サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

ひたすら吹くレッスンとお喋りメインのレッスン

皆さんが受けているレッスンはどちらですか?

 

また、これからレッスンを受けたいと思っている方はどちらのレッスンを受けたいですか?

 

どちらのレッスンが良いんでしょう?たくさん吹いた方が充実してる感じはありますよね。

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

 

 

ひたすら吹くレッスン

レッスンというとこちらをイメージする方いるかもしれません。

 

質より量だ!お喋りしてるヒマがあるなら吹け!という考えの元かもしれませんし、1つのレッスンで生徒の状態を沢山チェックするためにそういうレッスンをしている人もいるかも。

 

あまり無いと思いますが、ただひたすら課題を吹くだけで先生が終始無言ならそれは先生の考え方を受け取れていないことになります。もちろん、問題が無いから何も言われない=そのやり方で捉え方で合っている、という答えにもなります。

 

ですが、なかなか上達する気配がない中で、レッスンに行ってもアバイスも少なく吹かされるだけだとしたら・・・1人で吹くのと大して変わらないのではないでしょうか?

 

 

お喋りメインのレッスン

反対に、お喋りばかりでなかなか楽器を吹かないレッスン。

 

一見、ぜんぜん吹いていないので勿体ない気もしますが、そのお喋りの中に上達のヒントが沢山隠れている事が多いです。先生は隠しているつもりさえないかもしれません。ただ、あまりにも話す事が多いと何が大切なのかが伝わらない場合もあります。

 

たまに「レッスンは盗むモノだ」なんて言われます。昔ならそうですが、今の時代それは通用しない様な気がしなくもないです。

 

言葉でならその人の考え方が学べるので終始無言よりはこちらの方が良いかもしれません。ただ、同じ日本語でも100%伝わるかといったらそうでもないです。そこは受け取り手のセンスも必要になってくるかもしれません。

 

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

理想は・・・?

ひたすら吹かされるのも、先生とのお喋りが長いレッスンも一長一短な気がします。もちろん先生と生徒の相性もあります。

 

人によって理想は違うかもしれませんが、個人的に生徒が吹く、先生も吹く、言葉での説明も入る、分からない時は質問も出来る、お喋りもある、そんなレッスンかもしれません。

 

ダメ出しばかりのレッスンじゃ身に付くモノも少ないです。

 

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com

www.reservestock.j最近メルマガ配信してませんが、ごくごくごくごくたまにお得情報が行きます。

※現在「2017年6/25金管何でも相談会」のお知らせ中(バックナンバーにて)