サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

無理なくべルアップするための7つのポイント

トランペットやトロンボーン等を構える時、ベルアップするとカッコいいですよね。ですが人によってはベルアップが難しい人もいます。 トランペットやその他金管(もしかしたら木管も?)は歯並びによって口と楽器の角度がある程度決まってきます。普通に構えて…

☆高音域・ハイノートこそ上唇にプレスを!

※今見るとこれはアンブシュア操作の1つですね。そしてピボット奏法を誤解していた頃のアイディアの様です。今は本番のここぞという場面でしか使いません。(2017/3/15) tokuya-tp.hatenablog.com 最近の練習や指導中に気付いた事をシェアします。 何を言って…

全音域を行き来するための息・お腹の支え

良く管楽器を演奏すると息の支えが必要だ、お腹の支えが必要だと言われます。 楽器を始めたての頃は覚えてないのですが、気付いたらいつも同じ動きをしていたのでお伝えします。 アレクサンダー・テクニークを用いて楽器を吹くと自然にこの動きになるので金管…

外部講師を呼ぶタイミング

部活動や大学のサークルで、コンクール、コンテスト前に講師呼ぶところが多いと思います。 いつも思うのは、包丁の扱い方もろくに知らないのに盛り付け方を教わっても試せないという事です。 考えてみればシンプルな事だと思うのです。 つい先日包丁を持った…

最高学年になり1stを吹かなくてはならないと焦ってる方へ

もうすぐ最高学年になり「1stを吹かなくてはならない」と焦ってる方いるかもしれません。 ですが、ここで「高音出せるようにならなくちゃ!」と無理して練習しても 良い結果は得にくいと思いますし、変なクセがついてしまうかもしれません。 まずは中低音を…

「お金を頂くというのはその人の人生の時間を頂くという事」?

前にネット上で「お金を頂くというのはその人の人生の時間を頂くという事」という様な書き込みを見ました。その時のツイートをまとめてみました。 昔の自分なら納得したかもしれませんが、少し違和感を覚えました。 お客さん自身が選んで時間を消費しただけ…

楽しくない練習では上達しない理由

タイトルに「上達しない理由!」なんて書いてますが、考えてみれば普通の事かもしれないと書いてて思いました。 楽しくない練習は上達しない、なぜか? 上達していないからです。(?!) Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク…

ウォーミングアップは必要な時に必要なだけする

レッスンであった生徒さんとのやりとりから、ウォーミングアップについて色々と書いてみました。 午前中は調子良かったのに、昼休みを挟むと途端に吹けなくなってしまうんですがなぜでしょう? Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テ…

3月のレッスン割引キャンペーン

こんにちは、トランペット・アレクサンダー・テクニーク教師のサトウトクヤです。 先月アレクサンダー・テクニークのレッスンをします、と言えるようになりました。 ブログやツイッター等で応援してくださった皆様ありがとうございます。 ブログでの告知が遅れ…

金管お悩み相談会を開催しました

先日、「学生のための金管お悩み相談会」を開催しました! tokuya-tp.hatenablog.com 開催して改めて分かったのは「小さな思い込みや自分でも気付かないクセ」が呼吸や演奏の邪魔をしてるという事。 それに気付きやめるだけでとても楽に吹けるなんておトクで…

「先生にいつも同じ事を言われる」時に知っておいて欲しい事。

部活やレッスンでいつも同じ事を言われると 「成長していないんじゃないか?」 「自分には才能がないんじゃないか?」 「先に進ませてくれない、情報の出し惜しみをされている。」 「この先生とは合わないんじゃないか?」 などなど、色々思う事があると思い…

「今まで部員を敵だと思ってました!」合奏で思うように吹けなかった理由。

トランペットの生徒さん 「先輩や他の部員に音を聞かれてると思うと上手く吹けないんです」 「皆に聞かれててもちゃんと吹けるようになりたいです・・・」 個人練習では調子良いのに、大部屋での練習や合奏になると吹けなくなってしまうお悩み。良くあります…

ダブル・トリプルタンギングを解剖学的に分析

ダブル・トリプルタンギングだとなぜ早く出来るのか、何をすれば良いのか等を、実際の舌の動きや構造をもとに分析していきたいと思います。 TとKの舌の当たる位置 これは指導者にとっては当たり前に知られている事かもしれませんが、Tの発音時とKの発音時の…

タンギングに必要な事だけをする

タンギングが苦手で上手くいかないという方へ。 タンギングが上手くいかない時、何かが足りていない場合もあると思いますが、不必要な事をしてしまい邪魔をしてしまっている事が多い気がします。 タンギングをいくつかに分けて練習すると、自分がしている不…

タンギングが苦手になる習慣

前回の記事ではタンギングが上手くいかない理由について書きました。 tokuya-tp.hatenablog.com 今回はなぜそれが起きるかを幾つか書いていきます。 これらが絶対ではないので正しくは「タンギングが苦手になる可能性のある習慣」ですね。 Facebookページ「…

3/5 学生のための金管お悩み相談会

3月5日に「学生のための金管お悩み相談会」を開催します。 無事盛会に終える事が出来ました! 当日の様子はこちらです tokuya-tp.hatenablog.com 金管奏者で学生ならどなたでも参加出来ます。 木管、その他の楽器だけど参加されたいという方もご連絡ください…

タンギングが上手くいかないたった1つのシンプルな答え

主に金管向けですが、木管にも当てはまるかと思います。 木管楽器はマウスピースを抑える唇やリードに置き換えてみてください。 タンギングが上手くいかないといっても色々あると思います。 ・音が破裂してしまう ・タンギングが早くできない ・タンギングだ…

低音は重心を下に、高音では上に←片方は演奏の邪魔になる

今回は多くの音楽家がやりがちな演奏時の動きについてです。 曲のイメージや音域の変化に合わせて体も動かして表現される方って多いですよね。 吹奏楽では多く見られる気がします。 特に音域に合わせて ・低音は体(重心)を下にして吹く ・高音は体を上にして…

「考える事が多くて大変ですね」←練習で頑張ると本番で役立つ。

アレクサンダー・テクニークのレッスンや僕のレッスンではまに「考る事多くて大変ですね」と言われます。 ですが、普段の練習からこういった事を意識しておけば 「個人練習では上手くいくのに合奏では上手く行かない」 「あがり症で本番頭が真っ白のまま演奏…

トランペットの皆さん、もっと口あけましょう※

最近レッスンで思っていた事と、順子さんの記事を読んで「口を広くする」について書いてみました。 トランペット奏者は逆に口を閉じ過ぎてバテに繋がっているのでは?と感じました。 フルート奏者、アレクサンダー・テクニーク教師の嶋村順子先生のブログ (僕…

「顎関節症で痛くて吹けない」←アゴが問題ではありませんでした。

ツイッターでトランペットを吹く高校生の方から質問を頂きました。 顎関節症なんです。 低いドから痛たくて吹けないんす…… ダブルハイはしっかりなるのに…

ATと体の事WS2015 体験レッスン7「コルネットやロータリートランペットへの持ち替え」

体験レッスン記録その7 今回でワークショップの体験レッスン記は最後になります。 普通のB♭管、ロータリー、コルネットの3本をご持参された参加者Aさんの体験レッスンその2です。 1回目のレッスンでは高音域の吹き方についてみていきました。 tokuya-tp.h…

ATと体の事WS2015 体験レッスン6「ムーっとこもった音になってしまう。」

国立音楽大学でトランペットを学ばれている谷村篤さんの体験レッスン。 個人レッスンにも定期的に通ってくださり、今回のワークショップにも参加してくださいました。 tokuya-tp.hatenablog.com 当初はアレクサンダー・テクニークがメインのレッスン内容でし…

Q、なぜ唇がバテてしまうのでしょうか?

A、バテるような吹き方をしてしまっているからです。 「どうすればバテないで吹けるようになりますか?」 その答えは人それぞれだと思います。 1番簡単に答えを得られる可能性が高いのはレッスンに行く事でしょうか。 1人で答えを見つけるには、ひたすら考え…

「1,3番管を思ったタイミングで動かせないです。」

WSでレッスンではないのですが、休憩中に質問があったのでそのやりとりをお伝えします。 「1,3番管を操作する時に、一瞬で抜かないといけないのにどうしてもタイムラグが生じてしまい、思ったタイミングで動かしにくいのですが、左手の持ち方に問題があるの…

ATと体の事WS2015 体験レッスン5「やっとハイDが出るようになったんです。」←ハイF出ました。

体験レッスンその5、トランペットの佐藤未歩さん(武蔵野音大)の体験レッスン。 ワークショップで体験レッスンの時間を長く設けていたので、佐藤さん二回目のレッスンです。 (1レッスン分の参加費で講義だけでなく2回もレッスン受けられるのはこのWSだけ!笑)…

ATと体の事WS2015 体験レッスン4「ハイトーンが苦手」重心は下げずに、息の吸い過ぎ注意。

普通のB♭管、ロータリー、コルネットの3本をご持参された参加者Aさんの体験レッスン。 (持ち替えについて見て頂きたいと事前にご連絡を頂いていましたので、2回目のレッスンでは縦と横ラッパの持ち替えについても見てみました。) とにかくハイトーンが苦手で…

ATと体の事WS2015 体験レッスン3「フォルテで力が入って苦しくなる」

ワークショップでの体験レッスンその3 金管アンサンブルやオーケストラで活動されているバストロンボーンのMさん。 フォルテで力が入って苦しくなってしまうんです。 体が固まってるのは分かるんですが、どうすれば良いのかが分からないです。 ドレミファソ…

ATと体の事WS2015 体験レッスン2「前歯を揃えようとアゴを前に突き出すと痛くなるので直しています。」

ワークショップでの体験レッスンその2 ATを共に学び、吹奏楽部で顧問をされているオノレイさんとのレッスン。 rapparapa.at.webry.info 前歯を揃えようとしてアゴが痛くなっていたのを直している。楽器の角度も気になる。 前に楽器の角度を「こうやったら上…

ATと体の事WS2015 体験レッスン1「ブレスをすると肩が痛くなります」

先日「金管楽器奏者に伝えたいATと体の事」と題したワークショップを開催しました。 tokuya-tp.hatenablog.com おかげさまで満員御礼!とても有意義な1日となりました。 講義の内容の途中や最後に体験レッスンとして、参加者の皆さんに簡単なレッスンを受け…

たくさん息を吸おうとする事で逆に起きてしまう弊害

たくさん息を吸う事を推奨され、フルブレス、ビッグブレスと言った言葉を聞いた事がある方も多いと思います。 息をたくさん吸えるに越した事はないのですが、そこに無理が生じると逆に好ましくない事が起きてしまう時もあります。 最近調子が悪いのは息を吸…

ピップ・イーストップさんの言葉

9/22にホルン奏者、アレクサンダー・テクニーク教師であるピップ・イーストップさんの呼吸ワークショップに参加してきました。 その時の印象的だった言葉。 金管奏者の生徒達って、先生から言われた事をやろうと何年もかけている。なんか神秘的なモノだから、…

プレスをどの歯で受けるか~マウスピースの三点支持

世の中には外側から見たマウスピースの位置やアンブシュア議論など色々あります。 今回はその奥の歯について考えてみたいと思います。 マウスピースを支えるのはアンブシュア、唇だけでしょうか? その奥にある歯もそうですよね、歯はアンブシュアの土台の一…

【講習会】金管楽器奏者に伝えたいATと体の事1Dayワークショップ

こんにちは。 トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師見習いのサトウトクヤです。 いつもブログを見に来てくださりありがとうございます。 ワークショップ(講習会)開催 来月になりますが、11月21日(土曜)に金管楽器奏者向けのワークショップを開催し…

「久しぶりで調子が良くないです」←そこに楽しさはありますか?

前回、前々回と同じ高校生のトランペット吹きのフォロワーさんからの質問です。 最近一週間ほど楽器を全く吹けない期間があり、久しぶりに楽器を吹いた時にとても調子が悪く思うように吹けませんでした。 私は一週間くらい休むと毎回そうで、1日で治ることも…

「ミュートを着けての演奏が苦手です・・・」→「ミュート無しの音色も良くなった!」

同じく高校生のフォロワーさんからの質問 こんばんは!お久しぶりです! あの、突然なのですが、私はミュートを着けての演奏が苦手なんです…急に力が入ってしまうと言うか… 次のコンクール曲が、4小節くらい開放、それ以外全てミュートで(笑) 焦っているので…

「マウスピースで出せない音は楽器でも出ない」は絶対では無い

高校生のトランペット吹きのフォロワーさんから質問を頂きました。 最近少し気になることがあるのですが、先輩や講師の先生から、よく「マウスピースだけで練習しなさい」と言われます。 「マウスピースで出ないと楽器でも鳴らせないよ」とも言われるし、友…

レッスンを受ける際に意識したい事「先生の言葉を自分の言葉に」は危険?

レッスンの時、先生の話や説明を聞いていると「そうだったのか!自分でも出来そうな気がする!」とやる気が出て、今すぐ吹きたくなりますよね。 でも、そこで注意しないと逆に上達から遠のいてしまう事になるかもしれないんです。

レッスンのご案内

トランペット&アレクサンダー・テクニークレッスン トランペットの奏法を身体の構造やメンタル面からのサポートを交えつつ、楽しくお伝えします。また、アレクサンダー・テクニークのレッスンも行います。 ※高校生、大学生、音大現役・卒業生、アマチュア奏…

自己否定的な発言を止めたい←無理に止めなくても良いんです。

レッスン後に生徒さんに 「自己評価が低くて、つい自己否定的な発言をしてしまい、止めたいです」 と相談を受けました。 音楽に限らず辛い時は口にしてしまいがちですよね。 「どうせすぐバテて吹けなくなる」 「どうせ自分は本番で上手くいかないんだ」 「…

☆なぜリップスラーが高音の練習に、音域拡大に繋がるのか

どちらを先に読んでもいいのですが、新しく書いた記事もどうぞ。こちらの方がシンプルです。 tokuya-tp.hatenablog.com 高音が出ない時「リップスラーをやるといいよ」というアドバイスを聞いた事があるかと思います。 周りもそういった意見が多いですし、ツ…

「フォルテのタンギングがキツくなったり割れてしまいます。」

トランペットを吹いている高校生の方から質問を頂きました。 こんにちは、おひさしぶりです。最近タンギングについて悩んでます。音量が小さいときのタンギングは比較的上手くいくことが多いのですが、フォルテなどのタンギングになるときつくなってしまった…

自信は「自分自身への優しさ」から生まれる。

自信について、ツイッターでつぶやいた内容をもとに思いついた事をまとめてみました。 正直「僕は自信あります!」と宣言出来るほど自信がある訳ではありません。 ですが、ある程度の自信はあります。 もしかしたら密かな自惚れ屋な性格のおかげかもしれない…

「細かく数えられないから早くなった時にできないんだよ」←真実ではありませんでした。

前回の記事の続きです。 生徒さんの相談にのり、6/8拍子のところが上手くいかないとの事。 「こんなの小学生でもできる」←どうしたら出来るようになるかを教えて! - サトウトクヤの知ってトクするアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる…

「こんなの小学生でもできる」←どうしたら出来るようになるかを教えて!

高校生(Tp)の生徒さんから質問・相談を頂きました。 今日、パートごとに顧問に見てもらったのですが、楽器を吹く時に自分が思ってる以上に力が入ってるらしくて。。。どうしたら余計な力が入らなくなりますか? 後、顧問に楽器の持ち方がなってないと指摘さ…

☆「どうせ高い音出るだけでしょ」何かしら理由を付けて批判したがる人。

高い音出る人には「高音出るだけでしょ」 指が回る人には「音が汚い」(そんな事は無かったりする。 両方できる人には「歌えてない」 どこにもいますよね、何かしら理由つけて批判する人。 この場合、大抵は出来てない自分を正当化しようとしている事が多いそ…

たった一回のレッスンで

一回のレッスンで劇的に上手くなる人は良い気付きや思考サイクルを元々持ってる人なのかな、と。 きっかけがあれば後は1人でも出来るし、その後は目標のレベルに応じてレッスン受たり受けなかったりするのかなぁと。 僕はすぐ自己流に戻ってしまうので一定の…

「先生モード」やめました。

先日アレクサンダー・テクニークの授業で「生徒にトランペットを教える」というのを見てもらいました。 自分なりにアレクサンダーを使い、生徒さん役のクラスメイトに普段通りレッスン(2、3分くらいですが)しました。 先生「どうでしたか?」 私「一瞬『教え…

生徒を助けたい余り、追い詰めてしまう事も。

学生の頃、後輩にアドバイスする時こういう傾向にありました。 最近もたまーにあります。 助けになりたい、良くなって欲しいと思うあまり意見を押し付ける形になっていたのかもしれない。無意識に相手の過去の努力を否定してしまったのかも。 アレクサンダー…

粘膜奏法はどこまで演奏に影響を及ぼすのだろう?唇のリード作りは必要なのだろうか?

7/18くらいのつぶやき 粘膜奏法はどこまで演奏に影響を及ぼすのだろう? 本当にそれで吹いていては良い結果が得られないのだろうか? 少なくとも粘膜奏法でプロのトランペット吹きは2人しか知らない、困ってる様子も無いどころか素晴らしいハイノートプレイ…