☆「喉を開いて」「あくびの様なブレス」「裏声で高音を吹く」は身体のここの事を言っている。

管楽器を演奏していると必ずと言っていいほど言われる「喉を開いて」 大きなブレスをするために「あくびの様なブレス」 高音が薄っぺらくならないために「裏声のように高音を吹く」 これらはノドの事を言っているようで、多分違う場所を指していたのではないでしょうか。 Facebookページ「トランペット奏者のためのアレク…