サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

チェストアップってこういう事なんだなぁ

2015/06/19(金)の練習。

 

前回の練習で背中が広くなる事を改めて再認識しました。

それとチェストアップについて考えながら練習してみました。

 

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

肩甲骨を互いに引き寄せ、頭を押し下げるのをやめると背中が広くなりました。背中にも息が入ってくる、ドバっと息が入ってくるとウルトラマンジャミラになったかのように背中に息が入ってきました。

 

それを吹く時も意識しながら吹いているとチェストアップの事を思い出しました。

試しに「頭が動けて、自分全部がついてきて、息が上に流れ続けるからろっ骨も浮き続けるので演奏する事が出来る」と思って吹いてみました。

 

大当たりでした。

 

ここ最近、中音域の音がどんどん良くなっているように感じます。

あまり良い耳を持っていない私がそう感じるほどなので、多分そうだと思っています(笑)

 

 

脊椎とろっ骨を傘のようにイメージするのも良いかもしれません。

息を吐く時も吸う時も開いたまま、いや吸う時は自然に膨らむから「背中に息が入る・吹く時も開いたまま、2回目以降吸う時もできるだけ開いたまま」良が良いかな。

 

開く時は自動で、息を吐き続けても開いたまま。ジャンプ傘ですね。

 

 

ヴィヴィアン先生もそうしなさいと言ってたのもあり、安心して取り組めそうです。