サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

トランペットの皆さん、もっと口あけましょう※

最近レッスンで思っていた事と、順子さんの記事を読んで「口を広くする」について書いてみました。

 

トランペット奏者は逆に口を閉じ過ぎてバテに繋がっているのでは?と感じました。

 

フルート奏者、アレクサンダー・テクニーク教師の嶋村順子先生のブログ

(僕の記事を最後まで読まれる方は、順子先生の2つの記事にも目を通して頂けるとより理解が深まると思います。)

 

1つ目の記事から少し抜粋。

口の中を広くすること全てが悪いわけではありません。
音色に深みを出したり、中低音の響きを増やすには使えるやり方ではあります。

ただし、高音域ではそれがうまくいかないばかりか、高音そのものが出なくなったり、スタミナを消耗する吹き方のせいで疲れやすくなったりもします。

 

Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」はこちら

 

「音色を良くする、響きを増やす、音量を出す」などのために言われている「口をあけなさい」「喉を開きなさい」といった言葉により、逆に不調になる方も多くいる。

・口を必要以上に開き過ぎて固まって不調になる。

高音域においても開きすぎて圧が足りず他で無理して不調になる。

自分なりの言葉にするとこんな感じ。

 

 

それなのになぜ「口を開けましょう」なのか

僕が今まで出会ったりレッスンしてきたトランペットの方を見て、トランペット吹きだからこそ逆の事が起きているのかも?と思ったからです。

 

それは高音を吹くために狭くした口を、低音になった時に開ききれていない

口を狭くしたまま固まってアゴに動きがない方が多いんです。

人によって高音域は変わってきますが、始めたばかりの方や中高生では「五線譜上のソ、ラでも高音」ですよね。この音域でも狭くし過ぎている方もいるし、五線譜真ん中のソから下のドに下がる時もアゴが動けていない人が多くいます(僕もそうでした)。

 

 

高音は口の中を狭くするアドバイ

トランペットや金管で高音を吹くために「口の中を狭くする」「歯(アゴ)を近付ける」「舌を持ち上げる」「アパチュアを小さくする」といった口の中を狭くする系のアドバイスが多くあります

高音に必要な息圧などを生むためですね。ですが、それだけじゃ高音は出ません。それに見合った息が必要です。

 

息が伴っていないのに「口の中を狭く狭く!」とやっていると、身体は「高音が出ていないのでもっと頑張らないといけない!口の中を狭くすれば良いんだな!」と、それ以上持ち上がらない舌を持ち上げようとして逆に緊張させ、唇やアゴもガチガチのまま吹こうとしてしまいます

 

幸か不幸か、金管はガチガチの状態でも音が出てしまうんですよね。

それを普通だと思っていると、常に口周りを狭め固めて高音を吹いてしまい、低音に戻って来ても口が開ききっていないので低音に必要な条件が揃わず唇を無理に振動させてバテてしまいます。

 

低音で口が開き切っていないので口は狭いまま、すると今度は高音に移行する際に既に狭い口からさらに狭くしようとして悪循環に・・・。更にガチガチになるし音程も上ずったり安定しない。

 

もともと小さいマウスピース

トランペットやホルンのマウスピースは他の金管に比べて小さいですよね。

ホルンも小さいですが「標準サイズ」を比べるとトランペットは16.2mm、ホルンは17.5mmとホルンに比べ1mm以上小さいんです。(他の楽器の方にはピンと来ないかもしれませんが大きな差なんです。)

 

慣れないうちはマウスピースリムに唇を納める事さえ困難です。そのため唇を横に引き過ぎたり巻き込み過ぎたりして固まり、不自然な振動で音を出すようになります。

 

ここで「口をひろげて」とアドバイスを受けても、唇を閉じて固くしていないと中低音も音が出ないので、喉や別の場所を開こうと変に力が入り不調になる事も考えられます。

 

 

口を閉じ続ける習慣

日常生活において皆さんは口を閉じたまま生活されてますよね(鼻がつまって口呼吸の方もいらっしゃるかもしれませんが)。これはアゴを閉じる筋肉が働いてくれているからです。

 

ですが、普段閉じている方でも寝る時は自然と口が開いたり、電車で疲れてたり酔っぱらって寝てる人を見ると口をポカーンと開いていたりする方いますよね。亡くなられた方も徐々に口が開いていくそうです。

これは普段働いてる筋肉が完全に休んでいるからだと思います。

 

つまり私達は常日頃、意識的or無意識的に口を閉じる筋肉を使い続けている事になります。(唇は閉じてても口の中で歯と歯は離れている場合もあります、僕もこれです。)

なので必要な時は口を閉じる筋肉は働かせないようにすれば良いのですが、大なり小なり習慣になっているので、口をあける時に必要以上に力がいるのではないか?とも思いました。

もちろん、口を閉じ過ぎる習慣が無い人も「口をあけなくてはいけない」と思い込んでしまっていると、必要以上に開け過ぎてしまい不調になってしまうかもしれません。

 

 

逆に赤ちゃんは筋肉が未発達なのもありますが、口を開いている事の方が普通なんだそうです。(赤ちゃんのバブーという振動が最高のバジングとも言われています。)

筋肉が発達し、習慣化していくと閉じ過ぎてしまう事に繋がってしまうのかもしれません。

 

 前に書いたアゴのストレッチです。(ペダルトーンの記事書き直さないと・・・)

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

柔軟に開閉できる口で吹く

閉じてはいけないのか?開けてはいけないのか?

そうではなく、必要に応じて自由に開閉できる状態で吹きましょうという事です。

 

リップスラー・リップフレキシビリティという言葉がありますが、口の開閉、アゴの動きも大事なんです。

アゴだけでなく、舌や楽器の角度、息の流れを変えるのに呼吸筋や身体全体が働いています。部分ではなく多くの事が一度に働いているんです。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

ダブルアンブシュアでないか?と心配になるかもしれませんが、音域によって口を開いたり狭めたりは多くの方がしています。これは音域を変えるのに必要な動きであって、常に固まった1つの状態で吹き続ける方が問題が多いように感じます。

そもそもダブルアンブシュアは音域によってマウスピースの当て方を変えたり、高音だけ唇を固くし過ぎて吹く事だったりするので口の開閉とは関係ないように思います。

 

 

口を開くとアンブシュアが作れない?←プレスで解決

順子さんの2つ目のブログ記事に次の一文があります。

・下アゴを落とす=口が開く動き、アンブシュア=唇を閉じる動き、この2つが拮抗する。

反対の動きをしていたら意味無い様に感じますが、トランペットで下アゴと落とすほど口を開くのはペダルトーンぐらいだと思います。また、唇を閉じる動きは中低音においてはそんなに必要ありません。

 

「でも唇と閉じないと音になりません、アンブシュアが作れません、安定しません。」

こういう人の多くは唇とマウスピースの密着度が足りていない事が多いです。

プレスが足りないせいで唇にハリが生まれないため、唇をかたくして吹いている人が大勢いらっしゃいます。

 

また、マウスピースが小さいので程良いプレスをしてさえすれば唇を自然に閉じ続けてくれます。なので唇を閉じる仕事はマウスピースに任せ、自分は口を開く事が出来ます

試しにマウスピースを当てたままアゴが外れるくらい大きく口を開いてみてください、唇はリムから外れませんし、上手くいけばトロンボーンの様なダブルペダルトーンが出ます。

(さきほど初心者はリムに収める事が慣れるまで大変と書きましたが、慣れさえすれば凄く助けになります)

 

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

 

口を閉じるのが悪いのではなく、閉じ過ぎてしまったり動きがない状態が好ましくないという事です。

体全体の協調作用が働いていればどんな動きをしても大丈夫なんですが、それを意識的に行えているのか、無意識にやってしまっているのかはまた別なんですね。

 

そして低音域において口が柔軟に開けていれば、ハイノートも柔軟に吹けるようになると思います。

 

ちなみに、タイトルの※は「※低音でもっと口をあけましょう」でした。

もし疑問点などあればお気軽にご連絡ください。

 

 

Facebookページ

「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」

https://www.facebook.com/trumpet.alexander.tokuya/

 

tokuya-tp.hatenablog.com