サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

口先だけで吹かないためにハイBのブレスでローBを吹く

呼吸・ブレス

・口先で吹いている

・もっとお腹を使って吹きなさい

・お腹の支えがない

 

なんて言われる方に

 

意味も分からず「たくさんブレスを取れ」と言われたり、取ろうとしている方にも

 

 

Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」はこちら

 

 

多くの方が言われた事のある「口先だけで吹くな」

・・・ないですか?

 

なので「お腹を使って吹きましょう」

お腹or息の支えを使って吹きましょう」

 

と言われ演奏するのですが、腹筋をギュっと固めるだけで演奏には役に立ってなかったり、支えと言われても良く分からず演奏していたり。

 

 

僕も昔はそんな事なかったのですが、色々指導を受けるにあたりそんな傾向に悩まされてました。というか未だに気を抜くと口先で吹いてしまいます・・・。

 

 

では、どうすれば良いのか

今自分に役立っているのは「常にハイBを吹くつもりでブレスを取ってから吹く」です。

 

楽器を使って実験

楽器がある方は実験してみてください

1、いつも通りローBを吹く

2、ハイBを吹く

3、ハイBを吹くつもりでブレスを取り、ローBを吹く

 

 

この時、自分がどんなブレスの取り方をしているか観察してみてください。

(ハイBがギリギリだったり出せない方は、自分が楽に吹ける音(これ大事)でかまいません。ウォーミングアップしてなくても楽に出せる音で行ってください。)

 

 

結果はどうでしたでしょうか?

良く分からなかった方は録音を取ったり、他の人に聞いてもらってみてください。

 

 

まずブレスですが、1回目より2,3回目の方が大きいor長いブレスを取っていたのではないでしょうか。

 

そして、1回目よりも3回目の方が良い音で吹けたのではないかと思います。

この時、口先ではなくいわゆる「お腹を使って」吹けていると思います。

 

 

いつも無理やり沢山の息を吸おうとしている人や、「ヒュッ!」と息の音を立てて一瞬で吸おうとしている人は効果がないかもしれません。

 ゆっくりと、ブレスの時間を自分にあげてください。

 

 

なんで?

横隔膜が勝手に動くと、息が入ってきて肺やろっ骨周りが拡がります。

胸の中に空気がいっぱいになると、空気圧が下に移動し横隔膜ごと内臓を下に押しやります。この時、いわゆるお腹の支え、息の支えが生まれます。腹筋をギュっとやる必要はありません

 

息を吸うのをやめると、今度は身体が元に戻る動きが働くので、肺やろっ骨は自然に閉じていきます。肺やろっ骨が縮むと息が勝手に出て行きます、息が勝手に出て行くので腹筋はそんなに使わずに済んでいます。

 

 

自分で書いてて上手く伝わるか自信が無いので、風船を思い浮かべてください。

風船を少ししか膨らませないと、風船の中の空気はヒョロヒョロとしか出て行きません。でも風船を沢山膨らませると中の空気が勢いよく出て行きます

(この記事、長々と書きましたが伝えたいのはこの3行だ・・・)

 

これが息の支えであり、沢山の息を吸えと言われる理由です。

 

腹筋や腕周りの強制呼気筋を使っても良い音、高い音は吹けるんですが、楽じゃないんですよね。

 

 

 これも参考になるでしょうか

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

補足・注意点

ローBを吹くのにハイBを吹くようなブレスを必要なんてないのでは?と思われるかもしれませんが、それだと高音を特別視してしまう様な気がしますし、狭い範囲でしか吹け無くなってしまうと思います。

 

曲中は色んな音域の音が出てきますし、その音からスタートするにしても同じブレスであった方が良いと思います。

 

また、ハイBのブレスと書きましたが特別な事はしなくていいです。

ハイB(または自身の最高音)を吹くために無意識にブレスを変えたんじゃないかと思うのですが、それだけでいいです。

 

 

 

昔は沢山の息を吸って楽に演奏していたのですが、スランプ後に「良い音で吹いていけば上達する」という考えに囚われ、ただ丁寧に吹く事を続けた結果、見事に口先だけで吹くようになってしまっていました。

ある方のレッスンでは「お腹が使えてない」と言われましたが、抽象的すぎてよく分からず、結局吹奏楽界隈で起きているような現象に同じように苦しむハメに・・・。

 

それと、ATでも無理やり息を吸い込もうとする吹奏楽界隈の方向けに「息は沢山吸わなくていい」というアドバイスがありますが、それをバカ正直に受け取ってしまい無理やり吸いこんで無い自分が勝手に苦しんでいました。

 

 

最近mixiの過去の日記をリライトしようってイベントがあったようですが、2010年の日記には「常に肺が100の状態で吹けるようになりたい」と書いてました(笑)。

 

いやー・・・笑えない。

 

 

と言う訳で、ブレスの時間をたっぷり自分に与え吸えるだけ吸ってください

無理やり吸わないようにしてください、新品の風船を膨らみ易くするように少しずつ吸える量を増やしていってください。

 

 

 

 

tokuya-tp.hatenablog.com

www.reservestock.j最近メルマガ配信してませんが、ごくごくたまにお得情報が行きます。