サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

☆「これをしたら出来るようになる」思考はやめて、代わりに思いたい事

ロングトーンをしたら音が安定する、綺麗になる。

リップスラーをしたら高音が得意になる、トリルが出来るようになる。

タンギング練習をすればタンギングが速くなる、歯切れ良くなる。

 

これらは半分正解で半分間違いです。

 

 

Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」はこちら(トランペット寄りのブログ記事も紹介)

無料メルマガはこちらから(レッスン割引のご案内などさせて頂く予定です。)

 

 

練習はただやれば上達するものではない

世の中色んな練習法があり、教則本があり、様々なレッスンをされる方がいます。

そしてそれらを採用している方々もたくさんいらっしゃいます。

ですが、同じモノを採用しているのに効果が出る人とそうでない人がいます。

 

その違いは「これをやりさえすれば出来るようになる」と思っているからかもしれません。

ロングトーンをしたら音が安定する、綺麗になる。

・この練習を、メソッドをすれば上達する。

・先生の言うとおりにやれば、この楽器を使えば、教則本通りに進めれば・・・

 

でも残念ながらただ練習すれば上達する人は限られています。たまたま上手くいったのかもしれませんし、もしかすると天才と呼ばれる人達なのかもしれません。

 

 

練習をどのようにやるかによって上達するかが決まる

例えばロングトーンをすれば音が安定するといったロングトーン最強伝説が巷には広まってますが、それだけが広まり「ただやればいい思考」も広まってしまった様に感じます。

 

ですが、効率良く振動する状態でロングトーンをするか、唇がカタいままロングトーンするのでは身につくスキルが大きく変わってきます。

 

唇をかためたままロングトーンして安定させた人はスタミナがありませんし、バテるにつれて音は不安定になっていきます。

なぜなら唇を必要以上に固め続けていればすぐバテるに決まってますし、バテた唇がバテていない時と同じ様に唇のテンションを保ち続けるのは難しいからです。

 

唇が効率良く振動する状態でロングトーンが安定しているという事は、音を安定させる仕事を唇でなく息やその他で行っているという事です。

唇はただ振動しているだけなので無理をしなければすぐにバテる事はないですし、その時その時の音に必要な息をコントロールして吹けば良いので音の安定度が唇に左右される事は減ります。

 

音を安定させる仕事を唇に任せたままロングトーンするよりも、唇はそのままで息などで安定させるロングトーンをした方が良いと思います(でも息を安定させるためにお腹を鍛えるとか固めるとか思わないでくださいね)。

何をするかではなくどのようにするか。

 

 

AをしたらBが出来るのでなく、AをしたらA'が出来るようになるだけ。

例えばリップスラーをしたら高音が出るようになる。良くあるAをすればBが出来るようになるの典型かなと思います。

 

リップスラーをやって高音が出ない人がいると「その練習合ってないよ」と言う人が出てきたり、やっているのに出来ないと不安になると思うかもしれませんが、どのようにやるか、練習の質が違うだけなのだと思います。

僕はその人の性格的に合わない、悪い癖が出てしまうのなら「今はその練習合ってないかもしれません」という事もありますが。

 

リップスラーをやるとリップスラーが少し得意になります。音の振動が切り替わりやすくなると言う事は、唇が柔軟なまま音を上下に移動できるようになったという事です。

更にリップスラーを続けると更に音域の広いリップスラーが得意になります。AがA'になり、A'がA"になります。それだけです。

 

ですが、結果的に高音も吹きやすくなります。なのでリップスラーをやれば高音も出るようになると言われるようになり、その結果AをすればBが出来るようになる図式が出来上がってしまったのかもしれません。

 

「半音階で上がっていけば音域広がる」というアドバイスも同じで、唇を固めてひねり出す人には効果は薄いと思います。

 

リップスラーについてはこちらも

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

アレクサンダー・テクニークはどのようにやるか?を大事にする

ただやるだけで上達するなら今頃みんなスーパープレイヤーですよね。アレクサンダー・テクニークも同じで、ただやれば良いものではありません。

 

アレクサンダー用語でミーンズ・ウェアバイ(目的に達する手段)という言葉があります。すぐに結果を求めず、そこに至る手段をどのように行うかを大事にしています。

結果よりもプロセスが大事です。

 

質の伴わない練習を何回もしたり毎日するよりも、どのようにやるかを考え丁寧にやった一回の練習の方が後々役に立ってくるんですね。

 

そして、どのようにやるか?の部分には楽器演奏のスキルが当てはまります。それを見つけながらアレクサンダー・テクニークのレッスンを行う事も可能ですが、どのように楽器を演奏するかのスキルがあれば上達スピードはより早くなります。

 

 

近々、アレクサンダーとトランペットを今まで以上に織り交ぜたレッスンを始めようかなと思っています。

 

 

Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」

https://www.facebook.com/trumpet.alexander.tokuya/

 

www.reservestock.jp

 

tokuya-tp.hatenablog.com