サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

低音は重心を下に、高音では上に←片方は演奏の邪魔になる

今回は多くの音楽家がやりがちな演奏時の動きについてです。

 
曲のイメージや音域の変化に合わせて体も動かして表現される方って多いですよね。
吹奏楽では多く見られる気がします。
 
特に音域に合わせて
・低音は体(重心)を下にして吹く
・高音は体を上にして吹く
といった事をされてる方いらっしゃいます。
 
なかには無意識に体を上下に動かしている人もいると思います。
 
 

どちらが呼吸や演奏の邪魔をしてると思いますか?

突然ですが、この2つのうち片方は演奏の役に立たないどころか呼吸の邪魔をしてしまう事が多いです。
 

 

 
タイトルにもありますが
・低音は体(重心)を下にして吹く
・高音は体を上にして吹く
 
どちらが呼吸の邪魔をしている動きだと思いますか?
 
アレクサンダー・テクニークを学ばれてる方、楽器演奏のため呼吸について色々と調べた方、僕のブログやツイッターを見てる方なら分かるかなと思います。
(もし間違ってても僕の情報発信不足なだけですから、気にしないでくださいね笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
正解は
 
 
 
低音の時に体を下にする動き、でした。
良く「重心を下にして吹きなさい」なんて言葉聞きますし、実践されてる方多いと思います。
 
でもこれ、役に立つどころか邪魔してる可能性が高いんです。
 
なぜかと言うと、呼吸に関連している筋肉は脊椎(背骨)が長くなっている時に最も効果的に働くからなんです。
つまり、世間一般的に言われている「背筋を伸ばして良い姿勢でないと良い音は出ない」の逆をしているからです。
 
「私は重心を下にしているだけだから」という意見もあるかもしれませんが、重心を下にしようとされている多くの方は背骨を短くしています
(物理的に身体を動かさずに重心を下げる事は出来ないと思っています。)
 
 

脊椎が長くなっていないとなぜ呼吸筋は十分に働けないのか?

まず呼吸筋がどうなってるかの説明を。
メインの呼吸筋は4つの腹筋です。そしてこれらは下の方の肋骨と、骨盤の上部にくっついています。腹巻きみたいなイメージです。
 
腹筋というと前だけを思いがちですが、息を吐く仕事に多く貢献しているのは横っ腹、腹横筋や腹斜筋です。
 
どのように動くかというと、息を吸って拡がった肋骨を骨盤方向へ引っ張り下げ閉じるように腹筋が働きます。そしてその動きで息を吐き出しているんです。
しかし、体を下にして脊椎が短くなっていると肋骨と骨盤の間にある呼吸筋はヨレてしまい、その状態で息を吐こうとしてもその場で収縮するだけで息を吐く事にフルで参加出来なくなってしまうんです。
 
なので高音で身体全体を上にと意識した方が、ハイノートが楽に出るようになります。
そして低音時も上を思うと良い結果が出ます。
 
 
逆に吸う時は、脊椎が長くなる=ろっ骨の付け根が拡がる事になるので、その状態で吸えばよりろっ骨が拡がって息が沢山入ってくるようになるんです。
 
 

背筋を無理に伸ばそうとしない。

ここで注意して頂きたいのは、無理に背筋を伸ばそうとしないで欲しいという事です。
恐らく、一般的な方が良い姿勢をしようとして使っている筋肉はアウターマッスルなので、とても疲れてしまいます。
働いて欲しいのはより脊椎に近いインナーマッスルの方なんですが、これを意識的に働かせるのは少しコツがいります。
 
「頭が脊椎の上でふんわりとバランスを取っている。」
「頭が動けて、その動きに身体全部がついていく。」
と思い続けると自然と背筋は伸びます。
 
 

ツイッターでのアンケート結果

実はブログを書くまえに、ツイッターの投票機能で「どちらが演奏の邪魔をする?」とアンケートを取ってみました。(ご協力ありがとうございます!)
 
f:id:tokuya-tp:20160118000150j:image
 
その結果を見ると、166名が回答して下さり93名が「高音で身体を上にする」が演奏時に邪魔する動きだと回答されました。
 
僕の情報発信不足もありますが、まだまだ「重心を下げる」という考えが一般的なんだなぁと思いました。
 
 
 

Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」

https://www.facebook.com/trumpet.alexander.tokuya/

 

tokuya-tp.hatenablog.com