サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

音大生Mさんの質問2「自然と姿勢をよくするにはどうすると良いですか?首をまっすぐにする方法もご教授ください。」

前回の続きです。

 

私からいくつか質問させてください。

 

・重心について、ふわふわする感覚があり、本番中膝を少し曲げたり、間奏で左右の足に体重を交互にのせたりして、重心を下げようとするのはやめたほうがいいでしょうか。または、意味のないことなのでしょうか。

 

・口の中がカラカラになるとさらにばてやすくなる気がします。前回は調味料のレモン汁を本番前に舐めたり、手の甲につけておいて、間奏で舐めたり、舌でほっぺたの裏を強く押したりしていたのですが、あまり効果がありませんでした。ほかには対策はないでしょうか。

 

・姿勢について、私はいつも猫背で姿勢が悪いと言われるので、最近の治し始めました。必要以上によくしようとしているから痛くなるのでしょうか。猿のポーズをするととても楽なのですが、ここから自然と姿勢をよくするにはどうすると良いですか?

 
ヒザを曲げたり、体重を交互に移動させたり、片足を引いて前後でバランスを取る等は動きを伴うのでとても良い事です。

ただ、重心を下げるという意識はお休みしておくと良いと思います。体がふわふわする感覚はもっとあっても良いかもしれません。

 

・普段マウスピース当てる前に唇なめていますか?

バテに関しては他の原因がありそうな気がします。バテないように意識している事はありますか?

 

見栄えが良い姿勢と、音楽的に良い姿勢は違います。猫背は一般的に見栄えが悪い姿勢と言われていますが、本当にリラックスした姿勢は背中丸いです。

なので肩甲骨の痛みは、最近姿勢を良くしようとして肩を引きすぎてしまっているからだと思います。肩は後ろでは無く、前に横に広げるイメージが良いですよ。

実はどちらかと言うとその猿のポーズが音楽的に良い姿勢なんです。小さい頃から気を付けをさせられている日本人にはそう思い難いですが・・・。

 

 

こんにちは。

返信たくさん有難う御座います!遅くなってしまい申し訳ないです。

 

今日は付属高校の入学式でファンファーレを吹いて来ました。本番はやはり緊張しましたが、ふわふわした感覚がダメなことではないと思うと、何時もよりもすこし堂々と吹けました!

 

・唇を舐めてからセットする癖があります!ばてないように、唇からなるべくマウスピースを離すようにしたりして、血が止まらないようにしています。

あと、練習のときはバテる前に休憩を取るようにしています。

強くプレスしているからなのか、私は跡がつきやすいです。また、上めにセットしてます。

 

楽器を吹くときも道を歩くときも、最近は姿勢に気をつけるようにしていて痛かったのですが、今日(※肩を)横に前にと思うと一瞬で痛くなくなりました!ありがとうございます!

 

私にはさらに首も前に出る癖がついていてまっすぐに直そうとしていたのですが、首を後ろに引こうとすると、喉に力が入ります。

吹くときはそのせいで喉に力が入ってしまい、力を抜こうとしてもなかなか抜けません。
首をまっすぐにする方法、喉の力みについて良い方法がありましたらご教授ください。


こんにちは、遅くても大丈夫ですよ。

それは良かったですね!演奏お疲れ様でした。

 

ありがとうございます、バテ対策は概ね良さそうですね!

普段からハードプレスしないように意識されているとしたら、演奏中はプレスしても良いと思って吹いてみてください、恐らくバテなくなる方へ向かいます。

 

ハードプレスだから跡が付く訳ではないと思います。

(※2015/4/20現在の考えです。個人差だと思います。)

 

 

頭や首は少し伝えにくいですが、まっすぐにしたり後ろに引く意識はしなくても大丈夫ですよ。

 

頭が背骨の上でふんわりバランスを取っていると思ってみるとどうでしょう。

実際にMさんの頭を手で触って高さや奥行きなど確かめて「この辺りにあるなー」と目を開けたままイメージしてみてください。

 

また、首の骨は耳の穴の高さくらいまであります。両耳の後ろにあるボコッとした骨の位置と、鼻の高さが交差するところで頭蓋骨と首の骨が出会っています。

 

他にも原因があるかもしれませんが、頭が自然にバランス取れるようになれば、喉の力みも無くなるかもしれません。

 

 

 

~~~~

 

今回は主に「重心を下げる」や「誤解されている良い姿勢」についてでした。

 

小さい頃から「気を付け」をさせられている日本人にとっては、背骨を真っすぐにし肩を後ろに引いた姿勢が良い姿勢だと言われ続けてきました。

ただ、それが原因で肩や腰に痛みが起きているとなると、本当に良い姿勢と言えるのでしょうか?少なくとも私はそうは思えません。

 

「重心を下げる」もなぜ言われるようになったのでしょうか。

最初に言い出した方は何らかの意図があり役立っていたのかもしれませんが、実践されている方を見ると、逆に良くない影響が出ている事が多いです。

 

 

次回は「首を真っすぐにする事」をやめるとどうなるか。バテの原因は何だったのかを書いていきます。

 

 

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com