サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

肺活量が少ない事のメリット、多い事のデメリット

肺活量が少ない事で悩んでいる方(特に子供や女性)がいると思ったので書いてみます。

 

(体が小さい=肺活量が少ないと思って検索する人が多いと思ったのでタイトルでは肺活量とありますが、正しくは全肺気量=全肺容量?の事です)

 

この記事は長いですが先でも後でも良いので読んでみてください。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

  目次

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

 

肺活量とは、、、

この内容は上のリンク先のと同じです。

 

Wikipediaより

息を最大限吸い込んだ後に肺から吐き出せる空気量のことである。

標準的な肺活量の値は、男性で4000-4500mL女性で3000-4000mL

ヒトは普段の肺呼吸において、肺活量の全てを換気しているわけではなく、せいぜい1回の呼吸において500 ml程度を換気しているに過ぎない。

 

また、肺の中を空っぽにする事は出来ず、必ず少し空気が残ります。その残った空気を残気量といい、成人男性で1000~1500mLだそうです。

http://physiol.umin.jp/resp/text/1-04.html

http://sugp.wakasato.jp/Material/Medicine/cai/text/subject02/no2/html/section5.html

 

 

仮に5000mL入る肺に肺いっぱいに吸えたとしたら

全肺気量5000mL-肺活量4000mL=残気量1000mL

となります。演奏に4000mLも使えます。

全肺気量は、最大膨らんだ時の肺の容量のこと

肺気量とは - アレルギー用語 Weblio辞書

 

ですが、全肺気量いっぱいに吸える人は多くありません。5000mL入る肺があるのに4000mLまでしか吸えないと・・・肺活量が少なくなります。

4000mL-肺活量3000mL=残気量1000mL

 

さらに、吐く能力も弱いと・・・

4000mL-肺活量2500mL=※残気量1500mL

肺活量は2500mLにまで少なくなります。

※正しくは予備呼気量500mL+残気量1000mLで1500mL

 

 

せっかく5000mL入る肺があるのに、吸えない吐けないでは宝の持ち腐れです。

生まれ持った体格・肺のサイズは変えられませんが、肺いっぱい吸えて吐き切れるように鍛錬する事は可能です。

 

効率良く吹く練習も大事ですが、さらに肺活量を増やす事が出来れば鬼に金棒だと思います。

 

 

全肺気量が少ない事のデメリット、多い事のメリット

体格(全肺気量)が小さくても、肺活量(たくさん吸ってたくさん吐く量)を増やせば問題ない事を先に書きました。

 

ここでは体格、全肺気量が多い、少ない事のメリット・デメリットを簡単に書きます。

 

 

f:id:tokuya-tp:20171108024434p:plain

全肺気量が少ない事のデメリットは長いフレーズです。

単純に、ガソリンタンクが大きい方が長距離を走れるように、全肺気量が多い人の方が長いフレーズに有利です。

 

ですが、ブレスを小まめに吸えば良い話ですし、車の燃費と同じで効率よく吹けていればそこまで問題もありません

 

 

反対に全肺気量が多い人は1回のブレスで長いフレーズを余裕を持って吹き切る事が出来ます。

 

 

全肺気量が少ない事のメリット、多い事のデメリット

全肺気量が少ない事のメリットはあるのか?と思われるかもしれませんが、体格の良い人より少ない息で肺がいっぱいになるので呼気圧が高まり易い事です。

 

たくさん吸えればそれだけ息圧は高まります。

大量の息が肺やろっ骨を広げるので、吸うのを止めればそれらが戻る時に圧が生まれます。

 

1リットルの風船と3リットルの風船、それぞれ1リットルの空気を入れるとどちらが勢いよく空気を噴出するでしょうか?1リットルの風船の方ですよね。

 

容量(全肺気量)が少ない方が、少しの息で高い圧を生む・維持する事が容易になります。ブレスを小まめに取る必要は出てくると思いますが、1度ブレスを取ってしまえばまたすぐに肺がMAXの状態で演奏可能です。高音も有利ですね。

 

 

一方、全肺気量が多いと長いフレーズでは有利ですが、こまめにブレスを吸わなくても良い=肺がMAXの状態で吹いていない時間が長い事になります。なのでフルブレスの恩恵を受けにくいです。

 

 

誤解なきよう書きますが、体格の大きな人に比べて少ない息というだけで、吸わなくて良いわけではありません。肺をいっぱいにするためにたくさん吸うという感覚は同じだと思います。

 

 

工夫次第でカバーできる

それぞれメリット・デメリット(と言うほどでもありませんが)がありますが、工夫次第でどうとでもなります。

 

肺の小さな人はこまめに吸えば良いですし、肺のサイズ関係なく効率良く演奏する事は助けになります。

 

肺が大きい人は長いフレーズに有利ですが、フルブレスの恩恵を受けるために一度息を捨てて吸いなおして高音に備える、なんて事もアリです。どちらにせよどこで吸うのかをあらかじめ考えるのも良いですね。

 

吐き切る練習をしたり、呼吸筋を育てていれば息が少なくとも高音は吹けます。もちろんそれがメインだと少し大変ですし、かといって常にたくさん吸わないと吹けないというのも不安定です。

 

どちらにも対応できるようにしておくと良いのではないでしょうか。

tokuya-tp.hatenablog.com 

 

 

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

 

tokuya-tp.hatenablog.com 

tokuya-tp.hatenablog.com

www.reservestock.j最近メルマガ配信してませんが、ごくごくごくごくたまにお得情報が行きます。