サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

コルネットとトランペットの持ち替え

その他の金管楽器 レッスンの様子・読者さんのご質問 姿勢・構え方

先日、都内で活動されている英国式ブラスバンドコルネットパートの皆さんにアレクサンダー・テクニークのグループレッスンをさせて頂きました。

 

 

ダブル、トリプルタンギングが上手くいかない

コルネットに慣れてるのでトランペットが安定しない

高音が苦手

吹きっぱなしだとブレスが取れない

ピッコロトランペットが苦手

 

などなど、コルネットに限らず皆さんのお悩みに合わせてレッスンを進めて聞きました。

 

 Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」はこちら

無料メルマガはこちらから(レッスン割引のご案内などさせて頂く予定です。)

 

今回はコルネットとトランペットの持ち替えについてお悩みという方のレッスンについて書きます。

 

 

コルネットで出来る事がトランペットだと難しい

トランペットからピッコロトランペットやコルネットなどコンパクトな楽器への持ち替えが苦手というのは良く聞きますね。ブリティッシュブラスバンドがメインの方なので今回はコルネット→トランペットで気になる点があるそうです。

 

トランペットだと低音が揺れてしまうそうです。

実際にコルネット→トランペットで低音を吹いてもらいました。するとコルネットでは上手に腕を使えて構えられていたのですが、トランペットに持ち替えた時に少し違和感がありました。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、腕の付け根は胸骨と鎖骨の胸鎖間接です。ここから腕が動くと思いながら、また肩甲骨もその動きに付いて行くと思いながら構えてもらい吹いてもらうと低音の震えがなくなりました

 

コルネットで吹く時間が長い分、トランペットもコルネットのように構えようとされていた様です。

コルネットやフリューゲルホルンはトランペットとはまた違う距離感があるので、同じように構えると少し吹き難くなってしまう様ですね。

 

その他にもダブル・トリプルタンギングが苦手な方や、ピッコロトランペットでワンフレーズ吹き切る事が出来なかった方に頭と脊椎の関係性を伝えただけでするっと吹けるようになってしまったのも驚きました。

 

 

 いつも初めての方にレッスンする時は「上手くいくかな?」と凄く緊張するのですが、全部上手くいったので安心したと同時に不思議な気持ちです。自分がアレクサンダー・テクニークのレッスンを初めて受けた時の事を思い出します(笑)

 

 

やはりグループレッスンは良いですね!

受けてる本人はもちろん他の方も見て学べますし、気の知れたメンバー同士なら和気あいあいと学ぶ事が出来ます。都合が合わず不参加〜な方もいたそうで、また開催出来るかもしれません。

 

個人レッスンや学校指導だけでなく、こういった楽団のグループレッスン、楽団全体へのレッスンも行っています。興味がありましたらお気軽にお問合わせください!

 

 

現在メルマガ登録者限定でレッスンキャンペーンのご案内をしています。

www.reservestock.jp