サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

「Tp演奏で首に力が入り曲がってしまいます」アドバイス後→「結構疲れているのに高音が格段に楽でビックリ!」

音楽科に通う大学生からの質問とそのやりとりです。

中高位置タイプ(低位置も?)のアンブシュアの方は役立つかもしれません。

 

お久しぶりです。○○大学の○○です。

最近だいぶ以前より楽にトランペットが吹けるようになってきたのですが、首からの力が抜けなくて困っています

自分では全然気づいていなく、最近のレッスンで先生に「首曲がっているよ!」と言われたことで気が付きました。

どんな時にでも力が入ってしまうのですが、特に長いフレーズや高音、速いパッセージを吹くときに首に力が入り曲がってきてしまいます。

どうしたら首の力が抜けるか教えていただきたいです。

 

Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」はこちら

 

 

こんにちは!お久しぶりです!
先生に言われるまで首に力が入っている事に気が付かなかったですか?それとも気付いてました?また、首が曲がってるだけで本当は力んでいないなんて事はないですか?

トランペットを真っ直ぐ、ベルを上げて構えようとしてますか?

 

 

ちょっと曲がっているかもとは思っていましたが、難しい状況でかなり曲がることには気づいていませんでした。曲がってしまっているときには吹き終わってリラックスしたときに首から肩にかけて疲れを感じるので恐らく曲がっているだけではないと思います。

ベルを上げようとしているつもりはありません。レッスンのときはベルもう少しあげてと言われるのでそのときだけは少し頑張ってあげていますが、首が曲がってしまうのはレッスンのときだけではないです。

 

 

(首の力の抜き方を聞かれましたが、なぜ首に力が入るのかを知らないと文章だけのやりとりでは解決しにくいと思います。アレクサンダー・テクニークは脱力の方法なのではなく、必要な力だけを積極的に使って行くワークなのです。なので力を入れる段階で何か不必要な事をしていないかどうかを知るために色々質問します、出来る限り答えてください。僕に質問したい方はこういったところも参考にしてみてください。)

 

 

(ここまでの質問で最初に思い浮かべた事が原因ではなさそうに思えました。LINEでのやりとりでしたので、手っ取り早く写真か動画を見せてもらう事に)

なるほど、詳しくありがとうございます!
出来れば吹いている時の動画や写真があると答え易いのですが、送ってもらう事はできますか?

 

 

今日は撮れる時間が無さそうなので後日送らせていただきます!

 

 

お待ちしてます!ちなみに、トランペット自体を左に傾けてたり、右肘が上がっていたり、トランペットを右手で持ってはいけないなんて思ってませんか?

 

 

えっと肘に関しては右手の方が左手より若干上にある分わずかに左よりは高くなっているくらいです。指が回りづらくなるので右手ではあまりもたないようにと思っていました。

 

 

なるほど、話聞く限り関係はなさそうですね。右小指をフックにかけていたら、それ外して吹いてみてください。改善されなければ写真待ちます!

(とりあえず文章で対応できるところまでと、一般論を伝えて終わり)

 

 

翌日

今日フックから指を外して吹いてみました。
フックから小指を外しているときは右腕がリラックスできて、同時に首もリラックス出来たのですが、難しい部分が出て来たときに小指をフックにかけてしまい(かけないととても吹きづらく感じてしまいました)、右腕に力が入ってしまって首も力むといったサイクルがあるような気がしました。

 

(こうやってアドバイスしたを試し、何が起きたかを回答して頂けるととても助かりますし、解決に早く近づきます。)

 

こんばんは!
小指と親指を引っ張る筋肉があって、小指をかけてギュッと握ると指が動かしにくくなるんですよ。小指と薬指の間にある筋肉もあるので、薬指が引っ張られてる可能性もありそうです。
簡単なフレーズはその方が吹きやすく感じたと思いますが、新しい持ち方に慣れてないので、フレーズが難しくなると慣れてる持ち方で吹いてしまうんでしょうね

 

 

なるほど、慣れもある程度大事だということでしょうか…。しばらく小指をかけない持ち方で練習してみます!
他にも要因があるかもしれないのでもし写真を撮れるタイミングがあれば撮るのでそのときはよろしくお願いします!

 

(大抵はここである程度満足して終わりにしてしまう質問者さんが多いのですが、素晴らしい探究心です。ここでやめなかったので動画を見て首に力が入る原因が分かりました皆さんも遠慮せず質問、動画送ってください!そして実際に見れば3日のやりとりが10分で終わります、出来ればレッスン来てください!(ガハハ)

 

 

更に翌日

こんにちは。
正面からのみですが、吹いている動画を撮ってみました。
音質はあんまりよくないですが、是非見ていただきたいです。

 

(動画を見て)

 

ありがとうございます!

マウスピースを真ん中に当てようとは思ってないですよね?

高音に行く時に左下の唇をもっとリムかカップの中に滑り込ませて吹く、って意識しながら吹いてみてください。

 

わかりました!

 

 

15分後

下唇をマウスピースに今までより入れるようにしたら高音がなりやすくなりました!!!ありがとうございます!

今C管の練習してたのですが、本当に高音が今までより楽になってびっくりしています!!

 

 

良かったです!

下唇の入れ具合は音域などによって変わると思うので、高音が出ないからといってやりすぎるのは禁物です。
今まで通り息を流して、どのくらい入れたら上の音が出やすくなるかな?と少しずつ試すと良いと思います。

首の傾けはどうなりましたか?

 

 

なるほど、試してみたいと思います。
きつくなったときにどんどん傾いていくのがないような気がします!首の力みがかなり減ったような…。

 

またしばらく様子を見てみますが、とりあえず今結構疲れている状態でも高い音がいつもより格段に楽に吹けていることは間違いないです。笑

 

 

良かったです!色々試してみてください!
それと、今回のやり取りブログに載せても大丈夫ですか?

 

是非載せてください!

 

ありがとうございます^_^

 

 

 

 

動画を見てすぐ「これが原因かな?」と思いました。

僕自身似たような事があり自力で解決策を見つけていたのでスムーズでした。

 

後で知りましたが、これは中高位置タイプ(≒低位置タイプ)のアンブシュア動作を助けるようです。必要な息が楽器に供給されず知らず知らずのうちに無理をしたり、歯並びや骨格の制限から起きるのかなと感じています。

また、音域によって楽器の角度が変わるのですが、それを制限してしまっても起きてしまうと感じています。

 

参考になれば幸いです。

 

 

 

思いつきですが、1~3月のどこかでアレクサンダー・テクニークの講習会を開こうと思います。個人的なテーマは安全です。

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com

www.reservestock.j最近メルマガ配信してませんが、ごくごくたまにお得情報が行きます。