サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

レッスンをなぜ受ける?レッスンは方法を学ぶ場じゃない、質を学ぶ場でもない

レッスンの受け方について自分なりに思った事を書いてみます。

タイトルはちょっと言い過ぎました。

 

レッスンは何のために受けるのでしょうか?

 

上達したいから受けるんですけど、当たり前ですがレッスンを受ければ上達するわけではありません。

 

レッスンで学んだ事を持ち帰り自分でも練習します。でも、ただ練習するだけで上手くなるならレッスンに通う必要もありません。

 

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

 

 

レッスンは方法を学ぶ場じゃない

これは多くの方が思ってそうな事ですが、練習法や、やり方を学ぶ場では無いと思います。

 

有名なプロ奏者のレッスンを受ければ何か特別な練習法や、やり方を教えてもらえる!なんて思うかもしれませんが、どのプロも伝える事やることはそんなに変わらないと思います。その次もその次も同じ事の繰り返しだったりします。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

確かに、とてつもなく上手なプレイヤーがいたらどんな練習や道具を使っているんだろう?と疑問には思いますが、その人の練習法や道具を真似たって同じように吹けるわけではありません。(道具に関して言えばそれを使う事でアプローチを学ぶ事が出来ますね。)

 

それに、やり方が知りたければ教則本を買えば良いんです。

 

今の時代SNSが発達してますからどんな教則本使ってますか?と聞いてみるのも良いかもしれませんね。もしブログをされてる方ならそういう記事も書いてるでしょうから先に自分で調べてから。

他に、ライブを見に行った時に1つ2つ質問してみるとかでも良いと思います(挨拶とライブの感想を忘れずに!)。質問が漠然とし過ぎていたり、細かく聞き過ぎるのは失礼なので注意しましょう。

 

使ってる教本は教えてくれるかもしれませんが、流石にどうやるかまではレッスンに行かないと教えてくれる人は少ないと思います。

 

 

どうやるか?は良い音を追えばいずれ見つかる

ではどうやるか?を学ぶためにレッスンを受けるのでしょうか?

 

もちろんそれを聞いても良いと思いますが、レッスンを活かしきれていないかもしれません。良い音を頼りにしていけば自ずとそのどうやるか?の部分は見つかると思うんです。

 

長年困っている・・・八方塞がりだ!何をしてもダメだ!って状態なら良いかもですが、いきなり答えを聞くのもどうかな?と。もちろん価値観の違い、個人の自由なのでいいのですが。

 

週末プレイヤーで練習時間が取れない、早く上達したい、お金で情報を買うスタイルもありです。じゃんじゃん課金してください!時間が有り余る学生や経験者達と対等に渡り合う?にはどの分野も課金が有効です。

 

 

音の質を学ぶならCDを買えばいい

と書きましたが、音の質を学ぶために先生と一緒に吹くのは勉強になりますね。静かな場所でお手本となる先生の音を聴きながら練習出来るのは凄く良いです。

 

先生が説明をしなくともその音に合わせて吹いていけば自然と身体に変化が起きて、こう吹けば良かったんだと言うのが分かってくると思います。

 

もちろん、レッスン中にその変化を受け取れるだけの感覚的センスが必要になります。

 

 

それでも、音の質を学ぶなら演奏会やライブを聴きに行く、CDの演奏をたくさん聴くなどでもありです。CD付き教則本たくさんありますし。それだけのためにレッスンを行く価値はありますが、もう少し踏み込んでみたいです。

 

 

その人の考え方を、思考を学ぶ

今のところ、これが重要だと思っています。その人の佇まい、立ち振る舞い。アレクサンダー・テクニークを学んでからは特にこう思うようになりました。

 

人は思った事をやってくれます。どんな練習法を採用するか、どうやるか?それらを決めるのはその人がどんな音をイメージしていて、どんな考えを持っているかによって決まると思うからです。

 

どのプロでも基礎練習は大事だと言います。レッスンに行けばロングトーンリップスラータンギング、ブレストレーニングなどやると思います。

 

でも、考え方、捉え方によってそのやり方も様々ですし、やり方が様々だと言うことは目的や目標もまた違うからです。

 

スペックの違いはあれどトランペットを、金管楽器を演奏する技術(演奏している状態)はほぼ同じなので、似てくるところもあります。どこから登ろうとも山の頂上は同じなんです。中には途中で崖を登らなくてはいけないコースもあるかもしれませんし、凄く遠回りだけど安全なコースもあると思います。

 

 

自分の思考をアップデートする

レッスンを受けると今までの自分と違う考えに触れると思います。

ですがそれを全部すんなり受け入れてしまうのは少し危険です。先生だって間違っている場合もあるんですから。

 

機械じゃないので完璧な人はいません。なのでどこかおかしなところもあると思います。思い込みの強い先生だったり、誤解していたり、言葉ではAと言っているのに実はBの事を言っていたなんて事でも意味が変わってきます。

 

新しい考えに触れたらそこで今までの自分の考え方と照らし合わせて考えます。「あ、こっちが良いな」「これは少し違う気がするな(でもまずは試してから判断してください)」なんて風にして自分の思考をアップデートさせていきます。

 

そうすれば1人で練習する時も新しい事をする時も、先生のアドバイスに近い練習が出来ると思うんです。最初は良いんですけど、いつまでも言われた事をただやっているだけだと道を踏み外した時に自分で気付けなくなってしまいます

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

 

僕のレッスンも言葉での説明が多いです、いや普通だと思います・・・(どうでしょう?)。なので「どうすれば良いですか?」が無くなっていくと思います。

 

 

ボビー・シューも言ってますしね、「最高の先生は(お手本は?)自分自身だ!」と。

ボビー・シュー / トランペット・クリニク「科学する演奏法」

価格:1,296
(2017/5/17 02:28時点)
感想(0件)

楽天

amazon

 

 

6/25(日曜)に僕の考えを共有する金管何でも相談会」を開催する予定です。

詳しくはメルマガのバックナンバーか直接ご連絡ください。

 

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

www.reservestock.j最近メルマガ配信してませんが、ごくごくごくごくたまにお得情報が行きます。

※現在「2017年6/25金管何でも相談会」のお知らせ中(バックナンバーにて)