サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

個人練習は足し算、合奏はかけ算

コンクールやコンテストのシーズンがやってきました。

 

自分の学生時代や、現役生のバンドを見て来て思った事を書きます。僕自身コンテスト経験はないので、常連校以外に向けて書きますが、常連校、上位校にも当てはまるところあるかも?

 

 Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」はこちら

無料メルマガはこちらから(レッスン割引のご案内などさせて頂く予定です。)

 

合奏減らして個人練を増やせ

コンクール、コンテストで上位に行きたいなら、そういうの関係なく上達したいのなら合奏よりも個人練習の時間を増やした方が絶対良いです。

 

あまり絶対って言葉は使いませんがどーーーーーーー考えてもより良いと思います。

 

現役時代や後輩たちを見ていても思っていました。演奏活動するにはお金が必要です、バイトします、欲しい物も買います、飲みます遊びます、授業も受けレポート書きます試験受けます。

 

僕が知ってる学バンの合奏は週に2.3回あるとこが多いです。学生生活忙しいですが、いつ個人練するの?いつスキルアップするの?

楽器経験者や大学から始めてすぐ上達した人を除き、楽器と仲良くなりきれてない人達はいつ上達するのでしょうか?

 

合奏中に?曲を演奏するのって色々考える事ありますよね。合奏だけで上手くなれる人って何人いるのでしょう?それで上達するなら基礎練習やエチュード教則本はなぜ存在してるのでしょう?

 

 

個人練習=曲練習だけじゃない

合奏中に「吹けてないよ!個人練してるの?」って言われて「ちゃんと個人練もしてるよ!」と言い返す人、確かに個人練してるんだろうけど曲練習しかしてなかったりしませんか?

 

合奏中に求められるのって楽譜にある音を吹くだけではないですよね。トランペットで例えると、その曲を音楽的に演奏するための奏法面でのスキルがあるかも大事です。譜面通り音を吹くだけで精一杯じゃ、合奏を重ねて「こう吹いて」と要求されても出来ません。

 

合奏中に曲を通して上達できたら最高です、理想です。でも曲を演奏するって大変だと思うんです。演奏しながら音の質を高める、より効率的に吹けるようになる練習にも繋げられるのでしょうか?逆に、忙しい演奏をしながら質を高める練習を出来るレベルにあるのでしょうか?

 

そういう人多くはないと思います、だからたくさんの教則本があり個人練、基礎練習が大事なのではないでしょうか?

 

 

コンクール前だけのレッスン、合宿

コンクール前に外部講師を呼んだり、山野コンテスト予選前に合宿行くところありますが、それを受け止めるだけの準備が出来ているのでしょうか?(全国大会に進む常連校のほとんどは備わってると思います)

 

前にも書きましたが、包丁の使い方も知らないのに盛り付けを教わったり練習するのにどれだけの効果があるのでしょうか?どれだけ結果に繋がっているのでしょうか?

tokuya-tp.hatenablog.com

 

そのために必死にバイトしたり、予算を使ったり保護者の方に援助を頼むのなら、日頃の基礎練習を外部講師に見てもらったり、バイト減らして基礎練習した方が労力に見合った成果を得られるのではないでしょうか?

 

 

個人練習は足し算、合奏はかけ算

あるプロ奏者は「上手い人が揃えばリハーサルはものの数分で終わる」と話していました。もちろんアマチュアとはレベルが違いますが、上手い人達ほどコンサートマスターに言われた事にすぐ対応できます。

 

アマチュアの場合でも、個人レベルがそれなりに高ければ合奏中に要求された事にすぐ対応できたり、個人練で曲練習をしてる間に吹けるようになります。合奏を重ねるごとに上手くなっていきます。

 

ですが、すぐに対応しきれない人、曲練習してもすぐ疲れてしまう人がコンマスや指揮者の指示にどれだけ応えられるのでしょうか。合奏を重ねても上達スピードはゆっくりとしたものになります。

 

僕は個人練習は足し算、合奏はかけ算だと思っています。どんなに合奏を重ねても個人レベルが低ければとても時間がかかってしまいます。

 

個人レベルの合計が1+3+4+2=10の人達が、合奏×5回もやって50のレベルまで達するとすると、個人レベル10+9+9+7=25の人達は×合奏2回で=50になります。

学バンであれば全員の予定を合わせるのも大変ですし、毎回全員が参加出来るとも限りません

前者は曲が変わったらまたその曲のスキルを積み上げる必要がありますが、後者は個人レベルが高いのでどの曲にもすぐ対応できます。

 

 

 

 

ちなみに、常連校や上位校は個人練習も合奏も両方しっかりやってるのではないでしょうか。個人練習が少なくても元から上手い人が集まったり、他校の上手い人を呼んでます。

 

そんなところと同じようにやっても同じだけの効果があるとは思えません。

今一度、自身の学校の状況を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

現在メルマガ登録者限定でレッスンキャンペーンのご案内をしています。

www.reservestock.jp