サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

「言われた通り練習しなかったからだ」と 言われて「自分が悪いんだ」と思う前に。

上手くいかない時はつい何かに頼りたくなりますが、頼りっぱなしでは自身の成長に繋がらない・・・私にも当てはまるところがあります。

フォロワーさんのつぶやきを見て、友人が思い浮かび書いてみました。

 

きちんと練習してるのに「言われた通り練習しなかったからだ」と 言われて「ちゃんと練習しなかった自分が悪いんだ」としか思えなくなったら、何かに依存して正常な判断が出来なくなっているのかもしれません。

 

この記事の内容

「他の人意見が耳に入らなくなる危険性」

「たくさんの練習≠上達」

「知らない間に質から量へ」

「先生を変えようと思うだけで変わる」

「先生を変えるのは失礼?」

 

 その人の言う事が全てで他の意見が耳に入らなくなる

どんな楽器でも、奏法でも(好みはあるが)同じ所に行き着くと思ので、合わないと感じたり疑問に思う事があるなら先生を変える選択肢もあります。

先生と感性が近ければ半年出来なかった事がものの数分で解決するかもしれません。世界中のプロ奏者が皆同じ楽器を使い、同じ人から習っているのでしょうか?

どんなに素晴らしい先生でその演奏に憧れたとしても、体格や骨格に明らかな違いがあるとしたら、同じ道筋を辿るだけで良いのでしょうか?(もちろん可能性はありますが)

 

本当に怖いのはためになるアドバイスや成長のチャンスを受け取れられなくなってしまう事だと思います。

アドバイスを聞き入れずにいると、もしあなたに合っている方法をアドバイスして頂いても、それを試すことすらしなくなってしまうんですね。これでは自分自身で上達しないようにしているも同じです。

 

 

練習量は必ずしも上達には繋がらない

膨大な量の課題を与えておいて「練習時間とりなさい」と言うのはどうなのでしょう?その人の生活スタイルに合わせた課題を提示しようとはせず、誰にも同じ内容・同じ量を課すのはどうなのでしょうか。

もし生徒が不安や疑問を持ち、質問したり助けを求めても「言われた事をきちっとやりなさい」と指導法が変わらなければ・・・?

 

 

質から量になってしまう

確かに時間をかけて練習できるに越した事は無いと思いますが、指導の仕方によっては課題をこなす事に注意がいってしまう事もあると思います。その結果、練習時間とらなきゃ!と焦ってしまう。

「毎日練習出来ないから上達しないんだ」と思い込み、今月は課題を何回やったぞ!何時間練習したぞ!と量だけで安心するようになる

もちろんどの先生もそんな事は望んでいないと思います。けれども無意識のうちにそのような方向に持っていっている可能性もあります。

「そんな練習の仕方じゃダメだよ」と言う前に、どう伝えたら生徒さんが妄信でなく、焦らずその練習方法を信頼して続けられるのかが大事なのかもしれません。

 

 

穏やかな気持ちで行う毎日5分の練習は、焦りや不安から行う1時間の練習にも勝る

という様な言葉が前に読んだ本に書いてありました。私も昔は調子を崩さないために練習時間を確保しようと必死でした、時間があれば何時間でも練習してやると意気込んでいました。

最近は時間が取れる日でも1時間に満たない事もあります。それでも調子は前ほど崩れず、楽器を始めて二度目の成長期が来たかの様に楽しいです。

(やるべき事は沢山ありますが)音楽の奴隷にはもうなりたくないですね。

 

焦りや不安を生む指導・練習は嫌です。反対語は・・・ゆとりがあり互いにやる気が生まれるような指導・練習が良い。 と、友人と飲みながら思ったのでした。

 

 

先生を変える・別の先生のレッスンを受ける

何か合わないなと感じたら、違う先生のレッスンを受けてみると良いと思います。合ってると思えれば続ければ良いし、やっぱり前の先生の教えが良いと思うのです。

今とは違う選択をした、もしくはそう決心したというだけでも色々と変わる気がします。例えば「この練習をしなさい」と言われ続けていたメニューを変えたり辞めようとしただけで、身体の緊張がほぐれ今まで出なかった音が出るようになる、フレーズが吹けるようになる事だってあります。

アレクサンダー・テクニークのレッスンで「行動は思った時点で変わる」と気付かされる事が多々あります。先生を変えると選択した時点で何らかの変化が起きているはずです。

 

 

「先生を変えるのは失礼」なんて事は決して無い。

今までお世話になった先生を変えるなんてとんでもない!と思いますか?

上達するためにレッスンに行っているのですから、合わないと感じたら生徒さん自身に先生を変える権利があります

指導者も上達して欲しいと思いレッスンをする訳ですから、他の先生について上達したとなればそれは喜ばしい事ですし、その話を聞けば今後のレッスンに活かせると思うのです。生徒の上達を嬉しく思わない指導者っていると思いますか?

 

先ほども書きましたが、もし前の先生の指導が必要なんじゃないかと感じる時期が来たらまたレッスンを受ければ良いと思うのです。

 

 

 

練習は何のためにするのでしょうか?誰の為にするのでしょうか?

それを考えるとより楽しい音楽活動に繋がるのではないかと思います。