サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

バテても音が出るマウスピースが合っている、とは限らない

前回の記事に関連した記事です。

tokuya-tp.hatenablog.com

個人的に凄くおススメな記事↓

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

トランペットのマウスピース選びでは「バテても音が出るマウスピースが本当に使える・合っているマウスピースです」とよく言われています。

ただ、選び方によっては逆に好ましくない習慣が身についてしまうかもしれません。

 

 

バテても音が出るマウスピースが良い?

ご存知の通り金管楽器は唇の振動が音になります。唇を酷使すると、唇が腫れあがりいわゆるバテた状態になります。

 

そしてバテるといずれカップの底についてしまい振動が止まる=音が出なくなり演奏が出来なくなるので「あなたには浅い・合っていないマウスピースですよ」と言われている訳なんです。

最初は吹けていたのにステージの終盤では音が出なくなるなんて恐ろしいですからね。

 

この唇がカップの底に付く〜については前回の記事にも書いてあるので、興味ある方はこちらもどうぞ。

 

 

バテても吹ける=カップの底に触れないマウスピース

さて、音が出なければ演奏になりませんので、バテても音が出る・出続けるマウスピースというのはトランペットのマウスピース選びの重要な判断基準の一つになります。

ですので、厳しいプロの現場で演奏されている方々は極端に浅いマウスピースは選ばず、程良い浅さを選ばれている方が多いように見受けられます。

 

私も昔は最終的にバテても音が出続けるマウスピースを選んでいました。

S(シャロー)カップですと唇が当たるのでM(ミディアム)カップ やMD(ミディアムディープ)を好んでいました。

 

ですが、最近こうも考えるようになりました。

 

 

バテても吹ける=無理をしても吹けてしまう

バテてるのは吹き方に大なり小なり無理があるから。

バテても吹けるマウスピースは無理をしても吹けてしまうので、好ましくない習慣を無意識に身につけてしまう、そちらへ誘導してしまうのではないか?、と。

 

長時間吹いてバテるのは仕方ないですが、1、2時間吹いただけでバテるのはどこかしら頑張り過ぎている可能性が高いです。

 

バテてからの状態で無理をされている可能性もありますが、最初から無理をされている可能性があるのでは?と思います。最初から無理をされているという事は、平常時から音にも影響が出ているとも考えられます。

 

ですので、当たり前と言われればそれまでですが、より音が良いモノを選ばれるのも1つだと考えます。道具本来が持つ音色ではなく(これはお好みで)、無理の無い音で演奏が出来るモノの事です。

 

 

音色重視?スタミナ重視?選ぶのはあなた次第。

ざっくりとバテても吹けるモノ、より無理の無い演奏が出来るモノと2つの判断基準を出してみました。

 

ここでお伝えしたいのはバテても吹けないとダメ!でも、音色犠牲にしたらダメ!という訳でもありません。クラシックかジャズ等演奏ジャンル・形態によって変わってくると思います。

 

本気で上達する事を望みじっくりと1年間積み重ねていく選択もありですし、学校で即戦力を求められればすぐ結果が出るモノを選ばれるのもありです。途中で変えるのもありです。

 

趣味で楽しく!なら、簡単に音が出ないとつまらないですよね?

先生がどんなに「このマウスピースは容量も大きく音色が良い」と言ったとしても、生徒に吹かせたら道具が持つ音色を引き出せるのは1オクターブにも満たなかったり・・・逆に無理してる音でしか吹けなかったり。

 

それなら多少方向性が違くても「無理の無い良い音」で楽しく吹ける方が生徒さんには良いのでは?と思います。

 

 

 

バテても音が出続けるマウスピースは判断基準の1つであり、必ずしも合っているとは限らないのかな、と思いました。

あなたがどんな音を出したくて、どんな演奏をしたいかで選ばれると良いと思います。

 

 

最近は良い音を目指していれば、バテ難くなると思うようになりました。

 

無料メールマガジン始めました。 - サトウトクヤの知ってトクするアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~