サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

「吹きやすい楽器があなたに合っている」は必ずしも正しくない?

この記事の続きの様な内容です。(下書きのまま放置してました・・・)tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

吹きやすい楽器・マウスピースを選びましょう?

楽器やマウスピースを選ぶ時、最終的に「あなたが吹いて吹きやすいモノが合っているんですよ」という言葉はよく聞きますよね。または「口当たりの良いモノを」。

 

吹きにくければ演奏しにくい訳ですから、よりスムーズに吹ける道具を選ばれるに越したことは無いと思います。

 

もちろん私もそうだと思ってはおりましたが、最近になって思うのは「マウスピースは本人の吹きやすいものを」は必ずしも正しくないのかもしれない、という話です。

 

 

 

合っている場合とそうでない場合

プロ奏者の方や、ある程度経験を積まれて苦もなく演奏が出来る方であればほぼ問題ないと思います。

 

そうでない場合、つまり初心者の方やなかなか上達しないと感じている方の場合、吹きやすいと感じたモノは、時に力み等の好ましくない古い習慣を呼び起こす恐れがあると思うのです。

 

正しい正しくないで判断したくないのですが、もしあなたが望む演奏をするのに古い習慣が邪魔をしている場合、いつもの道具だと古いクセが簡単に出てきてしまうと考えます

そして同じように、新しいマウスピースを選ばれる時にその古い習慣を出したまま選べば、また同じ問題が生じてしまう可能性が出てくるのです。

 

 

 

何を基準に道具を選ぶのか

もちろん吹きやすさも大事な判断基準の1つですが、やはりまずは音で判断された方が良さそうです。

これも前回の記事と重なるのですが、楽器自体が持つ音色で判断するのでなく(これは好み)、どの音域でもムラなく音が均一に出ているか、響いているか等で判断された方が良いと思います。

 

 

最終的には何でもいい

急に適当な感じになりました。

でも使って行けば楽器との相性が悪くない限りは、ある程度使えるんだと思うようになりました。

 

その人の骨格や唇により合ったマウスピースは存在するとは思いますが、人はどのマウスピースにも適合する事が出来ると思います。

吹き手と楽器とマウスピースのバランスが取れているなら、後はつべこべ言わず練習しろって事・・・・か、私の事ですね。

 

 

 昨年来日されたミオ・モラリス先生がこう話されていました。

「人はより座り易いイスを探し求めるが、自分がどう座っているかには興味が無い。」

 

まさにそうだなぁと思いました。

図星です。

 

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com