サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

レッスンを受ける際に意識したい事「先生の言葉を自分の言葉に」は危険?

レッスンの時、先生の話や説明を聞いていると「そうだったのか!自分でも出来そうな気がする!」とやる気が出て、今すぐ吹きたくなりますよね

 

でも、そこで注意しないと逆に上達から遠のいてしまう事になるかもしれないんです。

 

 

先生が伝えたい事を受け取れていない

説明し終える前に吹いてしまう場合

「このフレーズは○○の様に吹いてください。ただ××への意識も持ち続けてください。」

 

このようなアドバイスがあった場合、前半のアドバイスを聞いただけで吹き始めてしまうと、先生が伝えたい事の半分を受け取れていない事になります。

 

時には後半のアドバイスが重要だったりして、半分以上も受け取れていないなんて事も。

 

 

意図した通りに受け取れていない場合

もう1つは理解しきれないうちに早合点してしまう場合です。

 

例えば「空気は肺に入る」といった言葉でも、同じ意味で受け取れているとは限りません

 「空気はお腹には入らないで肺に入る」今では当たり前になりつつある言葉ですが、上手く吸えない方もいるのではないでしょうか?

 

「ああ、そういう事ね!分かった分かった!」と思っても、それは現時点で生徒さんがイメージしている事であったり、現時点の生徒さんの知識と体験から導かれた答えなので、先生が意図しているモノとは別物である事が多いのです。

 

世の中には多くのマニュアル本、教則本がありますが、それだけでは上手く行きにくい理由の一つがこれだと思っています。

なので「この教本はダメだ」「なんとかメソッドはダメだ」なんて言われてしまうんです。

 

 

昔の習慣に戻ってしまっている

早く結果を出したいがために焦ってしまうと、教わった内容を意図的に行わず無意識に行ってしまいます。

昔の習慣が強いと、無意識に行った動作はほぼ習慣的な動きをしてしまいがちです。

 

「あなたには構える時にこんなクセがあります、なので・・・」

「なるほど!やってみます!(ササッと構えて吹いてしまう、クセはそのまま)」

(吹き易さも音も変わらない)

 

「・・・なので、アレクサンダー・テクニークを使ってみましょう。頭が動けて、身体全部が動けて、構える時にg」

(生徒さんは既に構えてしまっている)

 

「楽器を降ろしてください。もう一度、頭が動けて、身体全部が動けて、構える時に楽器に腕がついていくと思いながら構えてみてくd」

(もう吹いてる・・・)

 

文章にすると長いですが、口にすると一瞬です。

その一瞬のうちにササッと構えて吹いてしまうんです。

 

説明を聞きつつ、意識しているつもりになって無意識に構えてしまう

それでは古い習慣は抑制するのは難しいと思うのです、そして昔と同じ吹き方のままレッスンが進んで行く

 

 やる気があるのは素晴らしいのですが、変化を起こすには何かを意識的に変えなくてはいけないんです。

 

 

先生の言葉を自分の言葉に変換する前に

先生の言葉がイマイチ理解出来なかった場合、何とか理解しようと自分の言葉で置き換えようとしますよね。

「先生の言葉を自分の言葉に置き換えて考えましょう」なんて良く聞きますが、はじめはやらない方が良いかもしれません

 

というのは、自分の言葉にする時に誤変換してしまいがちだからです。

自分の言葉に置き換えたら理解出来ました←結果に繋がればOKですが、そうでないなら理解できなくても先生の言葉を反復する方が良いかもしれません。

 

アレクサンダー・テクニークの最初のレッスンで良くあるのは

先生「頭が動けて、身体全部が動けてと思いながら吹いてください。」

生徒「頭を動かすというのが良く分かりません」

先生「頭を動かすとは言っていません、動けてと思うだけです。」

といったやりとり。

 

わずが1分、2分前の言葉でさえも全く違う言葉に誤変換してしまうんです。

(しかも指摘された生徒 さんは「あれ、動かすって言ってませんでしたっけ?」と本気でそう言われたと思っていたりする場面を何度も見ましたし、実際に僕もそうでした。)

 

 

もちろん、教わる時は自分に・誰かに教えるつもりで学ぶと良いと言われますし、僕もこの考えには賛成・実践しています。

 

先生の言葉で結果が出て、「自分には・あの人にはこの言葉で伝えた方が良いかも?」と自分の言葉に変えて、それで同じ結果になるのであれば理解したと言えるのかなと思います。

 

注意して頂きたいのは、生徒さんに意図が伝わっていないのに何度も同じ言葉で説明しようとする先生の言葉を反復しても成果は得られにくいので、こんな時は自分の言葉に変えると良いと思います。もしくは先生を変える・・・(笑)

 

 

身体が疲れるレッスンより頭が疲れるレッスン

レッスンは上手に吹けたら良い訳でもなく、沢山吹いたから良いって訳でもないと思います。

レッスン時間いっぱいまでただ吹きまくるレッスンでなく、例え音を吹いていても考えている時間が多いレッスンの方が良いような気がします。

 

アレクサンダー・テクニークのレッスンを始めて受けた時は、あまりにも情報が入ってくるので頭が酷く疲れました。

でも返りの電車では心も体もウキウキしているんですよね。

 

今では少し慣れてしまって(始めて知る事も減ってきたので)頭が疲れる事は少なくなりましたが、それでもたまにの授業や海外教師が来ると頭が疲れる事があります。

 

 

大事なのは先生が何を伝えようとしているか、思考レベルで先生に近付く方が家に帰って一人で練習するにしても身につき易くなると思います。

 

トミー・トンプソン先生の言葉で「感覚は持ち帰れないがアイディアは持ち帰れる。」というのがありました。

レッスンで起こった体験よりも、先生が伝えようとしていた事を大事にすると良いのではないかと思います。

 

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com