サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

重心を下げるってつまり○○で立つって事?

姿勢・構え方

「重心を下げる」

これも吹奏楽界隈で言われているらしい、不思議な言葉。

 

レッスン中に「重心が上がっているから、重心を下げなさい」と言われた、という方は意外と多くいらっしゃいます。

 

それがどのような事を指しているかは実際にそうアドバイスしている方しか分かりませんが、アレクサンダー・テクニークを実践していく上で個人的に「こういう事かな?」と思った事を書いてみます。

 

Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」はこちら

 

重心が下がっている状態

重心を下げる、って何でしょう?何をどうすれば下げられるんでしょう。

もしレッスンで「重心を下げなさい」って言われたらぜひやり方を聞いてみて欲しいです。(煽りでなく)

 

トッププレイヤーの皆さんが感じられたフィーリングを言葉にしてもらい、さらにそれを翻訳してみたいんですよね。もしいらっしゃったら是非教えて下さい。

 

アレクサンダー的?に言うと「足裏まで意識が繋がっている状態」、一般的に言うと「骨で立っている状態」だと思いました。

 

 

筋肉で立つと?

良い姿勢って何でしょうか?無理のない姿勢の事だとは思いますが。

アレクサンダー・テクニークに興味を持っている方なら「気を付けの姿勢」は良い姿勢でないというのはどこかで聞いた事ありますよね。

 

レッスン回数の浅い生徒さんは、僕が話し始めると反射的に姿勢を正すのですが、その都度やめさせています(笑)時にはイスの背もたれにも寄りかからせながら吹いてもらいます。

 

程度にもよりますが、海外のアレクサンダー・テクニーク教師は日本人の肩周りの習慣は気を付けの姿勢から生まれていると指摘しています。

 

肩を後ろに引いて、胸を張って、背筋を伸ばして・・・。腕や状態が軸より後ろにいくのでその分筋肉でバランスを取ろうとして緊張を生んでしまっています。この時大きく頑張るのが胴体周りの筋肉なので、首や肩こりになったり、腰痛になったり。頭からくる重さを肩や腰の筋肉で支えてしまっているんですね。

 

そんな上半身を支える下半身も筋肉メインで重さを支えてしまいます。体全身の筋肉でがんばって重さをささえているのですが、体重をメインで支えて欲しいのは筋肉ではないんです。

 

じゃあ何で支えて欲しいかと言うと骨です。

 

 

重心を下げる=骨で立つ

筋肉メインで体重を支えていると筋肉は常に緊張している事になります。

それをアレクサンダー・テクニークなり何なりでその緊張に気付き、やめていくと、骨メインで立つ方にシフトしていきます。

 

骨メインで体重を支え始めると筋肉はバランスを取るために働くようになります。前に倒れそうになったら少し後ろに引っ張り、後ろに倒れそうになったら前に少しだけ、右に、左に・・・。フラフラ不安定のよう感じますがドッシリとした「不動」な安定感を作っても、筋肉をギュッと固めて動けにくくしているだけだったりします。

 

骨で立つようになると「両脚に重さが乗る感じ」を得られるんです。もちろん今までも骨に重さは乗っていたのですが、今まで筋肉で頑張っていたのでそれになかなか気付けません。なので筋肉の緊張が減ると重心が下がった様に感じるんだと思います。

 

そして骨を伝わって下に落ちた重さは地面で反発し、上にあがってくるエネルギーを生みます。また、余計な緊張が減ると抗重力筋が本来の立つ働きをするのでより安定感を得られるんじゃないかと思います。

 

なので、重心を下げる事で得たい安定感はこっちなのかもしれません。

 

 

足まで意識が繋がっている

アレクサンダー的にいうとこんな感じ。

アレクサンダー・テクニークでは心身の不要な緊張に気付き手放していく事をしますが、それに気付くには意識をそこに向ける必要があります。(他の方法もありますが割愛)

 

身体への意識が薄いとそこは固まり易くなります。体の関節を模型や図で見る事でイメージがより明確になり、動き易くなる事は良くあります。

 

例えば楽器演奏に、楽譜に、パソコンにスマホに意識を奪われると、身体への意識がおろそかになり身体全体の繋がりが途切れます。その結果、筋肉で頑張っている事に気付けず動きが無くなり、ある人は肩が、ある人は腰が、ある人はヒザが痛くなります。

 

頭、身体、脚、足の裏全部が意識的に繋がって入れば、筋肉ではなく骨で立つ事に繋がるので体重を感じられ、結果重心が下がると感じるのだと思います。

 

 

なので、ある意味では重心を下げる=リラックスするともとれますし、何もしないとも取れます。そうすると腹部の緊張も減るので息を吐く事に積極的に使えるようになります。少なくとも身体を動かして重心を下げにいく必要は無いのかなと思いました。

 

 

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com

www.reservestock.j最近メルマガ配信してませんが、ごくごくたまにお得情報が行きます。