サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

腹筋頑張らない、楽器の角度を変えるのは腕で、柔らかい唇のまま

最近のアレクサンダー・テクニークのレッスンで言われた事を幾つか

 

腹筋・背筋がんばらない

昔からのクセなのですが、背筋に力を入れて背中を縮めながらトランペットのハイノートを吹くクセがありました。

 

腹筋や背筋は表層筋で力を入れている、頑張っている感を感じられるのですが、ハイノートを出す上では邪魔でしかないようです。

 

いや、実際に強制呼気時に置いては背筋や広背筋が働く様なのですが、最後の手段の方が良いのでは?と認識しています。

順子先生のサポートを貰いながら、深層部の筋肉が「気付かないうちに頑張る」という意識を持つとするっとダブルハイCが出ました。

うーん、信じられない。

 

 

楽器の角度を変えるのは首よりも腕で

私は高音に行く時、楽器の角度が左下に下がります。

下のドとソのリップスラーでもソの時に下がります。

 

これは高音時に舌とアゴが上がり、それに伴い歯も動くため楽器の接地面が変わるから必要な動きであると考えています。

逆に低音に行く時は舌とアゴが下がり、角度は上向きになります。

 

高音に行く時に「楽器の角度を下げると上唇にテンションをかけて出すクセが出るので変えていけない」という言葉を聞いた事あります。

ですが、この動きは中低音から必要であるし、角度が変わる向きも人それぞれで高音で上向きになる方もいます

 

なので私はあまり気にしてません。

 

この動きをハイCくらいから腕ではなく首でやっていたようです。

首で調節する事自体は悪くないと思うのですが、角度の変え方が頭を後ろに押し下げていたので、頭はバランスを取り難くなり緊張が生まれていたそうです。

また、首の気道も圧迫されるので好ましくないのでは?とも。

 

そこで頭は軸の上でバランスを取り続けてもらいながら、代わりに腕で更に楽器を下げるよう意識し始めました。

 

レッスン中では音の響きが増しました。

ただ、慣れない動きなのと、最近首周りの緊張に敏感になってきたので「力んではいけない」と思っていたのか、首でも腕でも角度調整できていませんでした。

あらためて腕で調節する意識を持つと安定してきました。

 

ですが、この意識・動きが一番慣れません。

 

 

唇を柔らかくしたまま高音を吹く

これが出来れば苦労はしない、理想論にしか聞こえないですね笑

レッスンではハイC~G辺りでは力んですぐには出来ませんでしたが、加線Aくらいの響きが増えました。

 

いきなりハイノートには応用するのは難しかったので、中低音ミドルGあたりから注意深く本当に柔らかいまま吹く練習をしてました。

1週間ほど吹くと日に日に陪音が増え、キラキラとした音になってきました。

 

この状態で吹くと唇の張りが更に減るので息を入れる必要があり、前に比べて高音は少し大変でした。

前の習慣(唇を力に入れ首で角度調節をする)の時以上に息を流す必要がありましたが、個人練で出したダブルハイCは前までのとは違う印象を持ちました。

 

 

先月とは違い、ここのところはダブルハイCがキツく、ハイGも出るには出るがけっこう力んでいました。

ですが、少しずつ力みから解放されているのでは?と思う今日この頃です。

 

 

と、以上が6/9に書いたもの。

 

6/10

前半はダブルハイCもハマり良い感じでしたが、途中で曲練習をするとバテてしまい、ハマらなくなりました・・・。「これバテるパターンだ」と思いながら吹いてたのですが予想通りといいますか。

 

その後意識し直してもダブルCはハマりませんでしたが、逆にダブルハイG~Bまで出たので、ブレスは問題無さそう?です。