サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

首が膨らむのはどういう現象・意味があるのでしょうか?僕もよく膨らみます(*_*)

トランペット吹きのフォロワーさんから質問を頂きました。
長くなってしまうのでこちらで回答させて頂きます。

まず、首が膨らむのは「息の圧力」によって起きる「自然な現象」だと思います。


演奏時、圧力が生まれる理由の1つに「大きな音を吹くために大量の息を使う時」があります。LowB♭~B♭あたりをピアノ~フォルテで吹き比べてみて下さい

ピアノの時にくらべフォルテの時の方が首が太くなっているのが分かりますか?

低い音ほど息の量は必要なのですが、大きな音にするのにも息の量は必要になります。
ペダルノートは強制倍音なのでさらに息の量が必要になります。小さな音で吹いても私の場合首は膨らんでしまいます。



もう1つ、圧力が生まれるのは「高音域を吹いている時」です。

高音は息の量は少ないものの、かなりの圧力を必要とするので、結果首が膨らむ、みぞおちが固く張る等の現象が起きます。

B♭→D→F→A♭→HighB♭と吹いてみてください。できれば小さな音で。

小さな音でも高音に行くにつれて首が膨らんで行くと思います。私の場合Dを吹くあたりから差が出始めます。私はトランペットですが楽器や個人差もあると思います。

逆に高音から降りてくると、首はどんどん元の太さに戻っていきます。


次にフォルテでF→ピアノでF→その下のミドルF→吹くのをやめる、をやってみて下さい。

フォルテのFよりもピアノのFの方が首は細くなります、息の量による圧力が減ったからです。そして、下のFになるとさらに細くなります、高音を吹く圧力が無くなったからです。吹くのをやめても大して差は無いかもしれません、ピアノはそこまで息の量を必要としないからです。



首の中は前から気道、食道、脊髄(首の骨)に分けられます。その他は声帯や軟骨等です。

固い骨は後ろにしかないので、楽器を吹くのに必要な圧力を持った息が流れるのですから、首、つまり気道が膨らんでもなんら不思議ではありません。


また、首の骨は7つもあるので様々な動きができます。

何か誤解をして無意識のうちに首を曲げている、なんて人は気道に息が通り難くなってしまい、通常より膨らんで見えてしまうのではないか?と思います。



ですので、首が膨らんでいるからといって心配する必要は無いですし、「首を膨らませるのは良くない」なんて事はありません。(フォロワーさんが心配されているような顔文字でしたので。)

逆に首を太くする必要も無いですし、「喉を開いて!」「首見れば分かるよ!開いてないよ!」と現実に起こっている事とは違う認識をして指導される方もいらっしゃいます。


演奏時に「首が膨らんでもいいんだ」と思えば良いのです、それよりも吹いている自分の音を信頼してあげて下さい。良い音が出ていれば好きなだけ膨らませてあげてください。

頬が膨らむ現象としては「ガレスピーズ・パウチズ」で検索してみると面白いかもしれません。



楽しくいきましょう^^