サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

呼吸筋で出来たコルセット

今日の練習で結果が出て嬉しかったので日記にしてみました。


先日帰国されたアレクサンダー・テクニーク教師、ヴィヴィアン・マッキー
スコットランド出身の彼女はなんとチェロ奏者、管楽器奏者ですらないんですけど、金管奏者にとても役に立つアドバイスを沢山して頂きました

ヴィヴィアンの教えは後日まとめてブログにする予定・・・ですが、その結果とても良い結果が出ました。


ちょっと前まで小さいマウスピースを使っていたのですが、操作しずらく10-1/2Cサイズに戻したばかりだったんですね。昨日練習していた時は馴染んできてはいたのですが、ハイFの時点で舌がこれ以上上がらないほど窮屈で、少し落ち込んでいました。

慣れれば戻るかな?と昨日は思ったのですが、そうではありませんでした。

 

 



ヴィヴィアンの教え通りより頭をより強く意識した結果、昨日とは違い下後鋸筋が動ける・使えるようになりました(恐らく下後鋸筋かと思います)。前方の筋肉も合わさってまるで呼吸筋のコルセットでも付けているかのようでした。

なぜコルセットかというと、コルセットを付けている感覚もあったのですが、姿勢が自然と良くなったからなんですね。しかも本物の窮屈なコルセットとは違い、筋肉なので収縮性があり柔軟でかつ安定していました。おかげでハイFでもまだまだ舌を持ち上げる余裕がありました。

ちなみに、下後鋸筋はろっ骨を下に引っ張る働きをするので、息を強く吐くのを助けるインナーマッスルです。ただ引っ張り過ぎてしまうとろっ骨が戻らず息を吸う時の邪魔になってしまうので両方の動きが出来るようにしてあげましょう。


どんなに舌をもち上げても息が弱ければ高い音は出なくて、だからと言ってただ強く吹こうとすると肩や口周りが緊張してしまう。そこでアレクサンダー・テクニークを使えば自然に身体全体を効率良く使えるようになります。

自己の使い方が良くなれば呼吸の質も変わり音も変わるんですね。結果、アンブシュアやリム形状も気にならなくなりました(不調な時は気になりますがorz)。最近また上唇の割合が少なく昨日は意識的に位置をずらしていたのですが、今日はそんな事を意識しないでも、いわゆる理想の位置に落ち着きました。開放でのペダルB♭も安定してウハウハです(笑)


ヴィヴィアンはチェロ奏者なのに、彼女のおかげでよりトランペッターに特化したアレクサンダー・テクニーク教師になれそうです。アレクサンダー・テクニーク教師はその楽器を演奏出来なくても教えられるという事を身をもって体験できました。