サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

金管楽器と息の関係などなど

既にご存知の方いらっしゃると思いますが書いてみます。
木管にも共通しますかね?


ローノート
・息の量多い
・息のスピード遅い
・息太い(イメージ)
・舌の位置低い(シラブルはア)

ハイノート
・息の量少ない
・息のスピード速い
・息細い(イメージ)
・舌の位置高い(シラブルはイ)


フォルテ
・息の量多い
・舌の位置やや低い

ピアノ
・息の量少ない
・舌の位置やや高い


ピッチ
息の量が多い→ピッチ高い→舌の位置やや低くする。
息の量が足りない→ピッチ低い→舌の位置やや高くする。

なので、フォルテで吹きたい場合、ピッチが高くなるので舌の位置を低くしてピッチを調節する、ピアノで吹きたい場合はその逆です。


赤字で書いたのは誤解されやすい、知られていないのではないか?と思うところです。


よく高い音、低い音とイメージすると難しく考えてしまいがちですが、アレクサンダー・テクニークのレッスンで「高い音は速い息、低い音は遅い息」「Cの音はFの音よりも遅い、ハイDの音はAの音よりも速い」と考えると良いと言われた事があります。

また、エリック宮城さんも「ハイノートは遠い、ローノートは近い」と言って説明されている事が多いです。高い音と考えるとどうしても身構えてしまいますが、自分なりにしっくりくる言葉で置き換えてみると良いと思います。



ちなみに「ハイトーン」という言葉、和製英語だそうです。

エリックさんの本に書いてあったような、それ以来ハイノート、ローノートと使っている影響されやすい私・・・笑