サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

浅いマウスピースが吹けないのは歯並び、厚い唇のせいではない。浅いマウスピースの吹き方

「浅いマウスピースだと唇がカップに触れて振動が止まるので吹けないんです」

「えぐりがないマウスピースだとバテた時に腫れた唇が触れて振動がストップする」

唇が厚いのでリム内径の小さいマウスピースは吹けない

「トランペットは西洋人向けに作られているので日本人の骨格では難しい

 

という意見を聞いたり思った頃あると思います。

 

断言はできませんが、色々吹いてきてこれは違うんだろうなと思う様になりました。

 

唇や歯並びが関係ないのならなぜ浅いマウスピースが吹けないのか。浅いマウスピースの吹き方を知りたい方は目次の「浅いマウスピースの吹き方」を先に読んじゃってください。

 

  目次

  

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

 

 

高音を吹きたいが浅くて小さいのは吹けない

トランペット吹きの望みの1つに高音があると思います。そして強い望みあると同時に大きな悩みになる事も。

 

基本は練習をして少しずつ音域を拡大していくのですが、どうしてもこの曲で高音が必要になったとか、分かってるけどハイノート吹きたい!という事でマウスピースを変える事があると思います。

 

で先生や先輩、楽器屋で相談すると今使ってるマウスピースよりリム内径が小さくてカップの浅いマウスピースを渡されると思います。それが吹ける人は幸せですね(ある意味不幸かも)。

 

それで吹けないと普通は「自分は唇が厚いからカップの底に唇が触れる。歯並び(歯のサイズ、角度、その他)的に吹けない」と思い、自分には合わない、浅いマウスピースは吹けないと判断してしまいます。

 

 

えぐりとは

マウスピースのえぐりとは簡単に言うとリムとカップの境目にあるスペースの事です。

 

ジェットトーンのマウスピースではアンダーカット、GRマウスピースではアルファアングル、モネットではスラップ、その他にルーム(Room?)なんて言われていますね。 

tokuya-tp.hatenablog.com

 

先ほど、浅いマウスピースだと唇がカップの底触れて振動が止まると書きました。ですがカップは底面だけでなく側面にもあります。側面に触れても振動が止まってしまいますが、それを回避するためのスペースが付いているマウスピースがあり、それをえぐりを呼んでいます。唇の振動領域を確保しているんですね。

(でも本当の目的は音色だと思います、えぐりのあるマウスピースの方が味のある音が出し易い様に感じます。)

 

ですがこのスペースはモデルによっては無かったり、大き過ぎて逆に演奏が難しくなる事もあるそうです。西洋人は唇が薄く歯が小さく綺麗に揃っているのでえぐりのスペースはいらない。なので日本人に西洋人のマウスピースを使うのは難しい。と言われています。

 

僕もこの考えを知った時はなるほどと思い、えぐりのあるマウスピースばかり使用していました。シルキーの6A4aや14A4a、マーシンキウィッツ、ヤマハEM1といったマウスピースは当時の僕にとってえぐりが少ないので吹けませんでした。なので唇や歯並びに恵まれた人達が使えるマウスピースだと思っていました。

 

ですが昔吹けなかったマウスピースが気付いたら次々と吹けるようになっていました。

 

 

息で吹く

大学を卒業して、今よりもっと音域を広げたいなと唇に頼らず息メインで吹く奏法に変えました。

それが上手くハマったのかハイGくらいまでだった実用音域がダブルハイCまでに拡がり、曲で使えそうな音もダブルハイE(ミ)まで拡がりました。アガリ症なので曲中でダブルハイを吹いたのは数えるほどしかないのですが・・・。

 

そんなある日、大学を卒業して1,2年目、トランペットを初めて4,5年目だったと思います。後輩が高音を出したいとEM1を購入したのですが上手く扱えずにいました。

「そんな上手くいかないよ、このマウスピース吹くの難しいんだから」と言いつつ借りて吹くといつものマウスピースよりも楽にダブルハイCまで吹けてしまいました。

 

この時は少し混乱しました。昔は唇がペタってくっついてハイCも吹けなかったのになぜ?しかし、しばらく吹いていくと唇が当たり出せる音域が少しずつ下がっていきました。また、ファーガソンのマウスピースなど極端なものはこの時点ではまだ吹けてませんでした。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

唇を固めて吹くから浅いマウスピースが吹けない

色々説明を端折りますが、浅いマウスピース、えぐりの無いマウスピースが吹けない人は唇を固めて吹いているから吹けないんだと思う様になりました。唇を横に引いたり、前に上下にすぼめたり巻き込んだりといった動きをして唇のテンションを高めて吹く事です。

 

息メインで吹くようになって、息のエネルギーと言いますか息圧が高くなったのか高音に必要な抵抗を唇で作る必要が減りました(と思います)。その結果マウスピースの形状に影響される事が少なくなったんですね。

 

なぜ唇を固めてしまうか。先に書いた様に高音を出すため唇の張りを増す。あと音量を稼ぐのにも役立ちます。タンギングでも唇を固くすると強いアタックが吹けるようになります。でも唇には疲労が溜まります。もちろんこれらを使っちゃいけない訳でも、浅いマウスピースが使えないといけない訳でもないです。

 

唇を固める事と、唇がカップにあたって振動が止まる事とどう関係があるの?と疑問に思われると思います。それについてはこちらの記事を読んでみてください。

リンク先にあるマウスピースはえぐりは普通ですが極めて浅いモデル

tokuya-tp.hatenablog.com

 この例えが合っているか分かりませんが、プラスチックの下敷きと鉄の下敷きのどちらが振動し易いか、って事なのかなと。カップに触れる事を恐れるあまり自分で振動を止めてしまっているんだと思います。

 

 

浅いマウスピースの吹き方

先にも書きましたが、唇に頼らず息で吹く事です。トランペットは唇を振動させて演奏する楽器ではなく、息を吹いて演奏する楽器だと思っています。息でしっかり吹けている前提ですが、その上で歯並びや骨格の合う合わないはもちろん出てくると思います。

 

ただ、意識を変えただけでいきなり吹けるようになったり、その奏法がすぐ身に付く訳ではないと思うので無理ず少しずつ練習する事が大事です。個人的にはリップスラーが手っ取り早くておススメです。

tokuya-tp.hatenablog.com

 これは少し古い記事

tokuya-tp.hatenablog.com

 

そしてマウスピースを選ぶ時にはこんな考えを持ちつつ選ぶのも良いかなと思います。本番で最後まで持つマウスピースを選ぶのも大事ですが、いつまでもこれですと上達には繋がり難いと感じています。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

僕はつい最近とても小さいマウスピースを使用し始めました。

f:id:tokuya-tp:20170312055707j:image

バックの17Cくらいでえぐりの無い浅いVカップです。調子が悪い時期はプスプスいって演奏なんて出来ないのですが、息で吹く事を徹底する事で少しずつ吹けるようになってきました。

 

 

ちなみにクラシック奏者が使う3C~1Cといった大きいマウスピースや、トランペット以外の金管カップが深いので唇で操作し放題です。息でしっかり吹けないうちは気を付けた方が良いかなと思います。トロンボーンやチューバは楽器も太いので息を使う吹き方を自然と身に付けられますが、ホルンは口先で吹きがちになってしまうかも?

 

 

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com  

tokuya-tp.hatenablog.com  

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com  

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com 

tokuya-tp.hatenablog.com

www.reservestock.j最近メルマガ配信してませんが、ごくごくごくごくたまにお得情報が行きます。