サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

呼吸法って何をすればいいのでしょうか?ほどよい脱力とは?

トロンボーンを吹いているフォロワーさんから質問頂きましたのでご紹介します。

 

呼吸法って何をすればいいのでしょうか? 今大学生なのですが、中学高校と呼吸法の練習をしたことがなく、最近になって本当に必要なことが分かったのですが、何をすればいいのか… 回答よろしくお願い致します。

 

質問ありがとうございます!

そもそも呼吸について知るのは演奏に役立てたいからですよね。低音や長く大きく吹くには息の量が必要なので沢山吸いたい、高音は圧力を高める、身体が力むと細く潰れた音になってしまう・・・。これらは身体を使えていれば(意識出来ていれば)自然に出来てしまうんです。

なので呼吸時に身体が何をしてるか知る事が役に立ちます。それらをイメージしながらまずは深く呼吸する、出来るようになったらゆっくり吸って早く吐き出す練 習をしたり、深く吐いて少ししか吸わなかったりと様々なバリエーションで練習して呼吸筋を活性化していく良いと思います!

 

 

呼吸時に身体が何をしているか?

ざっくりとですが、「吐く時はお腹を使う(ウエストは細くなる)、吸う時はろっ骨が前後左右に拡がるので背中にも息が入る、お腹が緩んでいればより多く息が入ってくる」とイメージすると良いと思います。

この時頭を押し下げ背骨を縮めてしまうと、背骨に繋がっているろっ骨や呼吸筋も窮屈になりパフォーマンスが下がるので、頭が前へ上へのびのびするイメージを持つと良いです。さらに息はお腹から絞り出され上に向かうので息の流れは下から上!と思うと良いですよ!

 

 

呼吸法の例

トランペット(金管)で有名なのはヨガの完全呼吸法ですね。ファーガソン、ボビー・シュー、エリックさん等も実践していますね。

 

呼吸法というかブレストレーニング。 プロの方に教えてもらったモノでは最初4泊で吐ききって4泊でMAXに吸って、3拍で吐き切って3拍で吸いきって、2拍、1拍とやって量やスピードを養うトレーニングとか。慣れてきたらスタートを5、6、7と増やしていく。難しいですけど。吸う時は吸いこむよりも身体をゆるめて自然に入ってくるようにすると良いと思います。(一種の脱力のトレーニングかも?)

 

でも最初は楽器を使って1つの音を吹き切るとか、ハミングをするとかの方が力む心配もないかなと思いました。 呼吸は筋肉を鍛えるというよりは隅々まで使えるようにするというイメージが良いと思います。

 

 

ほどよい脱力って?

それと、「脱力」について質問したいのですが、効率よく脱力できる方法はありますか?ffで吹く時に息をたくさん送りこもうと思うと力が入ります。 力を入れないように、と思うと音に覇気がなくなります… 自分の息がまとまってないのもありますが、もっと軽く吹くにはどうすればいいでしょうか?

 

ほどよい脱力具合ってイメージ出来ますか?実は脱力しようとするのは結構難しい事なのですよ、なので「必要な力で演奏する」と思うと良いと思います^^

楽器に息を吹き込もうとしていませんか?上に上がってきた息は口の天井にぶつかって勝手に前方に進むので、ただ上と思うと力みにくいですよ。

 

あとプレスが足りないのかもしれません。高音又はffでは圧が増すので漏れないよう、また振動をしっかり伝えるようリムと唇をより密着させる必要があります

 

 

プレスのやり方

プレスのことも悩んでます。 高音やffの時、プレスしてるのですが、プレスしすぎてるのではないか?と考えてしまいます。 手や腕がガチガチに固まってそれが力みになってるのではないかと思い、程よいプレスというものがよく分かりません。

 

プレスをする時に唇を前に突き出してプレスしていませんか?そうすると首に力みが入ってしまうので、楽器を唇に引きつけるようにプレスすると良いと思います。構える時も楽器が主体になって「楽器が口元にやってくる、楽器に腕がついてくる」と思って構えると力みにくいですね。

 

前に突き出してます! そこにも力みが入ってたんですね… 言われてみて初めて納得してしまいます… 

それと肩こりで悩んでるのですが、高校の時からずっとなので、肩こりがどう影響するのかいまいちよく分かりません。 周りからは治した方がいいと言われるのですが…

 

常に筋肉が張っているので響き等に影響が出ると思います。また、肩甲骨の下や首にも呼吸を補助する筋肉があるので働きにくくなりますね。

腕の付け根は鎖骨(胸骨側)と肩甲骨で、肩甲骨はろっ骨のカーブに合わせて前方に向いている、なのでそこから伸びている腕も前方で使うと思うと良いですね。

 

そうなんですか… 凝りは治した方がいいんですね。 長文でかなり的確なアドバイス、ありがとうございました! 勉強になりました。 これからの練習に活かしていこうと思います。

 

僕も勉強になりました、ありがとうございます^o^

 

 

トロンボーン(特にテナーバスやバス)は楽器が重いので、楽器を肩に置いたまま口を前に突き出してマッピに当ててる方いらっしゃるかと思いますが、首に負担がかかり、また気道も潰れるのでおススメしません。 軸を保ちマウスピースを口元に持ってくるようにすると負担もへり、響きも増すと思います。 

 

 

5日後、メッセージを頂きました。

先日アドバイスして下さったことを意識して練習したら、前に比べて息が楽に入るようになり、音も良くなったように感じます。 言葉だけのアドバイスなのにこんなに変わるとは驚きました。 ありがとうございました。

 

お役に立てたようで良かったです^^

 

 

 

11月3日 管楽器奏者のためのBTワークショップ ~呼吸とカラダのこと~ - アレクサンダー・テクニーク for Trumpet~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~