サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

アンブシュアが崩れ易いor唇が厚いTp、Hr奏者に役立つブレスの方法

トランペットやホルン奏者の場合、マウスピースが小さいので人によってはブレスの度にアンブシュアが崩れたりします。

 

ブレス前とブレス後で音が安定しない、吹き直した時に安定しないのはアンブシュアが崩れているから、なんて事も良くあります。

 

崩れたまま吹くと、それはそれで後々問題に繋がる事もあるので気を付けたいところですが、ここで考えを誤ると不調の原因になってしまうかもしれません。

 

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」はこちら

無料メルマガはこちらから(レッスン割引のご案内などさせて頂く予定です。)

 

 

ブレス時はアンブシュアを崩せ!

はい、いきなりさっきと言っている事違いますね!でも実際これが役立ったりします。

 

アンブシュアって何でしょう?いつ出来るモノですか?

アンブシュアは唇の形でなく状態ですね、詳しくはこちら。

tokuya-tp.hatenablog.com

アンブシュアはマウスピースを当てて息を吹いた瞬間に出来ます。

(音が鳴った瞬間に出来る、と書こうと思いましたがこれで)

なのでブレス時にマウスピースを当てていようが離していようが、息を吹き込むのをやめたらもうアンブシュアではないんです。

 

ブレス時にやりたい事は何でしょうか?

息を吸う事です。ブレス時には息を吸う事だけを考えていれば良いんです(極論・・・)。アレクサンダー・テクニーク的に言うと、息が入ってくると信頼するだけで良いんです。

 

 

アンブシュアをキープしようとしない

「でもブレス時にアンブシュアが崩れると困るんじゃないんですか?」人によっては困りますが、それよりももっと困る状態になってしまう人の方が多いです。

 

それはアンブシュアをキープしようとし過ぎて唇が緊張してしまう事です。

 

アンブシュアを崩さないように」の崩れたアンブシュアってどんなイメージをお持ちですか?恐らくは、上下の唇が離れたり、マウスピースがリムからハミ出たり、マウスピースの位置がズレる事を指しているのではないかと思います。マウスピースを唇にしっかり密着させたまま!なんて思ってる人もいるかも・・・。唇が厚い方はマウスピースに唇を入れようと必死になっている方もいるかもしれません。

 

アンブシュアが崩れるのを不安に思っている人は次の2つを試してみてください

A、アンブシュアが崩れないようにブレスしてみてください。

B、アンブシュアが崩れてもいいやと思ってブレスしてみてください。

 

どうでしょう。

Bを試した時の方が次の音が響いていたり、スムーズに吹けるようになっていたりしませんか?アンブシュアをキープするという事は「唇周りで何かをしている」という事です。何かをしているという事は筋肉が働いて収縮しています

 

アンブシュアは息を吹き込んでいる状態ですから、息も流れていないにその形のままいるのは必要ないですし続けると疲れます。そして緊張した唇のまま次の音を吹こうとしてしまうのです。

 

音域にもよりますが楽器を吹いている時は、少なからず唇は息が漏れないように閉じる動きをしていると感じています。ブレスを取る時くらいは唇の働きもお休みさせてあげると良いのではないでしょうか。吹き直す時に安定しない理由の1つに、ブレス時に何かしているからかもしれません。

 

 

ブレス時は唇を前へ ※役立つ人のみ採用してください。

これらの内容はある生徒さんとレッスンをしていくうちに気付いたものです。

 

ブレスの度に唇周りが緊張しているので何かと思ったら「アンブシュアが崩れないように、唇がマウスピースから出ないように・・・」そんな思考から口周りがロックされていました。

 

そこで「ブレスの時にアンブシュアが崩れても良いって思ってみては?」と提案するとブレス時の強張りが無くなりました。

 

それでもキープする意識が強かったので、逆に「唇を前に突き出してみては?タコの口みたいに」と提案してみるとブレス時の強張りは無くなるどころかリセットされ柔らかで柔軟な唇に戻るのが見えましたアンブシュアをキープしようとする唇の緊張が解けたので、音が響きだしたのは言うまでもありません。

 

後日生徒さんは「前みたいにホのクチで吸うと良くなる」と話していました。僕はホのクチとは一言も言って無いのですが、それで調子が良くなるなら良いかなと今は様子見です。「ホのクチにしよう」という意思がまた形をキープしようという思考に変わらなければ良いかなと思います。また、最終的に慣れてきたら必要ないスキルになるかもしれません。

 

ブレスの時は「ホの口で吸え」なんて指導があるようで、それが何を指しているか謎でした。軟口蓋を上げて欲しいのか、ノドを開けと言っていたのか、または口の形を言っていたのか。定かではありませんが、唇が厚い人の場合は役に立つかもしれません。

 

 

唇が出てしまったら?崩したアンブシュアはどうしたら?

「今まではアンブシュアを崩せ、前に突き出せ」としか書いてきませんでした。

アンブシュアを崩したままで良いのか?いいんです!(カビラJ)良くないですね。

 

まず唇が出る出ないの話ですが、最初から収まっている人がブレス時に出てしまうのは好ましくないですね。この場合、ブレス時にどれだけ唇とマウスピースの密着度を弱めるかが大事です。簡単に言えばマウスピースを離し過ぎなければ良いのです。

 

先ほどの記事「アンブシュアに必要なモノ」の中にもありますが「マウスピースのリムが唇を閉じてくれる」んです。唇の筋収縮をリセットしてもリムが唇をホールドしてくれているのでハミ出る事はありません。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

そして崩したアンブシュアはどうするのか?これもマウスピースのリムが唇を閉じ続けてくれていればほぼ問題ないと思います。

 

慣れていない場合は再セットのスキルを身に付けます。唇は渇いていると張りつくので湿らせておくと個人的には良いかなと思っています(2017/07/08現在 乾いている方が良いかも?実験中です)。無意識にマウスピースを当てて「後は息を吹けば音が出る」ようにする練習、習慣付けをします。こればかりは今のところ他に考えが思いつきません・・・。

 

ちなみに僕はブレス時にはアゴを開いていました。前歯の間が1センチくらい更に拡がる感覚がありました。

 

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

 

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

www.reservestock.jp