サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

舌でかける橋、息の流れをスムーズに

演奏する時に、なるべくスムーズに息が楽器に入ってくれると良いですよね。

楽器の抵抗がきつい!と思っていてもその大半が自分が何かしている、していないのが原因だったりします。

 

今回は舌の話。

 

   目次

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

 

 

舌で息の橋を作る

タイトルは明日に架ける橋のもじりです笑
そのままなのですが、舌先を下唇にあてて吹く事で息の流れがスムーズになると言われています。

普段口を閉じている時は前歯に遮られて舌が唇に触れる事はあまりないですが、演奏中はアゴを開きます。そして、マウスピースからの密着で下唇は歯の内側まで押されるので舌にも届くようになります。

 

自然と舌の橋が架かる人もいますが、たまに意識しないと下唇に当たらないという人もいるようです。過去2人ほどこのアドバイスをしましたが改善が見られたのでやはり効果があるんだなと思います。というのも、自分も自然に下唇に当たる人なので無意識でした。

 

 

息が乱れる

舌の橋がかかっていないと単純に息の流れが乱れると言われています。

 

通常息が舌の上を通り唇、マウスピースへと流れるのが、下唇にぶつかって息が乱れるんだと思います(実際に見る事は出来ないので推測ですが)。

 

そのため、息が失速するので余計に息を送り込む必要があります。そのせいなのか唇の振動が不自然になるケースがありました。(先ほども書いたように改善したので何かが関係しているんだと思います)

 

舌先を下の歯に当てるという表現は聞きますが、それだけでは不十分な方には役立つと思われます。もちろんその意識だけで既に出来ている方もいます。

 

 

 

f:id:tokuya-tp:20170929184511j:image

そんなの聞いたこともない

と思われる方いらっしゃるかもしれません 。ですが、思ったより採用されている方が多かったりします。

 

有名なのはスーパーチョップスのタング・コントロールド・アンブシュア(TCE)でしょうか。実際にレッスンを受けた事はないので舌の橋=TCEかは分かりませんが。それと、最近高音に必要だと感じている息を収束するという考えは近い気がします。

 

EMさんもレッスンでTCEを話したりされているようです。また、そのお弟子さんの初心者脱却本にも舌が唇に触れている図があります。初めて見た時は何だこのセッティングは?と驚きました。

 

某テーマパークで長年吹かれていた方もマウスピースを当てる前から舌を下唇に当てて吹かれています。というか、マウスピースを当てて吹くまでの時間がすごく短いのですが唇の間から舌が見えます

 

2016年に来日されたチェコフィルの首席トランペットのラディスラフ・コズデルカさんも同じ事を話されていました。

 

 

 

 

あまり一般的ではないにしても意識的に、無意識に採用されている方が多いようです。

 

なので、少し試して見て良ければ採用、吹きにくくなったら既にしていた、という事になるかもしれません。

 

お試しください。

 

 

 

 

 この動画でも目的は違いますが、吹く瞬間に舌を出してます。

tokuya-tp.hatenablog.com 

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

 

tokuya-tp.hatenablog.com 

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

 

tokuya-tp.hatenablog.com

www.reservestock.j最近メルマガ配信してませんが、ごくごくごくごくたまにお得情報が行きます。