サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

「ハイGがストレス無く当たった。」他に何が起きても頭と脊椎の関係性を思い出す。

個人練メモ ハイノート あがり症・緊張

先日、エキストラで参加しているビッグバンドのリハがありました。

といっても昔所属していたバンドなので、久しぶりな面々とも会えてとても楽しい練習でした。

 

このバンドの選曲、リードトランペットがキツイんです・・・。

リード譜の最高音は基本ハイDで、ハイFはもちろん今回ハイGまで出てきました。(全て実音)

 

 

ハイGへの苦手意識

トランペット吹きならご存知だと思いますが、トランペットのハイGってなかなかハマらないんですよね。ハイGが出ずに先にダブルハイB♭が出ちゃう人が多いです。

私もその一人で、ダブルハイB♭はツボにハマっても、ハイGは出せても窮屈な音になっていました。

 

「エリックさんは1番(2番だったかな)で吹くのが良いと話していた」と間接的に聞いた事もありましたが、指を変えても出ない人は出なかったです(笑)

結局ハイGがある曲はなるべく避け、やる事になってしまった時は諦めて気合で出していました。もちろんそんなやり方じゃ練習で出る事はあっても本番では出ませんし、すぐバテます。

 

 

落ち着いてみると気付けた事

ですが最近、ハイGがハマるようになってきたんですね。

以前よりもアレクサンダー・テクニークを意識的に使えるようになってきた事もあり、それによって色々な事に気付きました。

 

高音なにかとは舌を持ち上げると言いますが私はそれをやりすぎいたようで、かえって良くない結果になっていました。個人差もあると思いますが、そういう方多い気がします。

ただ舌をあげれば良いのではなく、必要なのはハイGが出る条件を揃える事。「思っているよりも舌は下がっていていいんだ」と思いながらアレクサンダー・テクニークを使い、息を上方向に流す。

普段の習慣を出してがむしゃらにやっていたら気付けなかったと感じています。

 

 

不安に襲われても頭と脊椎の関係性を思い出す。

バンドリハの話に戻ります。

正直1年半もスランプだったし、前回の本番では効率良く吹く事と両立すると音量に課題がある事も分かっていたし、私が抜けてからバンドもかなりレベルアップしていたので自分が1stを吹いて良いのかリハから吹き切れないのではないか・・・と様々な不安が襲ってきました。

 

色々悩みましたが、悩んでも解決しないのでやってみる事にしました。

今私に出来る事は?今まで身につけて来た演奏スキルと、アレクサンダーで得た知識やスキルをフル動員させ曲を演奏する事。

どんなに不安に襲われても出来る事をやるだけです。

 

「他に何が起きても頭と脊椎の関係性を思い出す」年明けにBODY CHANCEスタジオで康裕先生に頂いたアドバイスです。

 

 

出ないと思っても出た。

ハイGがエンディングノートの曲はリハの2曲目でした。

ハイGが近付くにつれて「出るのか?息足りるのか?いつ吸うのか?」など様々な不安に襲われました。

 

ですが、ふと吹いている最中に「頭と脊椎の事だけ考えてみよう」と思い直すと、ストレスのないハイGがパーンと当たりました

いつもより心臓の鼓動が速くなり、息苦しく感じ、肺の中の息も少ない。「これは出る気がしないなー」と思いつつも頭が動ける事を思い続ける、改めてただ思う事の重要性を再認識しました。

 

2回目、次も出すぞー!と思った途端、少し力んだのかF#になってしまいましたが(笑)

 

 

解剖学の知識も、奇抜なアイディアも役に立ちますが、最も重要なのは頭と脊椎の関係性を思い続ける事ですね。

 

 

 

無料メールマガジン始めました。 - サトウトクヤの知ってトクするアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~