サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

夢を実現させたい方へ

つぶやき

ツイッターでは長すぎるけど、発信しておきたかったのでこちらで。

リペアマンに限らず夢を持っている方へ、そして自分自身へ。



昔、後輩からリペアマンになりたいという旨の相談をされた話。

この子そこまで楽器好きだっけ?大変そうだしなぁ、と思い「普通の進路が良いんじゃないかな?」とアドバイスをしました。


その後、いわゆる普通の進路に進んだ後輩。「いいね!なっちゃいなよ!」なんて言ってたら今頃苦労して大変な思いをして…無責任にも程がある。

大変?本当に?誰が苦労する??

…今思うと何て最低なアドバイスをしたんだと、アドバイスですらない。勝手に大変だなんだと決め付け、その子のなりたいという気持ちを、可能性を否定しただけだった。


彼女は今安定した暮らしをしているかもしれない。でもそれはアドバイスのおかげではなく彼女自身の努力によるもの。


あの言葉によって生まれたのは「リペアマンを諦めた、なろうとすらしなかった」という事実。

最悪心の傷になっているかもしれない。
なんて無責任なんだろう。


電話で謝ろうとも思いましたが、軽い気がしたので辞めました。

今度飲みにでも誘おう、今の気持ちを伝えよう。


昼のパンのつぶやきの後に思い出した事でした。



何かになりたいと言うと、必ず周りの人は止めにかかります。そしてそれはとても近しい人達、友達、先輩、先生、そして自分の親でさえ。


なぜ勝手に失敗する事を決め付け、不安にさせ、辞めさせようとするのか・・・

理由はきっと様々、我が子に苦労させたくない、あいつに成功して欲しくない、俺だって諦めた夢なのに、私まで頑張らないといけなくなるじゃない・・・

でもそれは人間なら仕方の無い事かもしれません。

「本当にあなたの事を思っているから言っているの!」

・・・なぜチャレンジさせてくれないのだろう?
難しいなぁ。


一人でも応援してくれる人がいたら、それは最高にラッキーな事だと思います。

もし今後アドバイスをもらった時は、一度自分に問いかけて見ると良いかもしれませんね。



試験はその人の現状を計る事はできるが、その人のやる気、願望の強さ、将来性を見る事はできない。

だったかな?
どこかで見た、とても好きな言葉。


楽しくいきましょう。