると唇の振動がマウスピースに伝わりにくく、逆に非効率です。なのでしっかり密着させる事で音が安定します。(ただし安定した唇のハリがあれば解決しそうです)

 

また、プレスが足りないと振動に必要な唇のハリが生まれないので唇を硬くしてハリを作らなくてはいけません。唇自身でハリを作るとそれこそすぐにバテます。

 

高音になるほど息圧は高まるのでプレスをしないと決壊します、プレスして息漏れを防止します。

 

あとは、前の記事で書いた口輪筋の代わりにプレスする、ですね。歯並びやマウスピースとの相性など、条件が揃えば口輪筋を一切使わず演奏する事が出来ます。なので口輪筋はバテません。

 

幾つか書きましたが、マウスピースのプレスは口周りの筋肉をサポートする役目があります。唇自身のハリ(口輪筋の働き)とどちらの割合が多いかは人によると思いますが、どちらもやり過ぎ、やらなさ過ぎは良くないと思います。

 

 

マウスピースを押しつけない、プレスしないメリット

ここまではマウスピースを押し付けない、プレスしないように!と言う考えが逆に上手くいかない原因を作る事について書きました。

 

ですが、それとは別に押し付けない、プレスしない事(ノンプレス)のメリットも紹介します。一言で言えば「口輪筋が育つ」です。

※最近の記事はひとまとめに口輪筋と書いていますが、顔には沢山筋肉がありその他の筋肉と複雑に連携しあっているかもしれません。便宜上口輪筋と書いてきました。


僕は今まで押し付けによるデメリットを感じて来なかったのでプレスを有効活用して来たのですが、最近になってそれを少し後悔するようになりました。

 

アンブシュアを作るためにマウスピースのプレスを使っていたのですが、プレスに頼りすぎる事によって口輪筋が育っていなかったのです。高音域の息圧も口輪筋でなくプレスで押さえていました。痛くならない人はいいのですが、そうでないと辛いですね。

 

 

口輪筋は必要ないと言う考えもありますが、いざトロンボーンやチューバを吹く時になったら・・・マウスピースが大きいので上側のリムに頼る事が出来ません

 

トランペットはマウスピースが小さいから難しいと言われていますが、小さいから無理が出来てしまう。トロンボーンなどはマウスピースが大きいので自然と口輪筋が育ちます。リムに頼って来たトランペット吹きからするとマウスピースの大きい楽器の方が難しいです。

 

ここ最近pBoneを吹き始めたのですが無理せず吹けるのはハイDまでです。頑張ればか細い音でハイGが出るくらい。1週間もすると単音であれば、ダブルペダルC~ハイGが良い感じに吹けるようになりました(自分の中では)。

二週間もするとハイGがポンポン吹けるようになりました。ただ大きな音では吹けませんしハイCに比べるとプレスは強めです。これが必要なのか不必要なのかはまだ分かりません。

 

個人的に良くないプレスは「プレスしたのに半音、一音しか上の音が出ない」プレスです。

ある音域からプレスが必要だけど、プレスをしたら更に3〜5音上の音まで吹けるようになる場合は必要なのかもしれません。音、バテない、痛くないなども判断材料になります。

 

 

近年のプレスをしても良いんだ!という考え

僕は昔からメリットしか感じなかったのでプレスを多用していました。

 

近年、プレスしても良いという考えが広まっています。もちろん必要以上にプレスを恐れている人達がいるのも事実です。自身に合わない角度で演奏するので密着が出来ていない人もいます。

 

ですが、マウスピースのプレスは未熟な口輪筋を補う動作なんだなと強く思う様になりました。これはこの1,2カ月の考えですが・・・。他の楽器は分かりませんが、トランペットにおけるアンブシュアモーションもそう感じます。

 

 

プレスが弱いとアンブシュアの支えを唇自身でやらなくてはいけない、だから不安定だしバテるのでより密着させてあげる必要がある。ちょっと前までは僕もそう思っていました、確かにそうなのですが、逆を言えば口輪筋を育てればノンプレスでも安定して吹けるようになると思うようになりました。

 

つまり、プレスをしていると口輪筋は育たない

歯並びが良く、自分に合ったマウスピースに出会えていれば口輪筋はそこまでいりません。やりたければ必要ならどんどんプレスしてください。ですが、ハードプレスが痛いのならプレスの師恩はそこまで受けられず、また口輪筋も育たないのでどちらの吹き方も出来ず自滅する恐れがあります。

 

トロンボーンなどマウスピースの大きな金管はそもそもリムに頼れないのでプレスしてもあまり意味ないと思います。それに必然的に口輪筋が育っていると思うのでペダルトーンもがんがん練習して良いと思います。

 

大きいマウスピースの人でマウスピースがかなり下の人(上唇にリムの頂点が当たる人、低位置アンブシュア)の人は・・・分かりません。それで良いのかもしれないし、実はダメなのかもしれません。鵜呑みはNGです、ご自身で試してください。

 

 

 

 

色々書きましたが、いざって時にはプレスに頼っても良いと思います。必要以上にプレスを悪者扱いする必要もありませんプレスよりも唇が力む事の方が良くない

 

ただし、口輪筋(もしくは口周りの筋肉)を育てる事を意識するのも大事だと思うようになりました。

 

最近、唇(特に上唇)の厚い方は唇をギュっとまとめられるのでプレスは少なめでも大丈夫。中高位置アンブシュアの方はプレスをする人が多い。事に気付きました。

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

 

tokuya-tp.hatenablog.com

www.reservestock.j最近メルマガ配信してませんが、ごくごくごくごくたまにお得情報が行きます。