サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

「考える事が多くて大変ですね」←練習で頑張ると本番で役立つ。

アレクサンダー・テクニークのレッスンや僕のレッスンではまに「考る事多くて大変ですね」と言われます。

 

ですが、普段の練習からこういった事を意識しておけば

「個人練習では上手くいくのに合奏では上手く行かない」

「あがり症で本番頭が真っ白のまま演奏した」なんて事がかなり少なくなります。

 

 

アレクサンダー・テクニークのレッスンではまず最初に「頭が動けて、身体全部が(その動きに)ついていって」と思い、必要であれば「息は下から上に流れる、唇にマウスピースを密着させる、股関節が動いても良いと思う」といった事を付け加えて、最後に「演奏する」といった動詞で結びます。

 

慣れないうちは戸惑います、もちろん僕も本番中これらを全部考えてはないので「頭・身体が動けるだけで良いですよ」と伝えています。本番は演奏する場ですしね。

 

 

最初から息や体の事等を考えずに演奏出来る人はそんなに多くない

演奏中は音楽に集中しなさいと言われるかもしれませんが、それだけじゃ身体は音楽についてきません。

 最初から「ここはテヌート、アクセント、タンギング、スラー」を考えないで楽譜通りに演奏出来た人もいないと思うんですよね。

 

Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」はこちら

 

音楽表現と同じ様に日々の練習から身体の小さな事にも意識を向けて練習していれば、演奏時はそれらが1つにリンクして本番中は音楽に集中するだけで後は全部ついてくるようになる、と思うんです。

 

 

個人練習では上手く行くのに合奏では上手くいかない

よく聞く話ですが、原因の1つとして合奏中指揮者から高度な要求をされたがために「意識が全て音楽表現に飛んでしまい、忘れられた身体は緊張してしまい吹けなくなる。」というがあります。

 

その他に、合奏や本番では「ミスが怖い、観客に下手と思われたくない」とった事に意識を奪われ音楽や身体へ意識が行き届かない、結果身体がこわばり上手くいかない、なんて事もありますね。

 

パニックに陥ると人は身体を固めて防御態勢に入ろうとします。

ですが、普段から意識的に行動していれば、高度な指示をされ習慣的に焦っても「そうだ、息が吸える事を思い出そう」といった事を意識するだけで立て直す事も出来るようになります。

 

 

自分に合ったキューを持とう

僕もあがり症なので、少し想定外な事が起きるとすぐ緊張します。

ですが色々と学んできたお陰で、緊張しても自分なりに満足出来る演奏が出来るようになってきました

 

パニックになると頭が真っ白になるかもしれませんが、上手く対処できている方は自分なりのキュー(指示)を持ってるのかもしれません。

もしかするとあがり症とは無縁な音楽家達は、音楽表現自体がキューになっているのかもしれませんね。

 

アレクサンダー・テクニークのキューは「頭が動けると思う事」です。

これを思うだけで無意識に演奏していた自分に気付けるようになり、更に体のパフォーマンスがグンと高まります。

「頭が動けて身体全部も動けるから腕 が~お腹が~息が~音楽を伝えるために吹く」と普段から練習していれば本番中「頭!」と思うだけでそれらがリンクして一瞬で音楽に向かう事も出来るようになります。

 

 

アレクサンダー・テクニークってうさんくさい?

少し意識するだけで練習の精度が格段に上がり、本番にも役立つなんてなんておトクなんだろうと思います。

既にご存知の皆さんはラッキーなのですが、まだまだアレクサンダー・テクニークをうさんくさいと思う方が多いのも事実です・・・残念。

 

「思い込みだよ」←プラシーボって言葉がありますね

「そんなのやらなくても上手くいくよ」←上手く行ってる人はそうですね

「演奏中に体の事なんて意識してられないよ」←この記事を読んでみてください!

 

 

そういえば昨年末に見た「くぎづけ大学」というフジテレビの番組に、ラグビー日本代表のメンタルコーチを務めた荒木香織さんという方が出演されていました。

五郎丸選手をはじめ日本代表選手への指導内容を見ると、普段僕が学んでいるアレクサンダー・テクニークと凄く似た内容でした。

 

アレクサンダー・テクニークはただのボディワークではなく、メンタル面からもアプローチしていきますから似ててもおかしくないですね。

そしてパフォーマーのほんの少しのクセや緊張、意識の違いさえ見抜けてしまうので、その意識(キュー)のアイディアがその人の役に立っているかどうかもすぐに分かります

 

こういった側面から見れば、理にかなっている(と思う)ので、少しは誤解も解けたりするのかな?と思いました。

 

 

話を戻しますが、何も考えずに上手くいってしまう人なんて滅多にいません。

音楽の事と同じくらい身体の事への意識を増やしてみると、より良い結果が出るかもしれませんよ。

 

 

Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」

https://www.facebook.com/trumpet.alexander.tokuya/

 

tokuya-tp.hatenablog.com