サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

「体を使うというのがわかりません」~演奏に役立つ体の意識の仕方~

高校でトランペットを吹いているフォロワーさん(女性)からのご質問。


ツイッターロングトーンについてつぶやいていたら「体の使い方」について疑問を持たれたとの事でメッセージを頂きました。DMのやりとりをご紹介します。


・ご質問

先生によく、体を使えと言われるのですが、体を使うというのがいまいちわかりません。

確かに具体的に説明してくれたり、体験しないとなかなか分からないですよね。ちなみにどのような時に体を使えと言われますか?

曲中のアクセントや、クレッシェンドの時です。 基礎練のロングトーンやスケールをするときにも言われます。 体を使えてないから、息が止まってるような音がしてる。と言われます

アクセント、大きい音、長く吹く時に必要なのは息の量なんです。アクセ ントとクレッシェンドでは強く早く息を吐く必要もあります。なので先生の言う事は分かり難いかもしれませんが、まとを得ていますね。
(アクセントはタンギングに頼らず息の圧で付ける方が良いですね。)


・頭を動けるようにしてあげる
アレクサンダー・テクニークのレッスンを受けたり、ご自身で使った事はありますか?

ないです


では先ず予備知識として、頭がい骨と首の骨が出会う位置を確認してみましょう。首の骨のてっぺんで頭はゆらゆらとバランスを取っているのですが、そのてっぺんは耳の穴の少し後ろの高さにあります。思ってたより高い位置にあります。

ほんとですね!思っていたより高いです

その「頭は思ったよりも高い所にある」という気付きだけでも体の使い方、そして楽器を吹いたら音も変わると思いますよ^^ 

ここが、つまり頭が繊細に動ける(と思う)事によって体全体も自由に使えるようになります。ここが固まっていると体も思うように動けません。 試しに頭がい骨と首の骨が出会うところをイメージしながら、静かに繊細に「うんうん」と頷いてみてください。大きく頷かないで1センチくらいで大丈夫です


これで「頭を動けるようにしてあげて」が何となく伝わったでしょうかね。思うだけで良いので次からは頷かなくても大丈夫です。「頭を動けるようにしてあげて、頭は思ってたよりも上にあるな~」くらいです。


・体全部が付いてくる

そして5,6キロはある頭の重さは首の骨を通って背骨、骨盤、脚、足まで伝わっていきます。試しに頭の重さが順々に体に伝わっていく様子をイメージで良いので思ってみて下さい。この時ひざは軽く前に曲げると良いと思います。多分ふらふらすると思います。

します!

体はいつもと比べてどっちに傾きました?

前後どちらかですか? それなら前です。

じゃあ昔の私と同じですね(笑) 真っすぐ立つイメージが強かったのですが、実は背骨は生理湾曲といって前後にS字カーブしていて体重を分散させているんですね。さらに先ほどの首の関節、股関節、ひざ、足首で前後にゆらゆらとバランスを取っているのです。

今は凄くバランス良く立っていると思うのですが、ふくらはぎの筋肉がパンパンにはってきませんか?

あ!はってますね。

今まで筋肉をピンと伸ばしっぱなしで立っていたので、使われていなかった筋肉が使われている証拠です笑


・体を使う?
ちなみに、途中で自然に深呼吸しませんでしたか?

しました

おお~、おめでとうございます!それが体を使えるようになったサインの一つです^^

ほんとですか!(((o(*゚▽゚*)o)))

正確には、体本来の動きを体に思い出させてあげた、許可してあげた感じでしょうかね。どうしても楽譜とにらめっこしたりミスを恐れたりしていると体の事を 忘れてしまうんですよね。体の事を忘れるとどんどん固くなってしまって本当なら体が勝手にやってくれる深い呼吸も浅くなってしまったり・・

そして「たくさん息を吸おう!」と思うと「肺が空気でいっぱいになる【感覚】」だけを意識してしまって「体の事」を忘れてしまうんです。

確かに、私は体を使うっていうのは、息をいっぱい吸うということだと勘違いしてました(ドクロ)

そこなんですよねー私も良く勘違いしてしまいます(笑)
息を沢山吸えるのは結果なんですよね。体を動けるようにしあげれば勝手に横隔膜は平らになり、ろっ骨は広がって自然に呼吸は出来るんです、身体がそう設計されてますからね。

そうなんですね! すごくためになります!


・アレクサンダー・テクニークを使おう
なので、次から思う事は「頭を動けるようにしてあげて、体全部がついてきて」必要であれば「頭の重さは骨を順々に足(座奏の時は坐骨)まで伝わる」なんて思うと良さそうですね。 坐骨はイスに座った時に当たる骨の事です。イスに座った時は首のてっぺんの骨とこの坐骨でバランスを取ります。

股関節もですね。コマネチってビートたけしさんのギャグは知ってますか?股関節の位置を思い出すにはコマネチをすると分かりやすいですよ(笑)

おお!笑 確かにそうですね!笑

最後に、息が吸えないなーって思ったら、息を吸うのをあきらめてみてください。「あと2小節しかないけど吸うのやめよう、むしろ吸わないでみよう」なんて思うと意外と吸えます、しかも身体が勝手に!・・・最終手段ですけど

と、長くなりましたがこんな感じです^^
ぜひ演奏に、そして日常生活でも役立ててみてください!

わかりました! 夜遅くにほんとにありがとうございます!




省略したり簡略化したところもありますが、実はこういう内容を前から書きたかったんですよね。アレクサンダー・テクニークを知らない、使った事のない方へどう説明するか。しかも文章だけで・・・

長くなりましたが、自分の勉強にもなりました。
ありがとうございました^^